リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

転職エージェントの使い方

転職エージェントの電話面談で聞かれること・質問内容まとめ

投稿日:

転職エージェントを利用した転職活動を行う際に、時間や距離などの都合で直接面談を行うことが難しい場合、「電話面談」でキャリアカウンセリングを受けることになります。

電話面談の所用時間は平均して30分~1時間程度で、あなたの都合が良い時間に好きな場所で面談に臨むことができます。

リラックスして面談を受けるためにも自宅で電話することがお勧めですが、自宅が難しい場合はできるだけ邪魔の入らない静かな場所と時間を選ぶようにしましょう。

今回は元キャリアアドバイザーとして電話面談を行ってきた経験をもとに、実際の面談の内容と面談当日までに準備しておいた方がいい内容についてご紹介します。

関連:dodaの電話インタビュー・カウンセリング(面談)内容まとめ
関連:パソナキャリアは電話面談のみで転職可能!利用者4割が電話のみ

転職エージェントの電話面談で聞かれること・質問内容

転職エージェント電話面談で聞かれること①:現在の転職活動状況

転職エージェントは慈善事業ではなく、営利目的で運営されている企業のため、「転職意志がない人」をわざわざ積極的に相手にしようとはしません。

もちろん、まだ転職しようか迷っている「転職相談」からでも利用することはOKですが、「希望に合う企業があればすぐに転職活動を開始したい」という意志を見せておくことが大切です。

具体的には、転職サイトやハローワークで求人探しをしているのか、他エージェントに登録している場合は、どんな企業に何社ぐらい応募しているのか答えられるように準備しておきましょう。

▶︎短い時間で親身な電話面談を行ってくれる優良転職エージェント

転職エージェント電話面談で聞かれること②:転職理由

企業との面接ではマイナスな理由は言わない方が良いとされていますが、転職エージェントとの面談では"正直に本音ベースで"答えて頂いて構いません。

ここで自分を良く見せようと取り繕って転職理由を伝えてしまうと、求人企業とのマッチングがうまくいかなくなってしまう可能性が高くなりますので、

「年収が低い」
「残業が多い」
「社風が合わない」

など、具体的な転職理由を伝えましょう。

しかしながら、後ろ向きな姿勢ばかりでは転職エージェントの担当者に「企業に紹介したい人材」「他責人材」と思わせることはできなくなってしまいます。

そのため「転職理由」をきっかけとした「転職で実現したいこと」を伝えられるように準備しておきましょう。

▶︎短い時間で親身な電話面談を行ってくれる優良転職エージェント

転職エージェント電話面談で聞かれること③:職歴・仕事内容・実績

あなたが今までにどのような企業でどのような仕事に従事してきたのか、キャリア全般に関する質問をされます。

キャリアの棚卸を行うことで、キャリアアドバイザーは後にどんな求人を紹介するのがベストなのか判断していきます。

企業へ応募書類や面接などで伝えられるような、輝かしい成果や実績を持っていない…と後ろ向きに考えている方も、率直にキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

どのように企業にアピールしたらいいかを、一緒に考えてくれるでしょう。

また、簡単な下書きでも構いませんので、面談当日まで履歴書・職務経歴書を準備しておくと会話がスムーズに進みます。

▶︎短い時間で親身な電話面談を行ってくれる優良転職エージェント

転職エージェント電話面談で聞かれること④:強み/弱み・スキル

あなたの性格やアピールポイントを知るために、性格や持っているスキルについて質問されます。

仕事に限らずにあなたが自分自身で感じている強み/弱みだけでなく、同僚や友人から言われる強みや弱みがあれば伝えておきましょう。第三者の評価は非常に参考になるものです。

また、スキルに関しても仕事で身につけたスキルだけではなく、学生時代に取得したスキルや資格があれば漏らさずに伝えましょう。

▶︎短い時間で親身な電話面談を行ってくれる優良転職エージェント

転職エージェント電話面談で聞かれること⑤:過去~現在の年収

転職において重要な「年収」は、現年収をベースとして考えるケースが多いです。

年収アップを望むばかりに高めに伝えてしまいたくなる気持ちも分かりますが、後々嘘が判明すると信頼を失うことになりますので、ここは嘘偽りのない年収を伝えましょう。

年収に賞与が含まれる場合は、月給と賞与に分けて伝えられるように給与明細を見返しておきましょう。

また、これまでに転職を経験している場合は、過去の年収も答えられるように準備しておくといいでしょう。

▶︎短い時間で親身な電話面談を行ってくれる優良転職エージェント

転職エージェント電話面談で聞かれること⑥:キャリアビジョン

今後のキャリアビジョンについても質問されます。

・転職によってどんなことを実現したいのか
・5年後10年後にどうなっていたいのか
・ワークライフスタイルはどのように考えているのか

等、具体的に伝えられるように準備しておきましょう。

特に、「転職によって実現したいこと」について、どれだけ具体的に伝えられるかが転職の成功を左右させる重要なポイントになります。

自分では思い描いているビジョンがあったとしても、それをエージェントの担当者に伝えられなければ、あなたと企業のマッチングを成功させることはできないためです。

▶︎短い時間で親身な電話面談を行ってくれる優良転職エージェント

転職エージェント電話面談で聞かれること⑦:希望条件

企業とのマッチングを行うために欠かせない「希望条件」について細かくヒアリングされます。

具体的には、

・希望する業種
・希望する職種
・勤務地
・残業時間
・休日
・会社規模
・年収

などです。

ここで伝える条件はあくまでもあなたが「希望する条件」になりますので、これまでに質問された①~⑥の内容を踏まえて、現実的な条件へ変更していく必要があることは理解しておきましょう。

ポイントとしては、「絶対に譲れない条件」や「転職で何を一番重視したいか」といった希望条件の優先順位を考えておくと、ミスマッチが少なくなるでしょう。

▶︎短い時間で親身な電話面談を行ってくれる優良転職エージェント

転職エージェント電話面談で聞かれること⑧:質疑応答

ここまでは担当のキャリアアドバイザー主導でヒアリングされる内容にあなたが答える形で電話面談が進行されていきますが、最後に「何か確認しておきたいことはありますか?」等、質疑応答の時間を設けてくれるエージェントが多いでしょう。

事前に転職エージェントを利用する上で分からないことや確認しておきたいことを考えて手元にメモなどで準備しておくことで、聞き残すことなく質問することができるでしょう。

万が一電話面談後に聞きたいことが出てきたとしても、電話やメール等で確認することはできますので安心してくださいね。

▶︎短い時間で親身な電話面談を行ってくれる優良転職エージェント

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

パソナキャリアの特徴

求人数50,000件以上(※業界3位)

親身な対応に定評あり(※2019年度のオリコン顧客満足度No.1)!

全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-転職エージェントの使い方

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

既卒の就職エージェントおすすめランキング【既卒就活生必見】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.