リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

ブラック企業

ブラック企業を辞めたいと思った時に考えるべきことと取るべき行動

投稿日:

今回は、ブラック企業を辞めたいと思ったとき、考えるべきことと取るべき行動について10年以上の人事経験を元に徹底解説させていただきます。

「今月の残業時間がいよいよ100時間を超えそうだ」
「上司に毎日、怒鳴られながら仕事をしている」
「このまま、一生この環境で仕事をしなくてはいけないのか?」
…etc

不安になりますよね。

私も残業時間100時間オーバーの会社で人事を担当していたことがありますが、耐えきれずに、残業一ヶ月20時間未満の企業の人事へ転職しました。

ブラック企業に入社してしまったら、身体を崩してしまう前に、ホワイト企業への転職を目指すことが非常に大切と言えます。

ブラック企業の定義とは?

まずそもそも、ブラック企業とはどのような労働環境の会社のことを指すのか、整理しておきましょう。

ブラック企業は、一ヶ月残業が100時間を超える、セクハラがある、労災隠しがある、といった社会的立場を気にしない会社がブラック企業と定義されています。

ブラック企業は、基本的に仕事を長く続けることができるような労働環境ではないため、下記に該当する場合一刻も早く脱出することが大切です。

項目 法令 危険性
一ヶ月100時間を超える残業 違法 過労死リスク
セクハラ 違法 精神疾患リスク
パワハラ 違法性は立証しにくい 精神疾患リスク
労災隠し 違法 社員の死亡
夜勤など交代勤務 適法 生活リズム逆転で、精神に悪影響
残業代未払い 違法 生活水準の悪化

残業代未払いといったことを平気で行う企業も存在します。

夜勤などの交代勤務など、生活リズムが逆転して精神不安定になってしまうような職場も危険ですね。

パワーハラスメントなどは、法律的に立証が非常に難しいものとなっていますが、ブラック企業では平然と毎日、人格否定を行う社員が存在しています。

ブラック企業に入社してしまったら、ホワイト企業への転職を狙うべき

ブラック企業に入社してしまったら、ホワイト企業への転職を目指しましょう。

下記でブラック企業とホワイト企業の違いを比較してみます。

ブラック企業 ホワイト企業
家に帰っても寝るだけになる 定時に帰れて、精神的に余裕が持てる
経営者や上司に罵倒される 丁寧に仕事の指導を受けられる
残業が当たり前なのに感謝されない 残業そのものを悪とみなす
社内の雰囲気が暗い 社内の雰囲気が明るい
有給休暇取得は悪 有給消化をしないと、怒られる

社内制度・仕事への考え方の違い

ブラック企業とホワイト企業の大きな違いとして、社内の制度や仕事に対する考え方の違いがあります。

ブラック企業では家に帰っても眠るだけといった状態になってしまうことに対し、ホワイト企業では残業時間が少なく定時に仕事から帰ることができるため、精神的に余裕を持つことができます。

上司と部下の考え方の違い

また、ホワイト企業と呼ばれる企業は経営者や上司が、部下を過度に責めるような風潮はありません。

部下の失敗は上司の責任である、という社会人として基本中の基本を徹底している企業が多い傾向にあります。

ホワイト企業に転職するメリットは残業時間がなくなるといったことだけにとどまらず、仕事の進め方などもストレスが少ない傾向にあるでしょう。

有給休暇の考え方の違い

ブラック企業では有給休暇を取得することが悪いこととされているのに対して、ホワイト企業では有給休暇の取得を義務付けている会社もあります。

こうしてブラック企業とホワイト企業を比較すると、かなり働く環境に違いがあることがわかりますね。

ブラック企業入社後1年以内は退職しない方がいい

仮にブラック企業に入社してしまっていても、1年間が経過しないうちには、退職をしない方が良いといえます。

失業保険は自己都合退職の場合、1年間の勤務実績がないと支給されないため、退職してすぐに生活に困ってしまう可能性があるんですね。

また、労働環境があまりに悪いからといった理由で短期離職をしてしまうと、次の転職先の書類選考や面接で不利になる可能性が高くなります。

1年間は最低でも我慢したほうが、リスクなく退職できると考えたほうがよいと言えるでしょう。

関連:厚労省のブラック企業リスト一覧ダウンロードはコチラ【2019】

精神疾患リスクを負っている場合は、退職してもいい

ブラック企業に勤め続けていることで精神疾患リスクを負っている場合は、すぐに退職した方が良いといえます。

一度でも精神疾患を患ってしまうと、社会復帰までに1年近い時間がかかってしまうこともあり得るんですね。

スポンサードリンク

もし心療内科にすでに通っていて、医師に休職か退職を勧められているなど危険な状態にある場合は、精神疾患リスクをなくす意味でも早めに退職して問題ありません。

精神的な余裕が失われる

だんだんと思考が暗くなる

仕事に行けなくなってしまう

社会復帰が難しくなる

という悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

メンタル疾患を患ってしまうと再就職できなくなる可能性もあり得ますので、転職活動を始めるなどなるべく早めに逃げるようにしてください。

会社のことを考えるのではなく、自分自身の健康を第一に考えて行動しましょう。

なぜブラック企業に入ってしまったのか冷静に分析

転職活動を始める際には、同じ失敗を繰り返さないためにも「なぜブラック企業に入ってしまったのか?」を冷静に分析するようにしましょう。

たとえば、転職活動がなかなか上手くいかず焦ってブラック企業に入ってしまった企業の情報をよく下調べせずにイメージだけで入社してしまった、などたくさんの失敗要素があったと思います。

同じ失敗を繰り返さないためにも、出来る限り、失敗する要素を取り除いて転職を成功させる方法について次章では解説させていただきます。

ブラック企業に二度と入らないために転職エージェントを活用しよう

ブラック企業への入社を回避するためには、転職エージェントを活用することを強くオススメいたします。

理由としては、転職エージェントは企業の人事担当者や採用を行っている経営者などと情報交換を行っており、企業の内部情報に精通しているためです。

転職エージェントは企業の内部事情に精通しているので、あなたが入社する前にブラック企業かどうかを外から見て判断できるというわけですね。

また、現在勤めている企業から本当に転職するべきかどうかなどのアドバイスも、専任の担当者が客観的に見て行ってくれます。

その他にも履歴書・職務経歴書の添削〜提出代行や、休日の面接日程調整のを設定してくれるなど、非常に助かるサービスを展開してくれています。

現在ブラック企業で勤務をしている場合、転職エージェントを活用することで活路が拓けますので、ぜひ下記エージェントを積極的に活用することをお勧めします。

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

dodaの特徴

求人数120,000件以上(※業界最大級)

転職満足度No.1の親身な対応!

北海道~九州全国に面談拠点あり!

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-ブラック企業

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.