リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

転職サイトで希望の求人が見つからない時の対処法を徹底解説

転職サイトを使っても希望の条件が見つからない時の対処法について、元キャリアアドバイザーの筆者が徹底的に解説して参ります。

転職活動で求人を探す際に真っ先に思い浮かぶのが転職サイトですが、なかなか思うような求人に出会えないという方も決して少なくありません。

理想の転職先に出会えるかどうかは求人の探し方に大きく影響を受けますので、ぜひ今回の記事で求人の探し方をマスターして頂ければと思います。

転職サイトで求人が見つからない時の対処法

対処法①:転職エージェントを活用する

自分の希望の仕事が転職サイトでもみつらない場合、転職エージェントを利用して求人を探すことは非常に有効です。

転職サイトに掲載されている求人は世にある求人のほんの一部であり、転職エージェントはネット等に掲載されてない“非公開求人”という案件を豊富に取り扱っています。

非公開求人とは?転職者のメリット・デメリットと非公開の理由

ネームバリューのある企業や超人気企業は応募者のスクリーニング工数を削減するためにも転職エージェントを使うので、他では出会えない魅力的な求人が転職エージェントには溢れています。

また、事業の中核を担う重要人材の採用を競合に知られることを避けるため、ハイクラス求人は転職エージェントに集中するのです。

担当のキャリアアドバイザーにあなたが転職先に望む条件を伝えれば、転職エージェント側で求人を探して持ってきてくれますので、自分で転職サイトを使って求人を探すよりも遥かに効率的に見つけることができるでしょう。

▼担当キャリアアドバイザーが求人を厳選

さらに転職エージェントは求人が多いだけではなく求人情報量も充実していて、深く企業の採用戦略に関わるため、転職サイトで得る情報よりも詳しく企業の実態について知れます。

そのため、より興味を持つきっかけとなるポイントが盛り込まれた求人が沢山あり、結果自分にとって応募したいと思える求人が増すのです。

数ある転職エージェントの中でも、リクルートエージェントDODAは業界屈指の20万件近くの求人を保有していますので、ぜひ活用してみることをお薦めします。

リクルートエージェントとDODA(パーソルキャリア)の違いと特徴

対処法②:別の転職サイトを活用する

今現在使っている転職サイトで全然希望の求人が見つからない場合、他の転職サイトに変えただけで簡単に欲しい求人が見つかることもあります。

特に志望業界が定まっていない方はリクナビNEXTがベストチョイスで、転職成功者の8割が活用している転職サイトの王道サイトです。

ターゲット層の守備範囲も広く、全国の20代~50代の多種多様な職種経験者が仕事探しをすることができるバラエティーを誇ります。

リクナビネクストの評判は?マイナビ転職やエン転職と比較

また、サイトの使い勝手も良く、

「平均年齢20代」
「離職率5%以下」
「応募者全員と面接」

といったこだわり条件でも仕事を絞れるので、転職ビギナーも希望の仕事を探しやすい親切なサイトです。

シンプルかつ情報も充実しているので、サクサク仕事探しができますし、スマホアプリもリリースされているので、移動中やちょっとした空き時間でも市場調査がてら求人検索ができる点も魅力ですね。

↓リクナビネクストの登録はコチラ
リクナビNEXT

対処法③:希望の仕事に強い転職サイトを複数活用する

登録している転職サイトを見直すことも、希望の求人を見つけるための方法として重要なことです。

どの転職サイトも似ていて違いがわからないという方もいますが、転職サイトによって掲載求人数、強い業界や職種は異なり、中にはその転職サイトでしか掲載していない独占求人もあるので、複数のサイトに登録し求人の取りこぼしを防ぎましょう。

最近の転職サイトは希望条件や検索履歴から希望の求人掲載があるとメールでお知らせしてくれるスカウト機能もあるので、複数のサイトを活用する時は便利機能で検索工数を減らすこともポイントです。

転職エージェントのスカウトメールは使える?返信すべき?

複数使うサイトの選別ポイントとしては、

①求人数が多いサイト
②自分の希望業界や職種に強みのある専門サイト

を選ぶこと大切です。

専門サイトは強みのある仕事に対してナレッジも豊富で、企業とのコネクションも太く、仕事の魅力や醍醐味、実態をより詳しく知ることができます。

また、希望の仕事に紐づいた転職ノウハウやコンテンツも用意されているので、転職力アップにも繋がります。

下記では主に20代向けにおすすめの転職サイトを紹介していますので、ぜひご参考頂ければ幸いです。

対処法④:自分の軸を見直す

有効求人倍率も高水準をマークし多くの求人が出ている中で希望の仕事がみつからない場合、そもそも自分の希望条件が現実的に妥当ライン上にあるかを見直してみてはいかがでしょうか。

もしなんとなくといった感覚で希望の求人を探している場合、かなり運がよくタイミングが合わなければみつからないでしょう。

希望条件がある人でも希望が多すぎる人はなかなか理想の仕事に巡り合えない可能性が高いので、自分の中で思い描く理想の職場を手に入れるためには、漠然とした希望条件を整理することが必要です。

まず、自分の希望をしっかりと言葉に落とし込み、判断基準を認識しましょう。

この時、自分の希望を「必須」「尚可」というカテゴリーにわけると外せない重要ポイントを把握できるのでお勧めの手法です。

必須条件を中心に仕事検索をしていけば希望条件を整理する前に比べかなり多くの仕事がみつかるようになるはずですので、ぜひ実践してみて下さいね。

転職エージェントで希望求人の見直しを

対処法④でもお伝えしましたが、転職サイトを使ってもなかなか希望の求人が見つからない場合は、そもそも希望の条件が転職市場という観点で見た時にずれている可能性が考えられます。

しかし希望条件を修正すると言っても、なかなか簡単に希望条件を緩めるのは難しいですし、どこを「必須」と「尚可」で分けるべきかも判断しづらいですよね。

そういった意味も込めて、転職エージェントでキャリアアドバイザーに相談しどういった条件であれば求人があるのか、ないのかの認識を擦り合わせておくことは非常に有効的な手段といえます。

転職サイトでは求人が見つからなかった理由がすぐに判明する筈ですので、ぜひこの機会に転職エージェントの活用も検討されてみてくださいね。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版