リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

転職における書類選考や面接の通過率を徹底解説【プロ直伝】

転職活動中に自分の書類選考や面接などの選考通過率は良い方なのか、悪い方なのか気になる人も少なくありません。

特に転職活動がうまくいっていない時ほど気になるものですよね。

「書類選考は何社応募すれば通過できる?」
「1次面接でほぼ落ちるのはなぜだろう…」
「最終面接まで行くのに内定が出ないのはどうして?」

今回は、上記のような転職活動におけるそれぞれの選考フェーズごとの気になるお悩みを解決していきます。

まずは、それぞれのフェーズによって採用担当者に見られるポイントや選考基準に違いがあることを認識しておきましょう。

その上でフェーズごとの対策を取っていけば、あれほど不合格が続いていた選考通過率が改善されることは間違いありません。

自分で自分を客観視し分析することは難しい作業であるため、客観的視点に自信がない方に向けて、転職のプロが徹底解説して参ります。

転職の選考通過率を段階ごとに解説

書類選考、一次面接、最終面接の選考通過率と特徴について解説をしていきます。

会社や応募者によっては異なるので、その点はご了承いただき読み進めて頂けたらと思います。

書類選考通過率→10~30%

通常、書類選考は募集ポジションへのスキルや経験といったスペック面での適性を見ることが多くなります。

勿論、言葉の選び方や文章構成等からも人柄が窺えますが、スキルや経歴の羅列をされている文書という特性からスキルマッチングの意味合いが強くなります。

そのため、書類選考が通らない理由として挙げられるのは、

①読みづらい
②マッチ度が少ない
③年齢×スキルバランスが取れていない

上記3つのいずれかの理由が考えられます。

この点を改善しないと、応募母数を増やしたところで内定獲得をするまでに疲弊してしまうため、効率を上げるためには職務経歴書と履歴書の見直しが必要といえるのです。

忙しい採用担当者は全ての経歴書に目を通さないことも多いため、すぐにできる①と②を改善し成果に結び付けましょう(※対策方法については後述します)。

一次面接(二次面接)→30~50%

一次面接(二次面接を含む)は応募者の人間性と選考書類に書かれた経歴やスキルの確認を行っています。

通常採用する部署の人間やマネージャークラスが一次面接を行うことが多く、現場で求める人物かどうかを見極める場となります。

そのため、いくら経歴やスキルが優れていても、

・部署の雰囲気に合わない
・清潔感の無い出で立ちである
・職務経歴書に書かれた経験やスキルが誇張表現

上記のような判断をされれば不合格となります。

一次面接の難しさは、短い時間の中で成果を出さなければいけない点であり、パフォーマンスによっては本来の応募者の姿ではない印象を持たれる危険性もあります。

ですから、事前に自分の弱点の克服や伝え方の練習をしておくことは必須といえます(※面接の事前準備やり方は後述します)。

最終面接通過率→50%

最終面接は会社の人事権を握る重役、会社によっては取締役や社長が行います。

最終面接で見られる一番のポイントは、会社にとってのリスクの排除と人間性の確認です。

いくら素晴らしいスキルがあっても、社内を乱す可能性のある反乱分子を採用すれば周囲に悪影響を及ぼします。

周囲の人間と馴染めるか、相乗効果を出していけるかは最終面接で大きくチェックされているポイントです。

また、応募者が自社の風土で活躍できるポテンシャルがあるか、応募者の志向性と会社の期待に乖離がないか等も確認を行っています。

採用には費用もかかるため、費用対効果を上げるためにも早期退職せず、利益に貢献できる人材を見極めるのが最終面接官の役割といえます。

入社後のミスマッチを避けるためにも、自分の希望や会社への期待は伝える準備をしておいた方が良いでしょう。

転職における書類選考対策のポイント

書類選考は前述のとおり、スキルマッチングが肝です。

応募者が多い人気求人には手ごわいライバルも多くいますので、ライバルと差をつけるためにも、採用担当者の目に留まる職務経歴書を作りましょう。

そのためには、以下で解説しているような読みやすさと伝わりやすさを重視すべきと言えます。

自分に適した職務経歴書のフォーマットを選ぶ

書類選考はまずは読み手に読んでもらうことが大切ですので、何よりも読みやすさをアップさせることが大切です。

まずは自分の経歴や経験によって職務経歴書のフォーマット選びから行うことで、読みやすさは格段にアップします。

リクナビNEXTのような転職サイトで無料入手できるため、自分に合った雛形を得ましょう。

編年体式職務経歴書:時系列に経歴を書くスタイル。若年者や転職ビギナー向け。

▼編年体式の職務経歴書

逆編年体職務経歴書:最新の経歴から過去に遡って経歴を書くスタイル。職種転換した人や直近経歴をアピールしたい人向け。

キャリア式職務経歴書:プロジェクトやキャリアごとにスキルや経験を書くスタイル。職歴の多いエンジニアやアピールすべき能力がある人向け。

▼キャリア式の職務経歴書

スキルレベルは具体的に

作成した書類の中で一言で「OA操作ができます」と書かれてあっても、何がどのレベルまでできるかがわからなければ意味がありません。

「Excelの四則演算機能で簡単な集計表作成をしていました」

「ExcelでIF関数を使って給与支給者の資料作成経験があります」

だとかなりのレベルの差がありますからね。

また、同様に業務内容に「事務」とだけ書いてあっても正しく能力が伝わりません。

「営業事務」「購買事務」「経理事務」「人事事務」など、より具体的な呼び名がありますし、作業内容もより詳細を記載すべきです。

特に職種転換の場合は活かせる経験が過去の職務内容の中にあるかもしれないため、作業レベルで書き出し記載しておくと良いでしょう。

メリハリを付けるべし

単調な文章は読み手も飽き、集中力を削がれます。

そのため、リズムやメリハリを意識した職務経歴書を目指しましょう。

まずは最初の「職務要約」です。

「職務要約」は経歴書の冒頭部であるため、採用面接官に読まれやすい箇所です。

▼書類冒頭の「職務要約」は読まれやすい

応募先企業に魅力的に思ってもらえそうな経験や能力、要素があればこの部分に書き読み飛ばしをされないようにしましょう。

重要な経験やスキルはあえて太字や下線を引いておくことも有効な手段です。

また、自己PRや志望動機を書く際も長くダラダラと書くのではなく、結論→根拠→結論という流れで簡潔にスラスラと読める簡易な言葉を選び、読み手への配慮をしましょう。

誤字脱字、略し言葉、業界用語の多用に注意することも忘れないようにしておきたいですね。

現実目線で受かる企業に応募する

転職の軸が定まっていなかったり、理想が高かったり、求人票の読み込みが甘いがために自分の経験やスキルのマッチ度の薄い企業にばかり応募をしてしまう人は相当数います。

転職によってより良い環境を手に入れたいという思いもわかりますが、手の届かない求人ばかり応募をしても残念な結果となり不合格通知に疲弊してしまいます。

自分の希望に優先順位を付け、現実目線で合格可能性ある求人に応募をしましょう。

よく、「未経験歓迎」というフラグを見ますが、この求人はほぼ20代の第二新卒を対象としているため、あらゆるスキルを豊富に持っている方や20代ではない方は応募をしても実を結ばないことの方が多いため、応募を避けた方が無難です。

転職エージェントを活用すべし

転職エージェントに登録をすると、専任のキャリアコンサルタントがキャリアカウンセリングや選考書類を作るサポートを無料で行ってくれます。

自分の経験について話すことが苦手であっても、情報を引き出し、棚卸をしてくれるので、どの経験やスキルが市場で評価されるか、アピールすべきポイントかということを知れます。

作成した書類の添削や応募企業向け対策もしてくれ、企業推薦時には推薦状を付けて応募先企業にプッシュしてくれるエージェントもあります。

企業が転職エージェントを利用する理由の一つに、一次スクリーニング機能を期待してのところもあるため、エージェントからの推薦の方が自己応募よりも書類選考通過率はグッとアップします。

下記では数ある転職エージェントの中でも、特に書類添削や書類選考対策に強いと評判の選りすぐりを紹介していますので、ぜひ転職エージェント選びの参考として頂けたらと思います。

書類添削に強い転職エージェントおすすめランキングと活用方法

転職における一次面接のポイント

一次面接は前述した通り、人柄や志向性と選考書類に書かれた内容に相違がないかをチェックされます。

限られた時間の中で自分の良さをアピールするにあたり、他の要素で減点されることは避けるべきです。

明日からでもできる対策としては、マイナスポイントをなくすこと面接で聞かれやすい点の言語化です。

詳しく解説して参ります。

自分の癖を知り対策を練る

なくて七癖というように、自分では気付かない癖は誰しもあります。

面接という非日常に身を置けば、客観的に自分を見れなくなりやすいため、事前に自分の癖が面接で出ないよう意識し、対策を練りましょう。

身振り手振りが激しくなる人は必要以上に手を動かさないよう膝の上に手を置くようにしたり、姿勢が悪くなりやすい人は浅く腰掛け胸を張るようにしたりと癖は意識さえすれば直していけます。

ただし、癖を直すためには本番に近い環境で何度も練習をしなくては効果の発揮が難しいため、癖の意識+面接練習のセットはマストと言えます。

感じの良さを醸し出す

誰しも感じの悪い人とは話をしたくないですし、一緒に働きたいと思いません。

ですから、初対面であっても傾聴の姿勢と話し方を工夫し話しやすさを強調しましょう。

好ましい傾聴の姿勢としては、相手の話を聞いている時にリアクション(相槌や合いの手)をし、時に話した内容を「〇〇ということなんですね。」と伝え返すことです。

特に伝え返しをすると、自分の理解度を採用担当者に伝えられるのでコミュニケーションがスムーズとなります(※過度な伝え返しは禁物です)。

感じの良い話し方のポイントは、相手の話をかぶせないことや否定の言葉から入らないといったわりと当たり前のことです。

緊張したりアピールしなければと焦り面接官の話に前のめり気味になるため、一呼吸置いてから話し出しましょう。

身だしなみや出で立ちをチェック

自分では気にならなくても、身だしなみという観点で採用担当者目線で気になる点は沢山あります。

特に、採用担当者が高齢で金融業界やコンサル業界のようなお堅い業界の場合は、身だしなみへの採用判断基準は意外にも大きなウェイトを占めます。

身だしなみによる印象を下げないよう、スーツ選びや髪型のセット、指先や足先まで神経を尖らせましょう。

また、多くの人が見逃しがちな「匂い」についても注意が必要です。

口臭や体臭は自分では気づけないため、面接前にガムや口臭対策グッズを使用し、体臭については汗をかきやすい体質ならば制汗剤を使い香水の多用は避けた方が無難です。

模擬面接をビデオで撮り自分を分析

自分ではうまく伝えられたと思っても、実は採用面接官にちゃんと伝わっていないケースも往々にしてあります。

客観的視点の欠如や採用担当者の思惑を読み違えることですれ違いが起きてしまうため、すぐにできる対策として面接練習をしている自分を動画撮影しチェックすることをオススメします。

第三者目線で自分を見ると課題認識もしやすく、改善意識も芽生えやすくなりますからね。

▼自分以外の転職面接を客観的に見ることも重要

また、面接練習をすることで自分の伝えたいことを言語化する機会に恵まれ、本番でも似た質問をされた時にも焦らずに答える余裕が生まれます。

できることなら、他の人にも見てもらってアドバイスをもらい、面接でのパフォーマンスレベルを上げるよう努めましょう。

転職エージェントを有効利用すべし

転職エージェントのキャリアコンサルタントが抜かりなく面接対策をしてくれるので、面接に自信がない人は必ず登録をしたいところです。

一般的な面接マナーや伝え方のポイントの伝授から応募先企業に好まれるポイントを踏まえた想定問答も練習もできるので、面接当日も良いコンディションで自分らしさを出しつつ話せるようになれるでしょう。

また、面接で望ましい出で立ちかどうか、癖の有無も転職のプロ目線で役立つ実用的なアドバイスをもらえますし、前述したような話し方のチェックも行ってくれますので、面接選考通過率は飛躍的に上がるはずです。

下記では数ある転職エージェントの中でも、特に面接対策に定評のあるおすすめを厳選していますので、ぜひ面接に自信がないという方は活用されてみてくださいね。

面接対策に強い転職エージェントおすすめ比較評判ランキング

転職における最終面接のポイント

最終面接官は、入社に際してのリスクヘッジと企業へのマッチ度のチェックが主となります。

そのため、自分らしくかつ最終面接官に良い印象を持ってもらえるようプレゼンが必要となります。

自分の適性や希望を伝えてミスマッチ撲滅

最終面接まで来ているのですから、自分らしさを出すことにも努めましょう。

良い印象を持たれたいからといって、かしこまりすぎて自分の知りたいことが聞けていなければ面接の意味がありません。

最終面接で取り繕って入社をしても、いずれ歪が生まれます。

最終面接は自分にとってもゆくゆくのミスマッチがないかを確認する場と位置付け、互いの期待に乖離がないかを確認し合いましょう。

ミスマッチの芽を見つけた上で内定を欲するならば、腹をくくって入社後にミスマッチと向き合う覚悟を持つべきとも言えますね。

熱意や意欲を提示

採用することは大きな決断となるため、最終面接官も判断に慎重になります。

そんな時に、応募者の熱意や覚悟があると背中を押すきっかけになることもあります。

やる気がなくてスキルのある人材よりも、やる気があってポテンシャルのある人材の方が入社後の周囲にもたらす影響は良いように思われます。

組織を牽引する立場の人間としては、プラスの影響をもたらす人材を好ましく思う人が大半です。

また、応募者も熱意を口に出すことで、モチベーションアップに繋がり順調な滑り出しを見せやすくなる効果もあるので、思いは口に出しましょう。

最終面接官について調べておく

書類選考と一次面接を通過しスキルと人柄が合格に達していても、重役と相性が良くなければ残念な結果になります。

もし、本当に働きたい会社であれば最終面接官になりうる人物については、最終面接前に下調べをしておきましょう。

過度に自分を飾る必要はありませんが、多少は気に入られる努力はした方が無難といえます。

今時、採用ページやブログ、SNS等で手軽に個人について調べられます。

誰が最終面接かになるかわからなくとも、トップに近い人について調べておけば、会社の方向性や好ましい考え方も読み取れるので参考になるはずです。

転職エージェントの知恵を借りるべし

転職エージェントは、取引実績から最終面接官や役員の性格や志向性についても知り得ているため、面接前に相手について知れる事は大きなアドバンテージとなります。

実際に質問された内容や採用ポイントも知れますし、最終面接官を想定した面接練習にも付き合ってもらえるなどメリットが盛り沢山です。

転職エージェントが間に入ってくれていれば内定後の条件交渉や入社日交渉でせっかくの入社の機会を逃すリスクを減らし、理想に近い形でスタートを切れる可能性を高められる点も嬉しいポイントです。

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較」では、選考企業にまつわる情報量が豊富なおすすめの転職エージェントを厳選して紹介しています。

転職エージェントおすすめランキング

転職活動の書類選考や面接対策まとめ

「質問はありますか?」という面接官からの投げかけに対して、逆質問で何を聞いたら良いかわからないという人も見かけますが、それはスタンスに問題があるからです。

面接必勝法やノウハウ系記事ばかり読み漁る人もいますが、そればかり気にしては自分にフィットする会社の内定獲得は難しいでしょう。

選考活動は自分の価値を測られる機会だけではなく、転職者自身が会社を見定める機会でもあることを認識してください。

企業が採用リスクを減らすために質問をするのと同時に、

・転職者にとって働きやすい企業か
・希望のキャリアを目指せるか
・評価制度は好ましいものか
…etc

上記のような転職者の希望が叶えられるかを確認するための場でもあるのです。

‘採用される’という受け身な考えではなく、’入社を検討する’という主体的な態度で選考活動に臨むことが大事です。

主体的な気持ちを持てば、自ずと思考にも表れ、入社後に思いを馳せた建設的な質問や疑問を抱きやすくなるはずです。

失礼のない言い回しや聞きたい情報を引き出すための質問方法といった転職ノウハウはこのスタンスを持って初めて役に立つといえます。

あなたが転職したい企業の書類選考や面接を突破し、最高の職場への転職が成功することを心から応援しています。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版