リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

面談を断られない転職エージェントおすすめランキング【2018】

「転職を決意して転職エージェントに登録したはいいけど、面談を断られた」という経験がある人は少なくないのではないでしょうか。

今回は元キャリアアドバイザーとしての業界の知見を活かして、一度他のエージェントに面談を断られた経験がある人でも“面談を断られない転職エージェント”のおすすめを厳選して3社ご紹介します。

面談を断られる理由はいくつかありますが、全てに共通して言えることは「企業に紹介できる人材ではない」と判断されたことにより、断られる結果となったということです。

登録基準は各社で異なりますが、中でも登録が厳しく断られる人が多いエージェントは以下の3社です。

パソナキャリア

JACリクルートメント

エンエージェント

上記3社はTOEIC700点以上や現年収500万円以上など、一定の登録基準に達していない場合面談を断られるケースが多い現状です。

参考:パソナキャリアに断られた!なぜ?
参考:JACリクルートメントに断られる!断られた理由と対処法は?
参考:エンエージェントに断られた!なぜ?

今回ご紹介する3社は、登録基準のハードルが低く登録後のサポートも手厚いと定評のあるおすすめの3社ですので、ぜひ参考にしてみてください。

面談を断られない転職エージェントおすすめランキング

転職エージェント第1位:リクルートエージェント

面談を断られないおすすめ転職エージェント第1位はリクルートエージェントで、断られる可能性は約8%と転職エージェントの中でも最も低い数値です。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント★断られる可能性:8%(目安)

リクルートエージェントは国内最大級の転職エージェントでかつオールラウンド型の総合エージェントで、幅広い業界・職種・年齢を対象とした求人を取り扱っています。

取り扱い求人数は2018年5月現在約20万件弱と業界ダントツNo.1ですので、それだけ対象者も多いことから面談を断られにくいエージェントとして一番におすすめできます。

求人量だけではなく、業界一の転職ノウハウを持っていることや、長年かけて築き上げた企業とのパイプがありますので、他のエージェントで断られた経験のある人でも、リクルートエージェントを利用すれば希望の転職が叶う確率が高くなります。

リクルートエージェント利用者の面談求人の評判口コミはコチラ

しかし、あくまでも社員として就業経験のある社会人を対象とした求人を扱っていますので、新卒者や社員経験が一切ない場合は断られる可能性が多少なりとも出てくるので8%という数字となっています。

ただし基本的にはリクルートエージェントに断られたという人は圧倒的に少ないので、他の転職エージェントに断られたという人はリクルートエージェントの利用をまずはオススメします。

●リクルートエージェント利用者の口コミ

リクルートエージェントの面談は、とにかくキャリアを掘り下げられ、なぜ?なぜ?と理由や動機などから本人の傾向性を探り当てるような接客スタイルでした。

かなり踏み込んだことを聞かれるので、言葉に窮することもありましたが、自分一人では気づかないような問題や転職軸に気付けたので良かったです。

紹介された企業の求人は面談時と専用のアプリを使って紹介されるのですが、他のエージェントと比較してもやはり圧倒的でした。

転職エージェント第2位:マイナビエージェント

面談を断られない転職エージェント第2位はマイナビエージェントで、断られる数字は約15%と2番目に低い数字となっています。

↓マイナビエージェントの登録はコチラ

★断られる可能性:15%(目安)

マイナビエージェントはリクルートエージェントと同じくオールラウンド型の総合エージェントで、取り扱い求人数は2018年5月現在約3万件弱と、中堅規模の転職エージェントです。

求人数が少ないということは断られる可能性が高いのでは?と考えるかもしれませんが、マイナビエージェントが断られにくいエージェントとしておすすめできる確固たる理由として、取り扱う求人の”傾向”が挙げられます。

関連:リクルートエージェントvsマイナビエージェント!違いを徹底比較

面談を断られるということは、“企業に紹介できない=経験・スキル不足”が一番の原因とは前述した通りですが、マイナビエージェントで取り扱っている求人は「未経験歓迎」や「第二新卒者向け」といった、経験を問わずに応募できる求人が多い傾向にあります。

その結果、結果的に紹介できる範囲が広がり、経験が不足している人でも断られる可能性が低くなるという訳なんですね。

一部ではマイナビエージェントに断られたという人が出てきているのも事実ですが、他エージェントと比較してもその確率は低いと言って良いでしょう。

●マイナビエージェント利用者の口コミ

マイナビエージェントは、男性はもちろんなのですが女性のキャリアカウンセラーの方も多く、相談場所も明るく開放感がある雰囲気でした。

職種も、個人的に希望していた教育業界のものを多く紹介頂き、パイプがあるのだなと感じました。

ネットのサイトも見やすく、またカウンセラーの方も相談しやすい雰囲気で、紹介案件もかなりの数を持っていると思います。

転職エージェント第3位:DODA

面談を断られない転職エージェント第3位はDODAで、断られる可能性は17〜18%程度となります。

↓DODAの登録はコチラ

★断られる可能性:17〜18%

DODAはリクルートエージェントに次ぐ国内No.2の転職エージェントで、昨今の求人数はリクルートエージェントと並ぶ約20万件と、求人量でDODAの右に出るエージェントはないと言っても過言ではありません。

前述した通り、求人数が多いと必然的に紹介できる対象者が広がることから断られにくいエージェントと定義することができますが、DODAが3位の理由は取り扱い求人に特徴があるからです。

DODAもリクルートエージェント、マイナビエージェントと同様の総合型エージェントではありますが、取り扱い求人の約半数はIT・WEB業界と、やや業界に偏りがあります。

関連:【リクルートエージェント vs DODA】面接通過率を徹底比較

ですので、希望する業界によっては取り扱い求人がなく、面談を断られる可能性がゼロではありません。

登録自体は断られないものの、DODAは対面面談を断られて電話面談を提案されるケースがあるので、その場合は電話で交渉することにより対面面談に変更してもらうことが可能です。

●DODA利用者の口コミ

DODAは、学歴、資格 経験 学歴 関係なくても正社員職の求人が多くエージェントの方も非常に協力的な方でした。

私は、ITの仕事に興味があり是非ともやりたいと言うことを伝えたら、次にから次へと求人を紹介してくれました。

対応が丁寧で親身になってくれる良いキャリアアドバイザーの方だった印象です。

転職エージェントに面談を断られる確率を下げる方法

今回ご紹介した3社についても面談を断られる可能性が0%という訳ではないので、面談を断られる可能性を限りなく抑える方法について3つご紹介いたします。

登録レジュメの精度を上げる

転職エージェントは、企業に紹介できる人材であるかを判断する最重要ポイントとして登録者の「経験・スキル欄」をよく見ています。

経験やスキルが足りないと面談を断られる確率が高くなってしまいますので、できるだけ詳細かつ具体的に入力しましょう。

また、希望条件は絞り過ぎず、幅をもたせるようにすることも重要です。

まずは転職エージェントに登録できないと求人の紹介を受けることもできませんので、最初は間口を広くもち面談のハードルをクリアしていきましょう。

面談前の対応を真剣に行う

転職エージェントに登録すると、面談前には必ず電話もしくはメールで日程調整のやり取りが発生しますが、実はここでも「企業に紹介できる人材であるか」を見られているのです。

なぜかというと、たとえ経験やスキルが不足していても、キャリアアドバイザーが自信を持って企業に紹介できる人材だと判断した場合は、企業に推薦してもらうことも可能になるんですね。

企業とのやり取りではありませんので連絡の折り返しを後回しにする人が多いですが、断られる可能性を下げるためにも、登録前の対応は特に丁寧に行うことを心がけることが大切です。

あなたの転職に対する熱意や人柄の良さを、企業と同様にエージェントにも伝えられるように努めましょう。

登録基準を確認しておく

特にハイクラス(管理職以上・年収700万円以上など)を対象とした転職エージェントでは厳しい登録基準が設けられていますので、自分が基準に達しているかどうかを事前に確認しておきましょう。

資格の有無や現年収、役職など基準はさまざまですが、あなたのキャリアが基準に達していない場合は、どう頑張っても登録することはできませんので、そのエージェントへの登録は避けた方がいいでしょう。

代わりに先ほどご紹介したリクルートエージェントのような登録基準に達しているエージェントへ申し込めば、登録を断られる可能性が下がり、転職エージェントを利用することが可能になります。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版