リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

【20代の転職】大手の面接や書類選考に受からない時の対処法

転職を考えている20代の人の中には”大手企業に転職したい”と考え、大手企業の求人に応募しているけど「面接や書類選考に受からない・通らない」と悩んでいませんか?

そこで今回は、キャリアアドバイザーとして20代の大手企業への転職を支援してきた経験をもとに、大手企業への転職を成功させるための秘策をご紹介します。

中でも選考突破に欠かせない「書類選考」と「面接」にフォーカスして、大手企業の選考に通過できない理由から、通過率を上げるための対処法までを詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

20代の転職活動については、ぜひ下記記事も併せてお読みください↓↓
20代後半の転職活動で必要な全知識を元エージェントが徹底解説
20代前半で転職すべき人は?成功した体験談&転職サイトおすすめ

20代で大手に転職したいけど選考に受からない…

20代の転職では特に大手企業に人気が集まる傾向が高く、ライバルが多ければそれだけ選考に受かる確率は低くなります。

大手企業に受からないと悩んでいるのはあなただけではなく、むしろ20代で転職を行うほぼ全ての人が同じ悩みを抱えています。

転職求人サイトに求人を掲載した場合の倍率を比較したグラフをご覧ください。

業界や職種によって変動はありますが、このように中小企業では~10倍、大手企業では平均して1,000倍(100~2000倍)と言われています。

なんとその差は約100倍。

大手企業に採用されるのは、大変ハードルが高いということがよく分かりますね。

関連:既卒の就活で大手企業から内定をゲットした”全過程”を徹底解説

大手に受からない・通らない時の対処法〜面接編〜

ではここからは、大手企業の選考に受からない時の対処法について、まずは面接に通らない時の対処法を解説して参りたいと思います。

①「企業が求める人材」であることを裏付ける自己PRを行う

大手企業は社員数が多く仕事が「分業化」されていることが特徴です。

そのため、大手企業では「募集ポジションに合った能力が備わっているか」という点に着目して面接が行われます。

つまり、「広く浅くいろいろな業務ができる人」よりも「狭く深く募集ポジションの仕事の知見・経験がある人」が求められているのです。

限られた時間で自分をアピールしたいがために、募集ポジションとは関係の無い業務経験やスキルまで永遠と語る求職者がいますが、それは残念ながら評価されることはありません。

求人票に記載されている「募集ニーズ」をよく確認し、それを満たす能力にフォーカスし、無駄のない言葉で的確に実績と能力を伝えられるよう、準備しましょう。

参考:転職活動の面接で聞かれる質問30選!質問意図と回答ポイントも

②応募先企業を志望する理由を明確にする

大手企業はいつの時代も業界を問わず転職市場において人気があり、採用担当者も自社が大手企業だから人気があるということは分かっています。

ですので、面接では「企業規模が大きくて安定しているから」といった自分目線での志望動機では採用担当者に響きません。

そうではなく、

「なぜ他社ではなく『応募先企業』を志望したのか」
「『応募先企業』に入社したらどんなことができるか、やりたいか」

上記のような理由を可能な限り”明確に”伝えることが重要です。

大手企業は1枠の求人に対し優秀な候補者が多数集まりますので、その中でいかにあなたを差別化できるかがポイントになります。

マニュアル本にあるような型通りの志望動機ではまず面接に通過することはないでしょう。

企業研究をじっくりと行い「あなたの言葉」で採用担当者の心を動かす志望動機を伝えましょう。

参考:転職の面接に受からない人の3つの特徴と改善方法を徹底解説

③転職エージェントの面接対策を活用する

大手の面接に受からないと感じた時に、ぜひ活用をおすすめするのが転職エージェントの「面接対策」です。

転職エージェントは今までに多くの求職者をサポートしてきた実績があり、企業との太いパイプも持っていますので、どのような人材が求められていて、どのようなアピールが好印象なのかを知り尽くしています。

コーポレートサイトに載っていない情報を教えてもらえるだけではなく、企業の採用担当者と面識のあるキャリアアアドバイザーが模擬面接官となって行う面接練習で、あなたの面接をブラッシュアップすることもできます。

その他に、1対1ではなくセミナー形式で行われる面接対策セミナーなども行われていてあらゆる角度から面接対策を行ってもらえるので、大手の選考に通過するためにぜひ活用してみましょう。

面接対策に強い転職エージェントおすすめ比較評判ランキング

大手に受からない・通らない時の対処法〜書類選考編〜

続いて、大手企業の書類選考に受からない・通らない時の対処法について解説して参ります。

①一目で”読みやすい書類”と印象付ける

大手企業の採用担当者は毎日大量の応募書類に目を通しています。

そのため、内容以前に重要になるポイントが「読みたくなる書類であるかどうか」ということです。

一目見て”読みにくい”と思われてしまう書類の場合は、内容を読んでもらえることなく10秒ほどで「不合格」と判断されてしまいます。

そうならないためには、以下のポイントに注意して書類を作成しましょう。

箇条書きである

応募書類は「手紙」ではありませんので、長文をダラダラと書き綴るのではなく、要点を絞って箇条書きにしていきましょう。

3枚以内にまとまっている

伝えたい情報を取捨選択し、3枚以内にまとめましょう。

これ以上の枚数になってしまうと、読む気が失せてしまったり、伝えたいことが何だか分からなくなってしまいます。

文字間・行間・余白が見易いレイアウトになっている

少ない枚数にしようと文字を詰め込みすぎると非常に見にくくなってしまいます。

そうならないためにもレイアウトにもこだわりをもって作成しましょう。

②「この人に会ってみたい」と思わせる職務経歴書を作成する

中小企業の書類選考は「応募資格をクリアしているか」を確認し、クリアしている人とは基本的に「全員会う」というスタンスの企業が多いですが、大手企業の書類選考では全く異なります。

応募資格をクリアしているのは大前提で、その中でも書類から、

「入社後に活躍している姿が思い描ける」
「この部分の経験についてもっと詳しく聞いてみたい」

と思わせることができるかどうか、という部分が書類選考の合否を左右します。

やみくもにたくさんの項目を作成するのではなく、応募企業ごとに貢献できる強みやスキルを整理し、コンパクトにまとめるようにしましょう。

例えば、実績についてアピールしたい時はいくつもの実績を書き並べるのではなく、最も伝えたい実績を一つに絞り、それについて期間や数字など、客観的に判断できる情報を盛り込んだ文章を作成するような工夫が必要です。

参考:転職の書類選考が通らない理由と対処法!通過率と結果連絡までの期間は?

③転職エージェントの書類添削を活用する

転職エージェントの「書類添削サービス」とは、応募先企業の採用担当者や経営者から募集ニーズを直接聞いているプロのキャリアアドバイザーが、あなたが作成した応募書類を添削してくれるサービスです。

特に大手企業では応募が殺到するため「候補者を絞り込むため」の書類選考が行われていますので、転職エージェントの書類添削を利用して採用担当者に刺さりやすい書類を作成することは、非常に有効な方法です。

また、書類添削だけではなく、「推薦文」といってキャリアアドバイザーがあなたを企業に「推薦」するための文章を添付して企業へのプッシュを行ってくれるサービスもあります。

より採用担当者に「会ってみたい」と思わせることが可能になり、結果として書類選考の通過率が上がるので、転職エージェントの活用はぜひおすすめしたいです。

書類添削に強い転職エージェントおすすめランキングと活用方法

大手の面接や書類選考にどうしても受からない場合は…

中小企業やベンチャー企業に目を向けてみることも大切です。

あなたが聞いたことがない企業でも、業界内では非常に有名で右肩上がりの優良企業であったり、大手企業と同等の福利厚生がある中小企業もたくさんあります。

ホワイトな優良中小企業か否かについては、完全に自力で見分けるのは至難の技ですので、転職エージェントを活用して企業の内部事情を教えてもらうと良いでしょう。

20代転職でおすすめの転職サイト&転職エージェントを徹底比較

業界によっては「今」ベンチャー企業であっても、数年後には業界を牽引するような大企業に成長する可能性も大いに考えられます。

中小企業で必要な経験を積んだ後、数年後に大手企業の転職にチャレンジすることもできます。

新しい道を見出せる可能性も十分にありますので、大手企業の選考に行き詰まりを感じた時には中小企業へ転職することも視野に入れてみましょう。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版