リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

営業を辞めたい・つらい・きついと思った時にまず考えるべきこと

今回の記事は、営業が辛いと感じている、きつくて辞めたいと考えているビジネスマンに向けての記事となります。

営業の仕事を辞めたい・辛い・きついと検索している人は数多くいると思いますが、皆様はいかがでしょうか。

目標未達、提案が下手、報告書の意味が分からないなど、営業は大小問わず、怒られたり、注意されたりする事の多い職種ですよね。

転職のコツはもちろん、続けるための打開策などについても言及していきます。

■営業を辞めたい・つらい・きついと思う理由

営業が辛い・きついと考える人は正直、多いですよね。

その理由は人それぞれかと思いますが、よく聞くのが下記の理由では無いでしょうか。

無理なノルマ・目標が達成できず、怒られる

新規のコールが精神的に辛い

取引先との関係が上手くいかない

どの理由にもいえる事ですが、とにかく営業は怒られたり、注意されたりするシーンが多いです。

営業先、協力先、上司など、接する人間が他の職種よりも多いため、当然人間関係に悩むことも人一倍多いですよね。

関連:仕事辞めたい理由が人間関係なら転職すれば悩みは解決できるのか

その中でも成果を挙げるのが営業の仕事になるため、あまり人間関係の問題を引きずってしまうと、営業は辛く、きつい業務となるのは間違いありません。

その人間関係の複雑さこそ、営業がきつい理由ではないでしょうか。

■営業が向いてない人の特徴

営業が辛い・きついを解決する前に、まずは営業職への適性について書いていこうと思います。

色々な本やサイトで営業職の適性について書かれていて、

・清潔感
・自己管理
・ルックス
・熱意
・トークスキル
…etc

など、様々な理由が挙げられていると思います。

総じて言えるのは、「人の目を気にしない人」は営業には絶対に向いていません。

不潔でも気にしない、遅刻しても平然としている、そもそも仕事にやる気がない、と言った人は、確実に相手を不快にさせます。

そんな人に仕事を任せようと思う人はまずいませんよね。

そのため、もし人の目なんてどうでも良いと感じているビジネスマンがいるのであれば、営業以外の人の目を気にする必要のない職種に就く事をオススメします。

営業から転職したいときのおすすめ業種(職種)一覧まとめ

■営業を辞めたい人におすすめの転職先

では、ここからは営業を辞めたい人にお勧めしたい職種を紹介していきます。

営業を辞めたい人におすすめしたい職種の1つに「人事職」があります。

人事の仕事というと、採用面接などのイメージが強いですが、それ以外にも部署異動や退職、大きな企業になると出向などの手続きもあるので、中々慌ただしい職種と言えるかも知れません。

そんな人事ですが、人材の性格やスキルを聞き出したり、把握したりする事も重要な仕事になります。

その業務内容は、まさに営業が企業課題と聞き出し、把握し、解決する事と酷似しています。

対象が企業と個人とで違う点はもちろんありますが、あくまで人から聞き出す点は同じ。

また、採用や退職時の面接では、相手の本音を聞き出す事にも役立てるはずです。

そのため、「人事職」は営業からおすすめの転職先となります。

ただし、人事は未経験で誰でもなれるという職種ではもちろんないので、人事職に就きたい場合は人事職未経験の転職に強い転職エージェントを利用して転職を目指しましょう。

■営業から他職種への転職を成功させるコツ

営業がどうしても辛い場合の選択肢の1つとして「転職」があることは前述した通りですが、前提として転職は新卒入社と違って、基本は即戦力を求めています。

そのため、これまで経験が全く無い職種への転職は非常に難しいというのが現状です。

しかし、営業はある意味では転職に向いている職種とも言えます。

それは、ビジネスの基本とも言える「提案」と「ヒアリング」をする力が他の職種よりも高く備わっているからです。

営業を経験した事があると、サービスの「提案」、お客様の課題を聞き出す「ヒアリング」の能力が自然と身につきます。

そのため、この2つのスキルを利用出来る職種に転職を希望するのであれば、比較的ハードルは低くなります。

営業職の転職に強い転職エージェントおすすめランキングTOP5

例えば、先ほど紹介した「採用コーディネータ」や「人事」など、人と接する職種であれば、上手にアピール出来れば転職出来る可能性は高くなります。

逆に「経理」「総務」などの管理系部署は、経験値や会社や業界知識などを問われる事が多いため、よっぽど強い意志がなければ、正直転職は厳しいものと考えた方が良いでしょう。

【数字のプロ】経理の転職に強い転職エージェントランキング

営業から他の職種へ転職するコツは、「提案」と「ヒアリング」が必要な職種か否かという点を見極める点にあると言えますね。

■営業の仕事をやっぱりもっと頑張りたいという人への打開策

営業が「辛い・きつい」については、ここまでで大まかに理解出来たかと思いますので、ここからは、営業をあきらめずに「もっと頑張りたい」時に取るべき行動について記載していきます。

まず最初に覚えていて欲しい事は、営業職を経験した事のある人は、誰でも必ず「やめたい」と考えた事があるという事です。

営業は、実際に経験してみると思った以上に地道で成果が挙がりにくい仕事になるため、どうしても成果が挙がらなかったり、怒られたりと言った辛い時期があります。

しかし、逆に言えば、ずっと順風満帆で悩みの無い営業マンもいないという事になります。

つまり、営業を「もっと頑張りたい」と思ったら、「地道な営業の仕事を手を抜かずにやってみる」事が辛い時期の一番の打開策になります。

ひたすらに地道な営業活動をする。

これこそ、辞めたいと考えた時に実施して欲しい一番の打開策になるはずです。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版