リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

転職エージェントマニア.com

高卒の転職・就職

高卒は転職できない・厳しいは嘘!ただし丸腰の転職活動は危険

更新日:

「高卒は転職できない」「高卒だと転職は厳しい」と思っている方がいますが、決してそのようなことはありません。

大卒よりも、一足先に社会へと足を踏み出している高卒生の力を必要としている企業は実は数多くあります。

ただし、これは大卒の方にも言えることですが、何も準備をしていないと転職活動が厳しいのは事実です。

そこで今回は、高卒の方が転職するときに、どのような点を押さえて準備を行えば良いのか、転職に成功するノウハウを伝授します。

高卒は転職できない・厳しいは嘘!

では、まず「高卒は転職できない!厳しい!」という点が嘘であると言える根拠ですが、厚生労働省が出典している資料※1によると、平成29年度の高校生の求人倍率は2.08倍です。

▼高卒生の有効求人倍率【2017年度版】

上記データが表しているのは、高卒者1人に対して、2社以上の求人があるといういうことです。

これは、あくまで新卒者ですが、新卒者の高卒求人が2倍以上であれば、高卒の転職者にもそれなりに求人数があると考えられます。

また、こちらも厚生労働省が出典している資料※2によると、「転職者決定の際に考慮した要素」という質問を企業にしたところ、「学歴」と回答した企業はわずか0.9%でした。

▼採用企業による転職者採用の重視事項

この結果は、全国の企業1.7万事業所を超えるデータの集計になります。

つまり、転職者に対して、学歴を重視する企業は少ないということを意味しています。

これらの状況から高卒者は転職できない厳しいという点は「イメージ」だけであり、実際に厳しいという状況ではないことが分かりますね。

※1厚生労働省 平成29年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職状況」取りまとめ
※2厚生労働省 平成27年「転職者実態調査の概況

「高卒が転職にそこまで影響ないことは分かった。でも年齢は…??」と不安を持たれている方は「30代高卒の転職で大手は難しい?おすすめは?転職成功必勝法」も併せてお読み頂ければと思います。

高卒で丸腰の転職はやや難易度が高い

ただし、高卒者が転職を成功させるためには、以下の点をきちんと押さえておくべきです。

企業は実績やスキルを見ている

大卒者もライバルになる

条件が良い企業には人が集まる

大手への転職は難易度が高い

企業は1人1人の選考に時間をかけられる

 
順番に詳しく解説して参ります。

企業は実績やスキルを見ている

先ほどのグラフデータでも実証されていた通り、企業が転職希望者の採用可否を判断しているポイントは、学歴よりも「経験・スキル」です。

高卒であろうと大卒であろうと、転職を希望するということは今まで何らかの就業経験がある筈ですので、あなたのこれまでの経験を企業にアピールする必要があります。

そのため、履歴書や職務経歴書を使った経験・スキルのアピール方法や、面接での受け答えの練習などは必須になります。

もしこれまであまり就業した経験がなかったり、これから全く未経験の分野へ転職したいとお考えの高卒の方は「高卒の人が転職すべきおすすめ業界・職種・職業」であれば未経験で転職することも充分可能です。

大卒者もライバルになる

たとえば募集している求人が「高卒以上」と記載されている場合、当然ながら大卒者も求人に応募できるということになるため、大卒者もライバルになります。

もちろん大卒者だからといって自動的に企業の評価が上がるわけではありませんが、大卒者は高卒者にはない大学での経験を語ることができます。

そのため、高卒者が大卒者に勝つためには、自身の就業経験をきちんと振り返り、言語化することが大切になるのです。

大卒生が大学で4年間遊んでいる間も、高卒として一足先に社会に出て揉まれた経験をきちんとアピールするための準備は間違いなく必要となります。

条件が良い企業には人が集まる

当然ですが、給料や労働環境などの条件が良いホワイト企業には、転職希望者の応募がたくさん集まります。

先ほど紹介した求人倍率2.08倍というのはあくまで全体の平均的な数字であり、人気のある企業には転職希望者が集まっているので、簡単には入社できません。

だからこそ、繰り返しになりますが「志望動機」「自己PR」などをきちんと整理し、人気のある企業にも評価されるようにアピール材料を考えておく必要があるのです。

また、応募の母数を増やしてとにかく行動量を増やすという戦略も高卒にとっては効果的なので、目安として20社以上は書類選考に応募するようにしましょう。

50社、100社とむやみやたらに応募することは自分自身もどんな企業に応募したか分からなくなりますので、あまり推奨しません。

大手への転職は難易度が高い

高卒という学歴で大手企業への転職を考えている人は、少し考え直した方が良いかもしれません。

というのも、大手企業は条件が良い求人が多く当然ライバルも増えますので、採用担当者の時間的コストを減らすためにも一定数学歴でフィルターをかけている企業も残念ながら存在します。

特に大卒という学歴を重視している大手企業の傾向としては、

・大手総合商社
・大手金融機関
・大手マスメディア
・シンクタンク

上記のような大手企業に関しては転職はかなり難しいと考えて良いでしょう。

しかし反対に、

・自動車メーカー
・保険会社
・鉄道会社
・IT企業
・不動産・建設・住宅メーカー
・建設会社
・百貨店
・製造業
・運送

上記の大手であれば、職種にもよりますが高卒で採用されている人も多いので、充分チャンスはあると言えますね。

企業は1人1人の選考に時間をかけられる

求人倍率が高いということは、企業からすると転職希望者が減っているということです。

ということは、採用担当者が1人1人の転職希望者に避ける時間は長くなるので、より慎重に転職希望者を見極めることができます。

そのため、転職希望者は、面接対策などの準備をきちんと考えておかないと、採用面接官に見抜かれてしまい、評価が下がってしまうでしょう。

もし転職活動の準備として資格取得を考えている場合は「高卒の転職で高収入を狙えるおすすめ職業・資格一覧」で紹介した資格を取得することをオススメします。

日商簿記や宅建、TOEICなど高卒の転職で武器になる資格は少なくありません。

高卒転職活動の成功率を最も上げるには?

このように、高卒転職活動を成功させるためには、求人倍率が高い今だからこそ、きちんと下準備をしておく必要があります。

そのため、以下の理由で、高卒転職活動の成功率を上げるためには転職エージェントを利用するべきです。

転職エージェントを利用するメリットは、大きく分けると以下3つに区別されます。

転職のプロから無料でアドバイスを受けられる

客観的に自分のことを評価してもらえる

エージェントしか知らない企業(非公開求人)を紹介してもらえる

転職のプロから無料でアドバイスを受けられる

転職エージェントの良いところは、転職を相談する側には一切お金がかからず、すべて無料で転職相談に乗れるということです。

エージェントは人を採用する企業側から「成功報酬」として利益を出しているので、個人として利用する皆さん側は一切費用の負担をする必要はないという訳ですね。

▼転職エージェント売上の仕組み

それでいて、数多くの転職者を見てきた、いわば"転職のプロ"に相談に乗ってもらえる訳ですから、これは利用しないほうが損だと個人的には思います。

客観的に自分を評価してもらえる

志望動機や自己PRなどを考えるための最も良い方法は、プロの目から客観的に見てもらうことです。

中々自分1人で考えても結論は出ませんし、業界や業種、そして企業によっても求める人物像は異なります。

つまり、企業によって自己PR方法などを変える必要があるということです。

その点、転職エージェントは業界ごとに専門のプロが分かれていますので、力を借りて企業に適したアピール方法を教えてもらうことができます。

非公開求人を紹介してもらえる

先ほど紹介した「人気のある企業」は、ネットの求人広告などを利用せずに、転職エージェントだけを利用する非公開求人として取り扱っていることが多いです。

非公開求人は転職エージェントに登録をして、担当のキャリアアドバイザーに相談をしないと紹介してもらうことはできません。

非公開求人は一般の人が知り得ない優良企業も数多くありますから、その会社を紹介してもらうだけでもエージェントを利用する理由になり得ますね。

高卒生におすすめの優良転職エージェント

さて、そんな転職エージェントですが種類がたくさんあります。

ただ、転職エージェントによって、年齢層やターゲット層によって強いところと弱いところがあるので、その点をきちんと把握して選ぶことが大切です。

今回おすすめする優良転職エージェントは「リクルートエージェント」という業界No.1の転職者実績数第1位の転職エージェントになります。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職を希望する方に対して、大卒や高卒など学歴関係なく均一に転職支援サービスを提供しています。

他のどの転職エージェントよりも求人のバリエーションが多いので、転職希望者に様々な選択肢を提示している結果、豊富な転職者実績を出しています。

リクルートエージェントを実際に利用した高卒の方々の声は下記で紹介しているので、ぜひ合わせてご覧になられてみてくださいね。

 
ただ、もし仮にリクルートエージェントに高卒という理由で面談を断られてしまった場合、同じくリクルートが運営している「就職Shop」の利用がお勧めです。

就職Shopは基本20代のフリーターや既卒ニートなどの就職支援を行っていますが、現在正社員に就業中の高卒で転職を考えている人も支援してもらえるんですね。

↓就職Shopの登録はコチラ

また、紹介された求人は書類選考なしで100%面接まで進むことができることに加えて、業種・職種も幅広く対応していますので、ぜひ利用を検討してみましょう。

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

高卒生歓迎の求人8,000社以上※"書類選考なし"で直接面接へ

転職のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

-高卒の転職・就職

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

【リクルートエージェントvsdoda】違いを徹底比較【どっち?】

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

Copyright© 転職エージェントマニア.com , 2019 All Rights Reserved.