リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

既卒の履歴書のおすすめは学校指定と市販どっち?書き方徹底解説

既卒の就職活動時の履歴書は学校指定と市販どっちがおすすめなのか、書き方も併せて今回はお伝えして参ります。

既卒で20代も半ばになってくると、就職活動の際に不安なことがたくさん出てきますが、さぁ、就活を始めようと思った時に真っ先に引っかかるのが履歴書ではないでしょうか。

就活の始まりは履歴書からといっても過言ではないほど、どの企業でも書類選考を行なっていますよね。

■既卒の履歴書のおすすめは学校指定と市販どっち?

まず悩むのが履歴書の種類ですよね。

新卒の時はなんの疑問もなく使用していた学校指定の履歴書ですが、卒業して時間が経ってしまうと、いまだにこれを使い続けていいものかどうか気になります。

絶対的な決まりはないため、ハローワークなどでは学校指定の履歴書でも構わないと言われることもあるようですが、実際に書類選考する企業側から見ると、あまり好ましくないようです。

学生気分が抜けていないなどと捉えられる場合もあるようなので、避けた方がいいでしょう。

職務経歴書に詳細を書き込めるような社会人経験もないので、市販の履歴書で十分です。

こだわるのは用紙ではなく、そこに書かれる内容ですからね。

■既卒の履歴書の書き方を徹底解説

ではここからはその具体的な内容について、書き方のポイントなどと合わせて説明していきます。

●既卒履歴書の書き方①:全体的なレイアウト

学校指定よりは市販の履歴書がいいと述べましたが、履歴書のフォーマットに正式な決まりはありません。

そのため職歴のない既卒者には自分を強く売り込めるよう、自己PR欄が多く取られているものがオススメです。

自己PR欄が多く取られている履歴書については、市販で購入する事もできますが、既卒専門の就職エージェントで貰う事もできます。

>>既卒就活生必見!既卒が使える就職エージェントランキングTOP3

転職エージェントが取り扱う履歴書は、職歴欄が少なく自己PR欄が多く作られていますが、基本的に履歴書は空欄が多いとあまり良い印象を与えません。

履歴書は面倒でも手書きでそれぞれの会社に合わせてゆっくりと言葉を選びながら書きましょう。

書き方としては…

1、学歴欄は最終学歴の一つ前から書く

2、職歴欄は卒業後のアルバイトやインターンのことを書く

3、間違えた時は修正ペンなどを使わず、紙を変えてやり直す

上記手順に沿って履歴書を埋めていきましょう。

●既卒履歴書の書き方②:志望動機

新卒の時は会社の規模やイメージなどを重要視し、職種に関しては事務職か総合職かくらいにしか捉えていないことが多いのですが、既卒の場合は職種別の採用となるため、その職種に対する熱意が大切になります。

スポンサードリンク

しっかりと自己分析を行い、自分のやりたい職種や自分に合うと思われる職種を見極めておかなければなりません。

また、志望動機は最終的に御社でどのように働きたいかに絡めていかなければいけないので、その会社の特徴をしっかりと捉え、自分なりに分析することが大切です。

書き方としては…

1、希望職種を述べる

2、会社内でのその職種のあり方などの特徴に絡めてその会社の魅力を述べる

3、ただの憧れにならないよう、仕事上の大変そうな点もピックし、だからこそやりがいを感じるなど、ネガティヴ要素をポジティブに切り返す

上記流れで志望動機を作成して行きましょう。

最初は自分自身の頭で考えて志望動機を作成することが大事ですが、作成した志望動機を第三者に添削してもらえればより良い履歴書にブラッシュアップできます。

就職エージェントを使えば、無料で作成した志望動機を添削してもらえるほか、模擬面接など面接対策も無料で行ってもらえるので、非常におすすめです。

>>既卒就活生必見!既卒が使える就職エージェントランキング

●既卒履歴書の書き方③:自己PR

新卒の時は大学時代のサークルやアルバイトなどのエピソードから自己PRを作成しますが、既卒の場合は気をつけたい点があります。

卒業して数年が過ぎている場合は、大学時代のエピソードをアピールし過ぎると「卒業後の数年は何してたの?」となってしまいますからね。

自己PRの際には既卒者らしく、卒業後の自分の経験を生かすようにしましょう。

希望職種に役立ちそうな資格を持っている場合は、その資格を取った理由などを合わせて述べると自己PRにつながります。

書き方としては…

1、自分の長所(アピールポイント)を述べる

2、その理由を具体例とともに述べる

3、その長所をその会社でどう活かしたいか述べる

上記の流れで書いていくのがオススメです。

■既卒の就活で書類選考通過率を上げるには…

繰り返しになってしつこいと思われる方もいるかもしれませんが、履歴書をはじめとした書類選考の通過率を上げるためには、就職エージェントを利用した方が絶対に良いです、断言します。

もちろんハローワークのような公共の職業紹介所でも添削自体はしてもらえるのですが、お役所なのでどうも雑ですし、人が多くて混雑していたりしますからね…

一人で就職活動を進めていくより精神的に楽にもなるので、ぜひ登録されて利用してみる事をおすすめ致します。

>>既卒就活生必見!既卒が使える就職エージェントランキングTOP3

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版