リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼既卒・フリーター就職支援No.1の就職Shop▼

【既卒就活】面接で聞かれる質問は?自己紹介を上手く行うコツ

今回は既卒で就職活動を行っている、もしくはこれから行うあなたに、面接時に聞かれることと自己紹介で上手にアピールするコツを伝授して参ります。

既卒は新卒とは違い少数民族なので、少々聞かれることも面接でアピールすべき部分も通常の新卒就活生とは違います。

面接に不安を感じている方や、面接の通過率をもっとあげたいという方はぜひご参考にして頂ければ幸いです。

既卒の面接で聞かれる質問まとめ

それではまず早速、既卒の面接で聞かれることから見ていきましょう。

既卒の面接で聞かれる質問①:既卒になった理由

新卒として就職できない学生は、既卒として就職活動を行いますが、既卒面接でまず間違いなく聞かれることが「既卒になった理由」です。

この質問を行う理由は、どんな既卒なのかチェックすることです。

新卒で就職活動をしていたが、自分の希望している業界に入社できないのか資格取得や研究が忙しかったことも分かりますよね。

他にも、この質問をして今までの就職活動のダメなところを知っているのかを見ることができます。

回答の仕方としてNGなのが、就職活動の失敗を企業のせいにすることです。

圧迫面接している場合は企業側が悪いときもありますが、就職活動の面接では自分に問題があって採用されなかった場合の方がどちらかというと多いです。

例えば、面接のときに緊張しすぎて何も話せないことや面接官の質問に対して、的外れなことを話していれば採用してもらえません。

このようなポイントを、反省して既卒の面接にチャレンジしているのか企業は知りたいのです。

既卒面接で聞かれること①:既卒になった理由

既卒の面接で聞かれる質問②:大学卒業後の挙動

既卒になると、大学に行くこともありません。

だから、学生時代からのアルバイトを継続している人もいます(自宅にゆとりがあれば何もしない「ニート」になる人もいます)。

このような既卒が面接をするときに聞かれることが、ズバリ「大学を卒業してから、何をしていたのか」です。

企業としては、大学を卒業して何もしていない無気力な人を採用する余裕がありません。

やはり、アルバイトや留学でも良いので、目標を持って行動している人物を探しています→行動できる人は、指示待ち人間にならないからですね。

スポンサードリンク

自分で仕事と問題点を見つけて、上司に相談することもできます。

なので、面接を受ける人は、

「震災にあった街でボランティアをしていました」
「アルバイトでリーダーとして、学生をまとめていました」

など将来のために積極的に活動していたことを話しましょう。

もし上記のような行動が特に思い浮かない場合は、

「自分がしたい仕事を考えていた」
「趣味のバンド活動に力を入れていた」

など好きなことをを話すように心がけましょう。

既卒面接で聞かれること②:大学卒業後の行動

既卒の面接で聞かれる質問③:どうしてその企業なのか

新卒・既卒・転職活動をしても面接官から聞かれる内容として、どうしてこの企業を選んだか、いわゆる志望動機です。

あなたは、面接をしてもらう企業の理念・事業・社長の人柄などに興味があることや自分の力を活かすために応募している人もいるでしょう。

この質問に上手く答えるには、応募する企業について知らないといけませんよね。

そのため、企業のホームページ・ブログ・業界新聞などを読んで、この企業のどんな部分に興味を持ったのか話しましょう。

ここまで調べれば、手当たり次第に応募している人と差別化することができます。

もし、時間に余裕があれば他社との違いをリサーチしましょう。

たとえば、セブンイレブンの応募したい場合は『ファミリーマートやミニストップよりも早く、「ドーナツ」や「コーヒー」など新しいサービスをスタートして、業界をリードしている企業』などと話せたら良いですね。

企業側としては、企業研究していることを分かってもらえます。

既卒面接で聞かれること③:志望動機

既卒面接での自己紹介・自己PRのコツ

先ほどもちらっと記載してしまいましたが、次は既卒面接における自己紹介・自己PRのコツをお伝えしてまいります。

スポンサードリンク

既卒面接における自己紹介のコツ①:笑顔でハキハキ話す

既卒の面接で自己紹介するときのコツは、笑顔でハキハキ話すことです。

話す内容も大切ですが、笑顔で元気よく話している人を見ると、当然ありきたりな内容でも好印象を持ってもらえます。

笑顔で声を出すことができれば面接をスムーズに進めることができるので、自己紹介では普段よりも明るく話すことが大切です。

笑顔で接することで面接官を味方にし、既卒新卒関係なく、面接官に良い印象を残すことを心がけましょう。

既卒面接の自己紹介のコツ①:笑顔でハキハキ話す

既卒面接における自己紹介のコツ②:結論から話す

面接に限らず、結論から話をすることは、どんな局面でも使えるテクニックになります。

面接で自己紹介で大学を卒業してからの過ごし方について話すときも、「居酒屋でもリーダーとして学生の管理をしていました」と結論を話してから、どのような仕事をしていたのか説明すると良いでしょう。

逆に、結論から話さない自己紹介をして不採用が続いている人がいますが、このような人の中には、友人が多くコミュニケーション力があると自信を持っている人もいます。

これらは、大学までの学校生活では使えますが、上司に報告をする機会の多い社会人では、結論から話さなければ「何を言っているか分からない」と注意されるのです。

面接の段階から「結論から話すこと」を意識すれば、社会人になっても使える話し方を手に入れられます。

既卒面接の自己紹介のコツ②:結論から話す

既卒面接の通過率を爆発的に上げる方法

今回は既卒面接で聞かれることや、自己紹介のコツなどテクニック的な部分をお伝えいたしましたが、これらをスキルを一気に向上させる方法があります。

それはズバリ、模擬面接です。

相手に面接官になってもらって事前にされる質問を想定し、本番の面接に余裕を持つことのできる手法ですね。

面接官はもちろん友人でも良いのですが、やはり想定される質問を予想するのは難しいですし、イマイチ本番っぽくならなかったりします。

そこでぜひ利用をおすすめしたいのが、既卒の就活支援に特化した既卒向け就職エージェントで、ここでは就活のプロである専任のキャリアアドバイザーがあなたと1対1のマンツーマンサポートを無料で行ってくれます。

模擬面接だけでなく、履歴書の添削をしてもらえたりするので、選考の通過率は格段に上がります。

既卒の就活は非常に孤立することが多いですが、担当者と二人三脚で活動を進められて精神的にも楽なので、ぜひ騙されたと思って下記をご参考頂ければ幸いです。

既卒向け就活サイト・就活エージェントおすすめを厳選

就職Shopの特徴

利用者数約100,000人突破

既卒生歓迎の求人8,000社以上※"書類選考なし"で直接面接へ

就活のプロが個々の課題に合わせて徹底サポート

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版