リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

転職エージェントで年収アップは可能?交渉して年収UPするコツ

転職して年収アップをするためには転職エージェントに年収交渉を行うことが非常に重要ですが、その際に気をつけるべきコツを元キャリアアドバイザーという立場から伝授致します。

「年収を上げたいなら転職すべきって本当?」
「年収を上げやすい転職活動の方法ってあるの?」

といった疑問を持たれている方や、転職活動を行う上で年収を上げるという目的の優先順位が高い方は、ぜひ今回の内容を頭に入れて転職エージェントの担当者と対峙しましょう。

転職と同時に年収を上げることは実は容易ではない

私がキャリアアドバイザーとして働いていた時も、転職理由の一位・二位を争う理由として、

「今の待遇に満足していない」
「家族ができるので年収を上げたい」

といった相談が非常に多くありました。

参考:転職理由が人間関係だと転職後に後悔する?面接通らない?体験談も

「年収を上げたいなら転職!」といった記事をよく目にすることがあると思いますが、転職と同時に年収を上げることは決して容易なことではありません。

実際に厚生労働省が調査した結果では、転職により年収が上がった転職者は約3割に止まり、残りの7割は年収の変化無し、もしくは年収が減少しているというデータがあります。

 (出展URL「厚生労働省 転職入職者の賃金変動に関する状況」)

転職によって年収を上げることは簡単なことではなく、むしろ年収が上がっている転職者の方が少数派であるという事実をまずは知っておきましょう。

転職エージェントを利用すれば本当に年収が上がる?

転職によって年収を上げることは容易ではない、ということがお分かりいただけたかと思いますが、それではどのように転職活動を進めれば効率的に年収を上げることができるのでしょうか。

下のグラフは、転職エージェントを利用した転職者の賃金の変動を表したグラフです

(出典:リクルートエージェント「転職者の年収の増減データ」)

一般的な転職活動では年収が上がった転職者は約3割に止まりましたが、このように、転職エージェントを利用した転職では6割以上が転職により年収を上げることに成功していることが分かります。

転職エージェントは一般には公開していない「非公開求人」を多数保有しています。

一般に公開されている求人よりも高いスキルを求められることがほとんどですが、そのスキルと一致した場合は転職者が有利に年収交渉を進めることが可能になります。

また、キャリアアドバイザーは転職者の「魅力」を見つけ出すプロですので、第三者から企業に対してあなたの「魅力」を伝えることにより、年収アップに繋がる近道となります。

転職エージェントと年収(給料)交渉を行う前に準備すべきこと

では次に、担当のキャリアアドバイザーに年収交渉を持ちかけるに際し、行っておくべき準備についてお伝えして参ります。

転職して「年収アップ」を叶えたいことを伝える

まずは、キャリアアドバイザーへ単刀直入に、転職による「年収アップ」を希望していることを伝えておきましょう。

年収アップに限ったことではありませんが、「転職で叶えたい希望」を伝えることは非常に重要です。

キャリアカウンセリングを行った後にあなたに合った求人をご紹介することになりますが、年収アップの希望がキャリアアドバイザーに伝わっていない状況では、必ずしも年収が上がる求人を提案されるとは限りません。

また、選考が進んだ後の年収交渉に関しても、事前に年収アップの希望を伝えておけば、キャリアアドバイザーがあなたに代わってスムーズに年収交渉を行なってくれます。

しかし、内定が出た後に実は・・・と年収交渉を行おうとすると、企業に対しての印象が悪くなり、実際に内定自体が取り消しになったケースもありましたので、早めに年収アップの希望を伝えておくことが大切です。

具体的な希望年収を伝える

一概に「年収アップ」といってもあなたの考える具体的な金額はキャリアアドバイザーには分かりません。

そこで、キャリアアドバイザーとのカウンセリングでは具体的な希望金額を伝えることをおすすめします。

例として、

「○○○万円まで上げられたら嬉しい」
「これが叶えられるなら○○○万円まで考えられる」
…etc

他の希望条件を加味して最低金額と希望金額までを用意しておくと良いでしょう。

ここでキャリアアドバイザーとあなたの考えを共有することで、よりあなたに合った適切な求人情報を紹介してもらえることになるでしょう。

私がキャリアアドバイザーとして働いていた時にも、全ての求職者の方に必ず聞いていたポイントでもあります。

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

根拠となる理由を用意しておく

ここまでは「希望」について用意しておくと良い、ということをお伝えしてきましたが、前述の通り転職によって年収を上げることは容易なことではありません。

転職エージェントを利用してもそれは変わることはありません。

あなたは現在の年収が適切ではないと思うから、転職による年収アップを希望しているかと思います。

それでは、その根拠は何でしょうか。

自分にどんな経験やスキルがあり、どんな貢献ができるかを具体的に話し、その根拠を伝えます。

キャリアアドバイザーはその情報から、あなたのスキルや経験を求めている企業を探し、年収アップを叶えられるようにサポートしてくれることでしょう。

転職エージェントへの年収交渉の4つのコツ

ではここからは、年収交渉を行う際に更に細かいコツについて4つお伝えして参ります。

転職活動を通して年収UPを行うための年収交渉には、大きく分けて、

・切り出すタイミング
・謙虚かつ大胆に
・他社情報をオープンにする
・利用する転職エージェント

上記の4つにコツに分けられます。

年収UP交渉のコツ①:切り出すタイミング

まず一つ目の年収交渉のコツの一つと目としては「切り出すタイミング」が挙げられます。

具体的にどういうことかというと、採用先の企業があなたに興味を持ったタイミングで転職エージェントの担当者に年収UPを切り出すのが、タイミングとしてベストでしょう。

まだ全く採用する気がない、つまり、あなたに興味を持たれていない状態の時に「年収1,000万円欲しいです!」言ってもそれが通る確率は限りなく低いですよね。

恋愛と同じで、相手に興味を持った状態で提案するのとそうでないのとでは、同じことを言っても響く具合が全然変わってきます。

最終面接の前あたりのタイミングで、転職エージェント担当者に年収UPの要望を切り出すのがベストでしょう。

年収UP交渉のコツ②:謙虚かつ大胆に

そして2つ目の転職エージェントに年収交渉するコツは「謙虚かつ大胆に」という考え方です。

スポンサードリンク

これだけ聞くとなんのことか全くイメージしにくいかと思いますが、もっと具体的に言えば、

・姿勢→謙虚に
・アピール→大胆に

という2つの要素に切り分けることができます。

たとえば、あなたが今いる会社で「どんな実績を挙げてきたのか」という部分さえきちんと明確にして整理し、採用先企業の面接官に伝えることができれば、それは採用する側からすると当然好印象ですよね。

本来であればそれで十分、あなたの魅力は採用先企業に伝わる筈ですが、ここで重要なのは“姿勢はあくまでも謙虚を貫き通す”ということです。

実際に年収UPに成功した転職者の例を聞くと、年収UPに応じた採用面接官はこの2つの要素を兼ね揃えた求職者に対して、好印象のまま年収UPに応じているパターンが非常に多いです。

ぜひ頭に入れておきましょう。

年収UP交渉のコツ③:他社情報をオープンにする

転職エージェントの担当者に年収UPの交渉を試みる場合、現在年収交渉を行おうと考えている企業とは別の会社の選考状況を担当者にオープンにすることを心がけましょう。

たとえば、あなたが年収を上げたいと考えている企業の提示年収額が450万円だったとして、あなたの希望は年収500万円だったとします。

そのような場合に「仕事の内容も、希望条件もマッチしていて、ぜひ働かせて頂きたいと考えているものの、年収の部分が他社と比較してネックになっている」という部分を伝えさえすれば、受ける側も悪い印象は持ちません。

もちろん虚偽の情報は言語道断ですが、きちんと情報を開示することによって、担当者も「じゃあ手を打ってみましょう」という明確なアクションを取ることができます。

年収UP交渉のコツ④:年収UP率の高い転職エージェントを活用する

そして4つめのコツとしては「転職先企業に対して、上手に年収UPの交渉を行える転職エージェントを利用する」ということが挙げられます。

転職エージェントの数はごまんとありますが、実はそのエージェントによって年収交渉が上手いところとそうでないところは分けられるんですね。

同じような交渉をしたとしても、どの転職エージェントを使うかでその成功率と実際の年収UP額は変わってきます。

年収アップに強いおすすめの転職エージェントは?

今回お伝えした4つの年収UP交渉に共通していますが、年収UPのための交渉は、自信を持って行うことが大切です。

そのためにも、2番目のコツでお伝えした「謙虚かつ大胆に」という姿勢を忘れずに担当者に相談してみましょう。

もし現在、既に年収交渉は行っているものの、中々上手く行っていないという場合は利用するエージェントを変えてみるのも一つの手です。

年収UP交渉に強いエージェントかそうでないかは、採用先企業への影響力も非常に重要ですので、妥協せずにやれることは全部やりましょう。

年収アップに強いおすすめの転職エージェントはリクルートエージェントで、数ある転職エージェントの中でも特に年収アップの転職に強いとされています。

前述の通り、年収アップの実現には「非公開求人」への応募が有利ですが、リクルートエージェントは全求人案件の内8割が一般公開されていない非公開求人で、その数は10万社を超えます。

非公開求人が多いということはすなわち、年収アップに期待できる会社の保有数が多いということになりますので、ぜひ転職して年収を上げるためには利用してみることをオススメします。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数170,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

転職エージェントおすすめランキング!1000人の評判比較

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版