リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

転職エージェントで希望の求人がこない・質が悪い理由と対処法

既に転職エージェントに登録していて、

希望通りの求人が紹介されない

紹介される求人量は多いけど質が悪い

どこか希望とずれている求人ばかり紹介される

自分が思っているより悪い条件の求人ばかり紹介される

上記のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

転職活動において希望の条件を叶えられる転職先を見つけたいのであれば、転職エージェントの活用は欠かせません。

しかし上記のような悩みを抱えている場合、そのままにしていては転職活動も思うようにはかどらずいつまで経っても希望の転職先へ転職することはできません。

今回は元キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援してきた経験から、希望通りの求人がこない理由とその対処方法について詳しく解説していきます。

転職エージェントから希望通りの求人が来ない理由

転職エージェントから希望通りの求人が紹介されない理由、紹介されたとしても質が悪い理由については以下4つが考えられます。

理由①:選考に受からないと思われている

転職エージェントのビジネスとは、求職者に合った転職先を紹介し、転職を成功させる(=入社が決まる)ことで初めて企業から報酬を得られる仕組みで運営されています。

そのため、厳しい現実ではありますが、あなたのキャリアやスペックが、あなたが希望する求人のレベルに達していない場合には、エージェント側が報酬を得られる可能性が低いために希望の求人を紹介してもらえないケースがあります。

▼転職エージェントのビジネスモデル
(※「リクルートエージェント」例)

エージェントによっても基準はさまざまですが、まずエージェント内で「企業に推薦できるかどうか」の選考が行われた後、その選考に通過した求職者のみが、求人の紹介を受けることができるようなエージェントもあります。

そのため、もし仮に「選考に受からないと思われている」ことから希望の求人が紹介されないという理由に心当たりがある場合「直接応募」を検討してみましょう。

直接応募であればエージェントを経由しないため誰でもエントリーすることができるので、企業の採用担当者にあなたの応募書類を見てもらうことが可能になります。

関連:転職エージェント経由と直接応募はどっちが選考に受かりやすい?

その後の選考結果については、あなたのキャリア・スキルや採用担当者の判断で決まってきますので一概には言えませんが、エントリー段階のハードルは転職エージェントを介して応募するよりも、自己応募の方が低いと断定できます。

理由②:希望通りの求人を取り扱っていない

そもそもあなたが希望とする求人を利用しているエージェントが取り扱っていない場合も、希望通りの求人の紹介を受けることができません。

いずれの転職エージェントも、取り扱っている求人の8割程度が一般には公開していない“非公開求人”になりますので、登録前に見ることができる求人は取り扱い求人の2割程度。

ほとんどの求人は登録後でないと目にすることすらできないのです。

求人数重視の転職エージェントおすすめランキング

ホームページ上に掲載されている“取引企業”はあくまでも実績のある企業情報になりますので、登録したタイミングによっては、

・希望している求人の取り扱いが終了してしまっている
・そもそも希望に一致する求人を取り扱っていない
…etc

上記のようなアンマッチが起こってしまう可能性があります。

この場合に一番有効な方法としては、求人量の多い転職エージェントを2〜3社並行して利用することです。

複数のエージェントに依頼している企業もあれば、特定のエージェントのみに独占的に採用の依頼を行っている企業もありますので、ぜひ2~3社のエージェントに登録してみましょう。

参考:転職エージェントはいくつ併用がベスト?複数掛け持ちは伝えるべき?

取り扱い求人の多いエージェントに登録するということは、それだけあなたの希望通りの求人に出会える可能性が高くなりますので、結果的に転職活動を効率的に進めることができます。

理由③:決まりやすい求人から紹介される

①の理由でお伝えした通り、エージェントは求職者の入社が確定したタイミングで初めて報酬を得られる仕組みのため、希望条件の一部を満たした「転職しやすい(内定が出やすい)求人」を優先的に紹介してくるケースがあります。

例えば、業界は希望と一致しているけど職種が違う、職種や働き方は希望と一致しているけど業界が違う、というように求職者の希望を考慮しつつもどこかずれている求人を紹介されるパターンです。

もっと具体的に言うと、企画職は募集人数が少ないけど、営業職は募集人数が多く”決まりやすい”ため、営業職を紹介されるパターン。

このケースは転職を急いでいる人にとってはメリットともいえるかもしれませんが、エージェントの言いなりになる必要はありません。

そのため担当のキャリアアドバイザーに、

・どこが希望と違うのか
・どういう理由からその条件を希望しているのか

をきちんと伝えるようにしましょう。

あなたの意思がきちんと伝われば、ハードルが高くても希望通りの求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

親身さがウリ!面談満足度の高い優良おすすめ転職エージェント

理由④:自分の市場価値を分かっていない

最後に非常に厳しいことをお伝えしますが、あなた自身が自分の“市場価値”を分かっていない場合も、希望通りの紹介を受けることが難しくなります。

①~③でお伝えしてきた理由はいずれも転職エージェント側の理由でしたが、これはあなた自身の問題になります。

転職を考える時は誰しも「今より良い条件で転職したい」と考えるものですが、あなたの考えるその条件が、実際にあなたが転職できる条件であるとは限らないのです。

キャリアアドバイザーが紹介してくれる求人こそ、まさにあなたの市場価値が反映された「適正な求人」であるという見方もできます。

転職市場におけるあなたの市場価値は、ひとつの指標から判断できるものではなく、年齢・スキル・経験・実績など、あらゆる職務経験を総合的に判断した結果から出るものです。

転職市場分析ツールMIIDAS(ミーダス)評判口コミまとめ

ある人にとっては嬉しい誤算、ある人にとっては冷酷でシビアな結果になるかもしれませんが、自分の市場価値を把握するためにも、キャリアアドバイザーから紹介される求人案件にしっかりと目を通してみましょう。

この場合は、一度自分自身の「希望の条件」を見つめ直し、場合によっては条件を下方修正する必要もあります。

まとめ

転職エージェントはあなた自身で転職サイトやハローワークなどから求人を探す代わりにエージェントが代行して求人を探してくれる非常に便利な転職支援サービスです。

しかし代行してもらうリスクとして、あなたが希望としている業界や職種が正しくキャリアアドバイザーに伝わっておらず、今回ご紹介したような希望通りではない求人が紹介されてしまう場合もあります。

ぜひ今回の4つの理由について該当しないかチェックして、希望通りで質の高い求人を紹介してもらえるように図らいましょう。

もし何度か伝えているにもかかわらず希望の求人が紹介されない場合は、別の転職エージェントも利用するなどして打開策を実践してみてくださいね。

転職エージェントのサポート期間を大手7社厳選して比較

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター向け転職エージェントおすすめランキング!UZUZは?

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する