リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

転職エージェントに登録できない・断られる理由と適切な対処法

転職エージェントに登録したくても断られた経験のある方もいるのではないでしょうか?

登録できない・断られる理由にはいくつかありますが、適切な対処法を知ればどなたでも転職エージェントに登録することができるようになりますよ。

転職活動を進める方法には、「転職サイトで求人を探しながら自分で応募する方法」「転職エージェントを利用する方法」の2つが挙げられます。

自力で転職活動を進めるのも良いですが、転職エージェントを利用する方がより早く転職が決まるため、こちらを選択する方が多いと思います。

今回は転職エージェントに登録できない理由と適切な対処法についてお話ししていきますので、今まで転職エージェントに断られてきた方でも登録できること間違いなしです。

私自身も断られた経験がありますが、今回エージェントに断られた理由を知ることで、どうするのが正解だったのかがわかるようになりました。

みなさんも今回の記事を参考に、転職エージェントに断られない方法を学んでくださいね。

転職エージェントに登録できない・断られる理由と対処法

それでは早速、転職エージェントに登録できない・断られる理由と適切な対処法について見て行きましょう。

理由①:紹介できる企業がない

転職エージェントに登録すると、面接の練習や履歴書・職務経歴書の書き方についてアドバイスをしてくれますが、みなさんが一番期待するサポートは企業の紹介ではないでしょうか?

転職エージェントはさまざまな企業の求人情報を有しており、企業側に優秀な人材を紹介することで報酬を得ています。

そのため、企業が求めるレベルに達していない人には、求人を紹介することはありません。

具体的には、パイロットや医師、美容師といった特殊な資格の職業の方、企業や転職エージェントの求める対象年齢から外れている方の登録を断るケースが多いです。

大手企業の場合、特に登録を断る傾向が強いのですが、働きたい業界に特化している転職エージェントや幅広い世代の方を受け入れているような転職エージェントでは登録を断られることはありません。

【業界・職種別】おすすめ転職エージェント一覧

ただ単に大手の転職エージェントだからという理由だけで選ぶのではなく、きちんとあなたに合った転職エージェントを見つけることが断られるリスクを低くするために大切だと言えるでしょう。

理由②:勤務期間が短い人や短期間に転職を繰り返している

一つの会社での勤務期間が短い人や短期間に転職を繰り返している人は、登録を断られるケースが多くあります。

企業側も長期間働いてくれる人材を必要としているため、上記のような人は「採用してもまたすぐ会社を辞めるのではないか?」と敬遠されがちです。

また、転職エージェントは企業から報酬をもらうことで成り立っているので、採用の可能性が低い人は登録を断られてしまいますよ。

では、登録を断られないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

それは、登録のハードルが低い転職エージェント選ぶことです。

大手のエージェントの中には、年収や経歴、スキルなど高いハードルを設定しているところもあるので、こういったところは避け、未経験やフリーター、第二新卒歓迎の転職エージェントを選びましょう。

フリーター就職に強いおすすめ就職エージェント

第二新卒向けの転職エージェントランキングTOP3

一つのエージェントだけではなく複数のエージェントに登録することで、より登録の可能性が高まるためいろいろなところに登録してみてくださいね。

理由③:スキルや経歴が求められる基準に達していない

先ほどお話ししたように、転職エージェントにはある程度のスキルや経歴がないと登録を断られることがあります。

たとえば、マイナビエージェント、パソナキャリアといった大手転職エージェントは基準の厳しいところとしてよく知られており、TOEIC700点以上、年収500万以上の方でないと登録を断られてしまうケースもあります。

参考:マイナビエージェントに断られた!なぜ?断られた時の対処法

特に専門職の求人が多いパソナキャリアでは、なんらかのスキルを持っていない人だとあっさり登録を拒否されてしまうため、注意しなければいけません。

参考:パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

基準を満たすだけの条件は自分の努力で今すぐクリアできるようなものではないため、なるべく早く転職したい方は上記サイトでの登録を諦め、自分に合った転職エージェントを選ぶのも大切でしょう。

少し記入が大変かもしれませんが、複数の転職エージェントに登録し、あなたを受け入れてくれるところを見つける努力が求められています。

理由④:すぐに転職する意思のない人

転職エージェントでは登録の際に、転職の時期に関する質問が用意されている場合があります。

このとき、「まだ転職を具体的に考えていない」というような回答をしてしまうと、登録を断られてしまうケースがあるのです。

しかも転職のサポート期間は半年程度に定められているところが多く、この期間を過ぎたのに転職先が決まらない場合は継続した支援を受けづらくなってしまいます。

「無料だし、とりあえず相談してみようかな。」程度の軽い気持ちで登録してしまうと、本当にサポートを受けたいときに受けられなくなってしまうので注意が必要です。

ちなみに一般的に転職する3ヶ月前くらいに登録される方が多いため、転職の決意が固まってから登録した方が断られる確率がぐっと減りますよ。

もし、すぐに転職する気がなかったり、ただ情報だけ集めたかったりする場合は、転職エージェントではなく転職サイトを利用してみることをおすすめします。

転職サイトなら求人検索も自分でできますし、転職に関するノウハウも得られますよ。

気に入った求人があれば自分で応募することもできるので、まだ転職に対して迷いがある方はリクナビNEXTのような転職サイトの利用も検討してみてください。

理由⑤:紹介できる求人数が少ない

転職エージェントには常にたくさんの求人があるように感じますが、実はそうではありません。

時期やタイミングによっては保有する求人数が不足していることもありますし、求人内容に偏りがあったり求職者のキャリアやスキルに応じた案件を用意できなかったりすることもあるのです。

このような場合は、あなたに非はありませんから、登録を断られても落ち込む必要はないですよ。

むしろ失敗を恐れずに、どんどん色々な転職エージェントに登録してみましょう。

ある転職エージェントでは紹介できる求人がなくとも他の転職エージェントでは非公開求人や独占求人を多く有しているということもあるため、「求人が不足している」という理由で断られた方は、1社に絞らず複数のところに登録することをおすすめします。

複数登録したからといって、転職活動が不利に働いたり、サポートの質に差が出たりするわけではないので、安心して色々な転職エージェントを利用してくださいね。

【迷ったらココ!】求人数重視のおすすめ転職エージェント

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター向け転職エージェントおすすめランキング!UZUZは?

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する