リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

面接に受からない!もう嫌!なぜ?落とされる理由と正しい対処法

「転職・就職の面接に全然受からない!もう嫌!」と嘆くあなたに、なぜ落とされるのかの理由と対処法について解説して参ります。

転職活動において「書類選考は通るのに、毎回面接で落とされる・・・」と悩んでいるのはあなただけではなく、転職活動で悩んでいる人の中で2人に1人は「面接で落とされる」ことについて悩んでいます。

毎回面接で落とされてしまう人には、大きく分けて3つの特徴があります。

今までの自分を見直すことができれば、あなたの面接をブラッシュアップすることができ、希望とする転職を成功させられる可能性を高めることができます。

次の面接こそ成功させたい!と考える人はぜひこの記事を最後まで読み、参考にしてみてくださいね。

面接に受からない!もう嫌!という人が続出

面接に受からず悩んでいる人は実はとても多いことには理由があります。

なぜかというと、中途採用は退職者の補充もしくは事業拡大の時に行われることがほとんどですので、募集人数は1人~数人という少人数になります。

その少ない枠に対して多数の応募者の中から1人を選ぶことになりますので、ほとんどの人が面接で落とされることになるんですね。

ですので、下記のように「面接に受からない!もう嫌!」と悩んでいる方は少なくありません。

特に誰もが知っているような大手企業であれば、多数の応募者の中から数人の採用枠の取り合いとなりますので、通る確率はさらに少なくなってしまうのです。

関連:【20代の転職】大手の面接や書類選考に受からない時の対処法

何社落ちたら「受からない」と嘆いて良いのか?

大手転職サイトリクナビNEXTが行ったアンケート調査では、転職成功者の平均応募数は7.5社、面接を受けた企業は3.4社、内定が出たのは一人あたり1.4社となりました。

この結果から、3~4社の面接を受けて1社受かれば平均以上の成功率と言えますので、あなたが面接を受けた企業が4社以下の場合は、「受からない」と嘆く必要は全くありません。

アンケートの平均では、応募した企業のうち約5割が書類選考を通過していますが、もしも書類通過率が平均を下回るようであれば、目安よりも応募する社数を増やすと良いでしょう。

関連:転職の書類選考が通らない!書類選考が通過しやすくなる方法

面接に受からない人の特徴&対処法まとめ

ではここからは、冒頭でお伝えしたように転職活動の面接で受からない人の特徴と対処法について3つに分けてお伝えして参ります。

面接で落とされる理由を明確化し正しい対処法を実践することで、面接通過率を上げることに役立てて頂ければ幸いです。

特徴&対処法①:第一印象が良くない

第一印象は、話し方・見た目・ビジネスマナーなど社会人としての基本的なことができているかどうかで決まります。

書類選考に通過した時点で経験やスキルは募集ニーズをクリアしていますので、面接では「職場の人間とうまくやっていけそうかどうか」「仕事に対する意欲が感じられるか」など、あなたのパーソナリティな部分をチェックします。

採用担当者はあなただけではなく数十人の候補者を面接するわけですから、その一人ひとりの会話の内容を覚えていることは難しく「第一印象」が判断基準となるのは当然ですよね。

第一印象は誰でもすぐに改善できるポイントでもありますので、今日から早速改善できるように取り組みましょう。

改善ポイントは以下の3つです。

見た目

スーツがヨレていたり、シャツにシワが入っていたりしませんか?

あなたが女性の場合は、ヘアカラーやメイクが濃くなっていないかどうかもチェックしましょう。

参考:転職活動におけるスーツの色を男性・女性別に画像で徹底解説

話し方

自信を持っていつもより気持ちゆっくり・はっきり話すようにしましょう。

面接官の話すスピードに合わせるのも効果的です。

ビジネスマナー

入室の仕方、座るタイミングや書類の渡し方、など基本的なビジネスマナーが間違っていないか確認しましょう。

意外とできていないことが多いポイントです。

特徴&対処法②:コミュニケーション能力に問題がある

どんな職種でも人とのコミュニケーションは必要不可欠ですので、コミュニケーション能力があるかどうかということは面接の合否を左右する非常に重要なポイントです。

具体的には、以下3つについて問題が無いかチェックし、改善していきましょう。

自分では分かりにくいことですので、職場の人や友人など信頼できる人に聞いてみるのもいいですね。

会話のキャッチボールができていない

「会話」とは「話し合うこと」を意味しています。

「話し合う」とは一方的な投げ掛けではなく、お互いに質問をし合ったり同じぐらいの文章量で回答したり、相手とペースを合わせて行うものです。

面接だからといって「一問一答」にならないように”キャッチボール”を意識して受け答えを行いましょう。

話しが分かりくい

必要以上に話しが長かったり、言っていることがめちゃくちゃだったり、具体性が無い話が続くと、聞き手は「この人の話は分かりにくい」と感じます。

要点を簡潔に伝えられるように、事前に伝えたいことを整理しておきましょう。

目を見て話さない

緊張して目を見られないという人もいると思いますが、普段以上に意識して相手の目を見るようにしましょう。

それだけで堂々としているように見えますし、話しの説得力が上がります。

特徴&対処法③:事前準備が不足している

面接を通過できるかどうかは「事前準備で8割が決まる」と言われています。

マニュアル通りのその場を取り繕った言葉では面接官へあなたの熱意を伝えることはできません。

具体的な対処法についてご説明しますので、しっかりと準備して面接に臨みましょう。

志望動機が弱い

曖昧な志望動機では面接を通過することは不可能です。

企業研究を入念に行い、応募企業ごとに「その企業でなければならない理由」を考えてみましょう。

自己分析ができていない

あなたの自己分析は、主観的になっていないでしょうか?

他人に自分をアピールするためには、いかに「客観的に自分を分析できているか」が重要なポイントとなります。

これを機にしっかりと自己分析を行ってみましょう。

アピールポイントがずれている

募集ニーズをしっかりと確認していないがために、募集ニーズとずれている経験やスキルについてアピールしてしまっているパターンです。

特に、今までいくつもの業務を行ってきた場合は、募集ニーズをくまなく確認して、ニーズに合う経験やスキルを事前に整理しておきましょう。

充分な面接準備を行うには?

「面接の合否は8割準備で決まる」とは前述した通りですが、では十分な面接の準備を行うためにはどうすれば良いのでしょうか?

もちろん、事前に受ける会社の企業研究を行ったり、志望動機を考えておくことは基本中の基本ですが、それだけでは独りよがりな面接準備になってしまいかねません。

ではおすすめの方法は何かと言うと、転職エージェントの面接対策を活用して受ける企業の面接準備を行っておくということです。

転職エージェントでは、面接のノウハウやコツを担当のキャリアアドバイザーから指導してもらったり、本番でされるであろう質問を想定した模擬面接を行ってくれるエージェントもあります。

面接対策に強いおすすめ転職エージェントを活用して、ぜひ充分な面接準備を行い自信満々で楽しみながら面接を乗り切っていきましょう。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキングTOP10

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する