リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

【27歳の転職】2回目・3回目の転職回数は多すぎ?何回まで?

27歳で2回目、3回目の転職をしても良いのか悩んでいませんか?

転職市場の実情とキャリアアドバイザーとしての経験から、転職回数が増えることで転職活動へ与える影響と、転職回数が多くても転職を成功させられるポイントをご紹介します。

転職することが普通と考えられるようになった現代では、20代で転職を経験することは決して珍しいことではありません。

27歳で2回、3回と転職を重ねることは不利にならなのか?世間からはどう見られるのか?気になる方はぜひご参考下さい。

27歳の平均転職回数

27歳の平均転職回数は他の世代と比べてどのくらいなのか、まずは最新の調査結果を元にご説明します。

※2017年1月~6月までに新規会員登録を行ったリクナビNEXTの会員データより

20代では76%の人が転職経験無し、転職経験のある24%のうち16%が1回、2回以上の転職経験がある人は全体の8%になります。

世代が上がるごとに転職回数は上がりますが、20代では転職経験が無い人が過半数、あっても1回という人がほとんどで、2回目・3回目になると「多い」と見られることが分かると思います。

27歳で転職回数「2回目」は多すぎる?

大手転職エージェントDODAが行った調査によると、転職回数0回の転職成功率を100%とした場合、転職回数1回経験者(これから2回目)の成功率は97.5%

つまり、2回目の転職による影響はほぼ「ない」と言えます。

▼2回目の転職まではギリギリセーフ

私がキャリアアドバイザーとして働いていた時も「1回の転職経験までは問題ない」と考えている企業がほとんどで、書類選考や面接に影響が出ることはありませんでした。

よって、転職活動は「1回目」の転職とさほど変わらずに行うことができます。

しかし2回目の転職活動となると「次こそは長く働きたい」と考えて転職活動を行う人が多いと思いますので、企業選びは1回目以上に慎重に行うように気を付けましょう。

関連:【27歳の転職】未経験職種への転職は可能?資格なしでいける?

27歳で転職回数「3回目」は多すぎる?

同じく大手転職エージェントDODAが行った調査の結果、転職回数2回経験者(これから3回目)の転職成功率は46.6%と半減することが分かりました。

2回目と3回目ではこれだけ大きな差が出てしまうのです。

転職が不利になる理由としては、

「入社後の離職への懸念」
「スキル不足への懸念」

上記が2回目の転職よりも3回目の転職者の方が一気に上がることが考えられます。

関連:転職の書類選考が通らない理由と対処法!通過率と結果連絡までの期間は?

27歳で3回目の転職者の戦い方

コストを掛けて採用する以上、企業の採用担当者は「よりスキルがあり、長く働いてくれる人を採用したい」と考えるのは当然のことですよね。

しかし、それよりも27歳で経験を積んだ中途採用者に一番に求めるものは「実務経験」です。

ですので転職経験が2回以上ある場合は、理解を得られる転職理由と共に実務経験の豊富さを的確に伝えることで、採用担当者の懸念を払拭し3回目の転職成功率を上げることができるでしょう。

2回、3回と転職経験を重ねると一気に転職活動に不利な影響が出てしまいますので、「もう一度転職したい」と思った理由を十分に整理し、在職中に落ち着いて転職活動を行うことをおすすめします。

説得力のある転職理由を編み出すには?

説得力のある転職理由を職務経歴書や面接で採用担当者にアピールするためには、一本の筋が通ったキャリアをしっかりと作り込む必要があります。

自分のキャリアを実現するために転職回数を増やさざるを得なかったという理由をきちんと伝えることができれば、転職回数が多かったことを納得してもらいやすいんですね。

キャリアを逆算して仕事をしてきた人は自分自身でこれまでの職歴を棚卸しすることができますが、そうでない人の方が多いと思いますので、そういった人は転職エージェントを活用してこれまでのキャリアを棚卸ししてもらうことをおすすめします。

20代の転職エージェントおすすめランキング【2018年最新】

27歳での転職は絶好のタイミング

27歳という年齢での転職は経験とポテンシャルが期待できるため、採用担当者には非常にウケの良い転職活動を行うには一番適している年齢だと言えます。

転職市場において20代前半では経験不足と考えられ、30代以上はマネジメント経験が求められることが増えてきますので、その間の27歳という年齢は採用側としてはバランスの取れた扱いやすい年齢と考えられているのです。

参考:20代後半の転職活動で必要な全知識を元エージェントが徹底解説

これ以上年齢が上がると転職のハードルは一気に上がることになりますので、既に1回以上の転職経験がある人にとっては27歳で転職しておくことが入りたい企業に採用されやすい最後のタイミングとも言えます。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキングTOP10

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する