リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

看護師から他職種への転職は失敗する?転職先のおすすめは?

ここでは看護師の皆さんが安心して他職種に転職することができるように、転職事情やおすすめの転職先について紹介していきます。

看護師の中には今の病院を辞めて、もっと働きやすい他業種・職種の職場へ転職したいと考えている方も少なくありません。

関連:看護師を辞めたいと思う理由と対処法!辞めた後は別職種に転職?

病院の仕事はやりがいがありますし、今までの経験を生かせることから転職先に再び病院を選んでしまいがちですが、看護師以外の仕事に目を向けてみるのも大切かもしれませんよ。

「でも今さら、看護師以外の仕事をすることなんてできないよ……。」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

病院以外の現場でもあなたらしく働ける職場はたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

看護師から他職種へ転職する人の割合

職場を辞める看護師に、「新しい転職先はどこなの?」と尋ねると、多くの人は病院やクリニックの名を挙げるはずです。

看護師の資格を取るまでには、厳しい実習や国家試験を乗り越えないといけないため、看護資格を生かせる病院やクリニックに再就職するのは当然の選択ですよね。

しかし、日本看護協会の調査を見ると、「看護師の1割程度は看護師以外の仕事に関心を抱き辞めている」という結果が出ていおり、必ずしも転職先として病院を選んでいるわけではないことがわかります。

▼看護師に向かなかったと感じる人も少なくない
 (出典:看護職員就業状況等実態調査より)

看護師になったからといって、ずっと医療の現場縛り付けられる必要はありませんから、看護師以外の職種に目を向けるのも大切という訳ですね。

看護師から他職種への転職は失敗する?

勤務時間が不規則、仕事に対するストレスが大きいなどの理由から、看護師から他職種への転職を検討する人は少なくありません。

ですが、今まで経験したことのない業界に足を踏み入れるのは不安が大きく、多くの方は悩んだ末に結局、同じ仕事を選んでしまう傾向にあります。

確かに新しいことにチャレンジするというのは不安が大きいものですが、他職種に転職すると規則正しい生活を送れたり、サービス残業をしないで済んだりなどのメリットも多いです。

実際に看護師から他職種へ転職した方のお話を聞いてみると、

・なんといっても夜勤やサービス残業がないのが最高!規則正しい生活をおくることができるようになったので、心身ともに健康になりました。

・家族と一緒の時間が増えました。土日も休みなので子供や夫と一緒に出かける機会が増えたのも良かったです。

といった喜びの言葉が聞こえてきました。

看護師の仕事に疲れ転職を検討している方は、思い切って他職種に転職することも必要と言えるでしょう。

看護師から別職種に転職する時のおすすめ転職先一覧

ではここからは、看護師から別の業種・職種に転職する際に候補として挙げられる具体的なおすすめの転職先をいくつかご紹介いたします。

おすすめ転職先①:ケアマネジャー(別職種)

ケアマネジャーとは、介護や医療サービスを必要としている方が個別性にあったサービスを受けられるように、介護保険制度の中でマネジメントしていく仕事です。

デスクワークが中心ですが、医療・介護業界ということでそこまでギャップを感じずに働けるはずですし、看護師として患者さんと関わってきた経験を活かせます。

「現場で働くのには疲れたけど、看護師の経験を生かしたい」
「土日も休める仕事がしたい」

上記のような転職理由をお持ちの方は、ケアマネジャーを目指すことをオススメします。

ケアマネジャーの資格は合格率21.5%と難関ですが、看護師としての経験が通算5年以上、900日以上あれば資格試験を受けられるのでぜひ挑戦してみてください。

介護系職種への未経験からの転職について興味のある方は、下記記事も併せてご参考にされてみてくださいね。

参考:介護士の転職サイトおすすめTOP5!志望動機や転職理由は?

おすすめ転職先②:MR(医薬情報担当者)

MR(医薬情報担当者)とは、薬についての知識や情報を医療関係者に周知・宣伝する製薬メーカーの営業職のことです。

営業職と看護職は大変かけ離れているような気がしますが、人と接する機会の多い看護師はコミュニケーション能力の高い方が多く営業職に向いています。

さらに看護師として説得力のある商品の売り込みができるため、MRは最適な転職先です。

スポンサードリンク

「今とは違う職種で新しいことにチャレンジしたい!」
「たくさんの人と関わる仕事がしたい!」

上記のように考え、転職を決めたい方にはMRおすすめですよ。

MRになるのに必要な資格はないですが、MR認定資格があると転職活動も有利に進むので、資格取得の勉強をしておくのも良いですね。

関連:女性が転職する時に持っておくと有利な資格おすすめを厳選

おすすめ転職先③:クリニカルスペシャリスト

「看護師の資格を活かしつつ別職種へ転職したい」と考えている方は、医薬品や医療機器メーカーで働くクリニカルスペシャリストを目指してみると良いですね。

クリニカルスペシャリストとは、医療機器や用具の開発補助や販売する職種です。

実際に看護師として医療機器を使ったことがあると、営業先へのデモンストレーションやプレゼンテーションがスムーズに進むため、看護師としての経験やスキルを発揮することができます。

一般企業なので夜勤せずに働けますし、年収は400〜600万程度もあるため、今までと生活水準を変えることなく過ごせるので安心ですね。

人気のある職種ですから、看護師としての経験やスキルをしっかりとアピールし内定を勝ち取ってください。

おすすめ転職先④:事務職(別職種)

医療と全く関係ない職種に転職したい方には一般企業の事務職もおすすめの職種です。

一般企業の仕事であり、パソコンワーク中心のため最初は戸惑うかもしれませんが、看護師として培ってきた観察力やコミュニケーション能力があれば仕事にすぐに順応できます。

看護師は緊急時の対応に慣れているため、慌てずに物事に対処できるので職場でも頼られる存在になれますよ。

残業が少なくカレンダー通りにお休みをもらえるところが多いので、プライベートを重視している方や家族との時間を大切にしたいと考え転職を決意した方には、ぴったりの仕事です。

就職難易度は企業によって異なりますが、簿記の資格を取得し、仕事に対する熱意をアピールすると良いですね。

事務職未経験でなかなか志望動機や転職理由が見つからないという方は、下記記事も参考にされてみてくださいね。

関連:事務職に未経験から転職は難しい?志望動機・転職理由例文は?

看護師として別の職場に転職したい場合

ここまで看護師から別職種へ転職する際のおすすめ転職先について紹介して参りましたが「やっぱり看護師の仕事は好きだから、看護師を続けたい」とお考えになられた方もいると思います。

もし看護師を続けながら別の病院に転職する場合は、「どれだけ良い職場環境で働けるか?」という視点で転職先を選んでいく必要がありますよね。

働きやすい環境を見つける際には、看護師の転職先をまとめた転職サイトの利用は非常に便利なツールですので、ぜひ下記記事も併せてお読みいただければと思います。

看護師の転職サイト人気TOP3!利用するメリットや選び方も!

看護師を続けるにしても、別職種へ転職するにしても、今よりも充実した仕事ライフを送れることを心から応援しています。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター就職に強い就職エージェントおすすめランキングTOP10

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する