リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント
▼転職者実績No.1のリクルートエージェント▼

50代で会社辞めたい・限界と感じた時にまず考えるべきこと

50代であるビジネスパーソンのあなたが「会社辞めたい」「もう限界」と感じたときに、まず考えてほしいことについてお伝え致します。

50代は、職場でも家庭でも重大な責任を担っている年代です。

常にさまざまなストレスやプレッシャーと戦っているため、仕事を続けることに限界を感じ、「今すぐ辞めたい!」「逃げ出したい!」と考えている方もいるのではないでしょうか。

20代や30代の方であれば転職先も決まりやすいので、すぐ辞めてもあまり問題ありません。

しかし50代の方の場合は、行動に移す前に家族やお金、今後の人生についてなど考えなければいけない重要なことがいくつもあることは既に感じられていると思います。

ここでは、辞める前に考えおくべきいくつかのことについてお話ししていくので、現在の仕事に限界を感じている50代の方は参考にしてみてください。

50代ベテランに強いおすすめ転職エージェント

50代で会社を辞めたいと考えているのは一人ではない

会社を辞めたいと考えているのは若い世代の方に多いイメージがありますが、50代でも同じ悩みを抱えている方は大勢います。

事実DODAの調査グラフを見てみると、40代以上の転職成功者数は年々増えており、50代でも会社を辞める人がいることがわかりますね。

出典:https://doda.jp/guide/age/より

このように転職可能な年齢が上昇しているものの、50代の方の転職はまだまだ厳しい現状があります。

会社を辞めたいと思ったら感情に任せて行動するのでは無く、これから先の見通しがきちんと立っているのかを確認し、ご家族からの理解を得た上で会社を辞めることが大切です。

50代で限界で会社を辞めた後の選択肢は2つ

会社を辞めようとしている50代の方が取るべき選択肢は2つあります。

それは、「早期退職」と「転職」です。

早期退職に応じると退職金が割り増しされるというメリットがありますし、転職すれば社会の一員として活躍し続けられます。

それぞれのメリットデメリットをよく理解し、自分に合った選択肢を選んでくださいね。

関連:【50代転職の現実】女性が未経験職種や再就職する時の問題点

50代で実際に会社を辞めた方々の体験談

ではここで、50代の時に会社を実際に辞めた方々の嘘偽りのない生々しい体験談を見て参りましょう。

会社を辞めるという決断に至るまで、その方によって様々な背景があることがわかるかと思います。

●52歳男性の体験談

Q1、退職された理由をできるだけ詳しく教えてください

自分が統括する部門が管理する関係会社で、売り上げ、コスト、利益で不正が発覚した。

内部で調査をしている途中で、ある日関係会社の人間があろうことか誰もいない状態に陥った。

幸い、書類、確証等必要書類はそのままにした状況だったので、会社としてはどう処理すべきか擦った揉んだしたが、不正額を確定する方針とした。

自分を中心に2~3人でその作業にあたることとなった。

書類等の場所さえわからず作業は困難を極めたが、それでも何とか目安がついた時点で、責任をとるべく辞表を提出することなった。

いくら関係会社から過去説明を受けてきたとはいえ、発覚前に不正を見つけることは不可能な状態だったが、誰かが責任をとる必要があり、辞表の提出は致し方なかった。

Q2、退職された後の生活について教えてください

退職後1年くらいは遊んでいたが、そのくらい時間がたつとさすが精神的にも参ってきて、就職先を探しはじめた。

30年近い会社生活はやはり仕事人間となっていると痛感した。

すると、以前の会社の人間から就職先を面倒見る旨連絡がはいり、すてたもんじゃないなと少し精神的にも楽になってきた。

結局ある人の世話になり、就職先を決めたが、待遇面等確認するととても驚くこととなった。

なんと給与を含め前職場とほとんど変わらないどころか良くなっていたので、勿論、断る理由もなく、喜んで就職することとなった。

1年程のブランクも精神的にいい経験となったと思う。

●56歳女性の体験談

Q1、退職された理由をできるだけ詳しく教えてください

母が高齢と病気で急に介護が必要になり、ちちを早くに亡くし、私はひとりっ子で身内は自分ひとりしかいないので、当時のフルタイムの仕事をしながら母の介護をするというのは到底無理だったので、仕事を選ぶか!、母を選ぶか⁉︎という究極の選択に迫られました。

また、職場は橋下改革で、現場はとても忙しく、人員も削減され、自分への負担がどんどん増え、3日連続徹夜や毎夜(朝)3時までが何日も続く日々。

休みなしで働いても仕事が減っていかないという状態で、これ以上仕事を続けていく自分の体力と気力に自信が持てず、ついには体力の限界を感じて、「このままでは仕事に殺されるのでは…」と不安を感じ、退職を決意しました。

Q2、退職された後の生活について教えてください

退職して2年ほどで母が他界し、介護することがなくなりました。

退職後ボランティアをしながらの生活していますが、ボランティアは収入が無く支出が増え、どんどん蓄えが減って、ボランティア貧乏になりそうです。

早期退職で気をつけなければならないことは、年金が入るまでにかかる出費が多く、退職金だけでは不安なことと、年金が出ても当初予測していた金額よりも早期退職で減額になるためかなり支給額は減額されることです。

沢山の貯金や、辞めてからも収入が得られる方はいいですが、そうでないと生活が成り立たなくなりますので、早期退職をお考えの方は熟慮された方がいいと思います。

おかげさまで、ボランティアの方は充実して楽しい日々を送れています。

どこまで続けられるかわかりませんが、「いくつまででも、来れるだけ来てください」と仰ってっていただいてますので、行けるところまでは頑張りたいと思っています。

●53歳男性の体験談

Q1、退職された理由をできるだけ詳しく教えてください

外資系の製造業に勤めておりましたが、勤めて十数年になるところで、会社から早期退職の募集がありました。

理由は、世界的な業績不振ということでした(いわゆる世間で言われる「リストラ」です)。

リストラは国内のみではなく、実施の時期は少しずれていましたが外国も含めた世界的なものでした。

リストラは年齢や勤続年数を満たした社員のうち、希望を募ったものでした。

いわゆる「肩たたき」をされたわけではありませんが、管理職でもあったため、近い将来において、いつ肩たたきをされるのか大変不安であり、今後の会社での自分の立場を考えました。

また、退職時の条件(会社都合で退職金も割り増しなど)も悪くなかったので、応募することとし退職をしました。

Q2、退職された後の生活について教えてください

会社から早期退職の募集については、期間が短く限定されていたため、退職後の就職先を考えずに応募をして退職をしました。

会社都合であったので退職後はある程度の期間、失業手当で補うことができましたが、それも終了してしまうと、退職金を一部株などで運用して配当金などの収入はありますが、現金収入がほとんどなくなりました。

そうなると、貯金を崩して暮らすことになりますが、限りがあるのでやはり就職してみようと探していますが、どうしても50歳を過ぎてからの転職はほとんど職がなく苦労している現在です。

家族がないのが不幸中の幸いだと思っています。

●55歳女性の体験談

Q1、退職された理由をできるだけ詳しく教えてください

それまでも同じ職種で違う職場に転職をしてきましたが、今回は転職というよりも、いったんは退職というつもりで退職をしました。

退職の理由の第一は、家庭の事情です。

わけあって、夫とは別居し、子どもたち夫婦と一緒に住むことにし、子どもたち夫婦の仕事を手伝うことにしていて、その場所が他府県だったため、退職をすることにしました。

ただ、子どもたち夫婦の仕事を手伝うという選択をしないこともできたと思います。

それをしなかった本当の気持ちは、職場の人間関係に疲れたことや、職場の未来に失望してしまったこと、これから、今まで以上に多くの困難な仕事がまわってくることがわかっていたので、それから逃げ出したかったということもあったかもしれません。

Q2、退職された後の生活について教えてください

退職をしてしばらくの間は、引越しの準備に追われていました。

その引越しの後の片づけがおわったら、子どもたち夫婦の仕事を手伝うことにしましたが、これはなかなか困難が伴いました。

よく話し合いをして手伝うことにしたのですが、やはり、血縁関係のない人が一番の責任者で仕事をしている場で手伝うのはぎくしゃくしてしまい、うまくいきませんでした。

また、自分の判断でいろいろなことをやってきたにも関わらず、年下の血縁関係のない人の指示で働くというのは多大なストレスでした。そのため、その生活もやめてしまい、今はなんらかの社会貢献のできる別な道を考えています。

上記体験談を見てもわかる通り、50代で会社を辞めた方の多くは「やむを得ない何らかの事情があり、致し方なく退職という選択肢を選んだ」ということが分かりますね。

50代で会社を辞めたいと思った時に考えて欲しいこと

では、50代で会社を辞めたいと思った時に考えるべきことについて、ここからはより深掘りしてお伝えして参ります。

考えるべきこと①:「お金」の問題

会社を辞めたいと思ったときに考えなければいけないこととして、まず「お金」の問題が挙げられます。

50代は住宅ローンや教育費、介護費用などとにかくお金がかかりますよね。

その上仕事を辞めてしまうと、医療や年金などの社会保険料も自分で支払わなければいけないのです。

実は社会保険料は会社が半分負担してくれているため、辞めてしまうと全額自費負担となります。

支払う金額が大きくなってしまうので、会社を辞める前にお金のやりくりをどうするのか考えておく必要がありますよ。

仮に転職先が決まったとしても年収が下がることがほとんどですし、早期退職して得たお金もいつかはなくなってしまうので、先の見通しを立ててから会社を辞めるようにしましょう。

関連:【50代転職の現実】給料が上がるケースはほとんどないのか?

考えるべきこと②:「健康」の問題

会社を辞めれば全てが良い方向に向かうとお考えかもしれませんが、健康面に衰えが出るケースもあるので注意が必要です。

会社で働いていると常に新しいことを覚えたり、取引先の人との関わりがあったりなど、緊張感や刺激のある毎日を送ることができます。

しかし、会社を辞めると家族以外の人との関わりがなくなるので、会話や身だしなみに気をつけなくなり、気づかないうちに脳が老化してしまうことのです。

また外出の機会が少なくなったり、社会との関わりが減ったりすることから、うつや引きこもりになる可能性も考えられます。

いくら今の職場を辞めたくても、健康に害を生じてしまっては意味がありません。

会社を辞めた後も今のような健康体を維持できるように、事前に対策を考えておきましょう。

考えるべきこと③:「家族」の問題

50代の方の多くは結婚しており、大学生や高校生のお子さんをお持ちの方やご両親の介護のために同居している方は少なくないです。

働いていればお給料が毎月振り込まれるため、子供の学費や塾代、親の介護費用、住宅ローンなど問題なく払えます。

しかし会社を辞めると、これらの支払いが今までと同じようにできなくなるので、進学を諦めさせたり、妻に仕事を増やしてもらったりなど家族に何らかの我慢を強いることになるでしょう。

自分のせいで家族に不自由な思いをさせてしまうのは辛いことですし、その状態が続くと家庭崩壊という最悪の結末を招きかねません。

今と同じような家族関係を続けていてもきたい方は、仕事を辞めることが本当に最善策なのかもう一度考えてみてください。

会社を辞める前にもう一度踏みとどまれないか考えるべき

50代の方が会社を辞めるのは、はっきり言ってリスクが大きく、良い影響はあまりないのでもう一度踏みとどまれないかを考えてみる必要があります。

退職後に転職を考えている方もいるでしょうが、50代の方を積極的に採用する企業は少ないです。

仮に採用されたとしても、今と同じ条件の会社はほとんどなく、年収ダウンを覚悟する必要がありますよ。

また退職金の増額目当てで、早期退職制度を利用する方もいますよね。

たしかに早期退職することで退職金は多くもらえますが、50代は支出が多い年代なので、思ったより早く退職金が無くなってしまうこともめずらしくありません。

いずれにせよ、「50代で会社を辞める=今までと同じ生活は送れない」ということを理解する必要があります。

50代になってから生活水準を引き下げるのは本当に難しいことなので、今の生活を捨てでも会社を辞めたいのかじっくり考えてみてください。

もしそれでも、どうしても会社を辞めて転職する必要があると感じるのならば、転職エージェントの力を借りながら転職活動することをおすすめします。

50代ベテランに強いおすすめ転職エージェント

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

フリーター向け就職エージェントおすすめランキングTOP10

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

就職Shopの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』評判口コミまとめ決定版