リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

リクルートエージェント

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人を取材

リクルートエージェントvsマイナビエージェントの違いを徹底比較

リクルートエージェントとマイナビエージェントの違いを、転職エージェントを選ぶ上で重要な複数の視点から徹底比較いたしました。

比較した項目としては、

・取り扱い求人
・キャリアアドバイザー
・書類選考通過率
・面接通過率
・年収アップ率
・サポート期間
・面談場所の拠点数
・両エージェント利用者の口コミ評判

大きく分けて上記項目を軸に比較しています。

取り扱い求人数は紹介してもらえる会社の絶対数に影響していますし、面談場所も直接面談を受けられるかどうかに影響するので、転職エージェントを選ぶ上で非常に重要なポイントです。

また、転職エージェントを利用する上で「書類選考通過率」「面接通過率」も極めて重要な数値で、同じ会社の選考を受けて内定を貰えるかどうかに大きく影響します。

リクルートエージェントとマイナビエージェント両方利用経験のある方の口コミ評判も紹介いたしますので、どちらのエージェントを利用しようかお考えの方はぜひご参考下さい。

リクルートエージェントとDODAの書類選考通過率比較はコチラ

リクルートエージェントとDODAの面接通過率比較はコチラ

リクルートエージェントとマイナビエージェントの最も大きな違い

リクルートエージェントとマイナビエージェントの最も大きな違いですが、両エージェントはそもそも大前提として、転職者を支援するスタンスが異なります。

具体的にどう違うのかというと、以下のようなイメージです。

リクルートエージェント
大量の求人を紹介して求職者とマッチングさせる(=大量求人紹介型)
マイナビエージェント
厳選した求人を紹介して少ない求人数でマッチングさせる(=厳選求人紹介型)

転職エージェントとしての仕組みは同じですが、リクルートエージェントとマイナビエージェントは「転職者と紹介する企業をどう結びつけるのか」というそもそもの方針が違うんですね。

リクルートエージェントは業界規模、実績共にトップクラスの総合型エージェントのため、業界・業種に捉われない多くの求人を取り扱っており、より多くの求人を見てから応募先企業を決めることができます。

また、リクルートエージェントは主要都市だけではなく全国各地に拠点を構えているため、地方都市で転職エージェントを利用した転職活動を行うことも可能です。

求人を紹介する量で言えば言わずもがなリクルートエージェントの方が圧倒的ですが、マイナビエージェントは求人を紹介する段階で受かる可能性の低いものは除外して厳選して求人を持ってきてくれます。

マイナビエージェントは丁寧な対応やキャリアアドバイザーの質の良さに定評があり、第二新卒や若手の転職支援も得意としていますので、初めての転職活動で求人の量や質よりもサポート体制を重視したい人におすすめです。

リクルートエージェントの評判口コミ!1000人に面談と求人の質を取材

マイナビエージェントの評判口コミ!1000人に面談や求人の質を取材

そのため用途に合わせてリクルートエージェントとマイナビエージェントどちらを利用するか決めるべきなのですが、結論としては2社を併用するのが理想だと言えます。

なぜかというと、大量求人紹介型のリクルートエージェントと厳選求人紹介型のマイナビエージェントはそれぞれ良い部分悪い部分があるので、併用することでそれぞれのデメリットを補填し合うことができるんですね。

●大量求人紹介型(リクルートエージェント)

メリット
とにかく数を網羅されているので、色々な企業を受けることができる
デメリット
書類選考でバンバン落とされるので、精神的にきついと感じる人が多い

●厳選求人紹介型(マイナビエージェント)

メリット
書類選考の通過率が高いので行きたい企業があれば面接まで進みやすい
デメリット
紹介される企業の数が少ないので、行きたい企業を見つけられない人多い

リクルートエージェントで書類選考にバンバン落とされても精神的にダメージを受けやすいですし、かといってマイナビエージェントで転職したいと思える企業は存在するのに紹介してもらえないのも嫌ですよね。

そのため、リクルートエージェントとマイナビエージェントを併用してそれぞれの良い部分の恩恵を受けながら、理想の転職先を見つけて転職するのが最も賢い使い方だと私は思います。

どちらも登録は3分で完了します。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント
↓マイナビエージェントの登録はコチラ

リクルートエージェント vs マイナビエージェント!違いを徹底比較

では上記の前提を踏まえて、ここからはリクルートエージェントとマイナビエージェントの各項目の違いについてそれぞれ比較しながら見ていきましょう。

リクルートvsマイナビ①:取り扱い求人数

まずは、リクルートエージェントとマイナビエージェントの取り扱い求人数から比較して参ります。

リクルートエージェント 約200,000件(非公開求人含む)
マイナビエージェント 約30,000件(非公開求人含む)

(※2018年4月現在)

上記数字を見ても分かる通り、公開求人・非公開求人いずれにおいてもリクルートエージェントとマイナビエージェントでは約7倍近くの求人取り扱い数の差があります。

また、業種別に分けて求人を比較してみましょう。

リクルートエージェントは業界圧倒的No.1の規模と実績を誇っているので、その分求人を開拓する営業マンの数も多く、マイナビエージェントから大きく差を開けた結果となりました。

業種ごとに見てみると、リクルートエージェントは「IT・web」業界を筆頭にオールラウンドの業種を取り扱っていることと比較し、マイナビエージェントでは「IT・web」と「メーカー」の取り扱いが圧倒的に多いと言えます。

この求人数を見ても、冒頭でお伝えしたリクルートエージェントが”大量求人紹介型”でマイナビエージェントが”厳選求人紹介型”であることが分かると思います。

↓リクルートエージェントの申し込みはコチラ
リクルートエージェント
↓マイナビエージェントの申し込みはコチラ

ちなみに、業界No.2であるDODAの取り扱い求人数は約100,000件のため、リクルートエージェントはやはり圧倒的地位を築いているということがわかりますね。

関連:リクルートエージェントとDODA(パーソルキャリア)の違いを比較

リクルートvsマイナビ②:キャリアアドバイザー

転職活動の成功を左右すると言っても過言ではない「キャリアアドバイザー」の違いは非常に気になる点ですよね。

リクルートエージェントとマイナビエージェントそれぞれのキャリアアドバイザーの違いについて比較していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数だけではなく登録者数(利用者数)も業界トップを誇る転職エージェントのため、良くも悪くもマニュアル化した対応が徹底されています。

そのため、担当者によるサービスのバラつきが少なく安定したサービスを受けることができるのが強みであり特徴です。

その反面、キャリアアドバイザー一人当たりが担当する求職者数が多いため「本気で活動している」という姿勢を見せないと、マニュアル範囲内での対応に留まる傾向が見られます。

参考:リクルートエージェント利用者1000人の評判口コミを見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントはリクルートエージェントと比較すると求人数も登録者数も少ないですが、その分、登録者一人ひとりに対する対応が丁寧で柔軟性があることが特徴です。

一人のキャリアアドバイザーが担当する求職者数もリクルートエージェントに比べると少ないため、それだけ手厚いサポートを受けることができます。

特に面接対策の丁寧さには定評があり、一社一社に合わせた面接対策を丁寧に行っています。

参考:マイナビエージェント利用者1,000人の評判口コミを見る

リクルートvsマイナビ③:書類選考通過率を比較

続いて書類選考の通過率について、リクルートエージェントとマイナビエージェントを比較してみましょう。

リクルートエージェント 約30%
マイナビエージェント 約25%

リクルートエージェントは、職務経歴書などの選考書類を約3社出して1社面接にまで進み、マイナビエージェントは約4社書類を出して1社面接まで進めるというイメージとなります。

▼エージェントの書類添削は受けるが吉

もちろんタイミングもありますし、受ける企業の書類選考ボーダーによって数字は人それぞれ変わってきますが、やはりリクルートエージェントの方に分があることがわかりますね。

ちなみに、転職エージェントを使わずに転職面接を受けた時の書類選考通過率は約20%と言われているので、いずれにせよエージェントを使った方が書類選考には通りやすくなるでしょう。

↓リクルートエージェントの申し込みはコチラ
リクルートエージェント
↓マイナビエージェントの申し込みはコチラ

リクルートvsマイナビ④:面接選考通過率を徹底比較

続いて、リクルートエージェントとマイナビエージェントの面接通過率を比較して見てみましょう。

面接通過率は「一次面接」と「二次面接以降(※最終面接含む)」に分けて通過率を調査いたしました。

●一次面接通過率

リクルートエージェント 約40〜50%
マイナビエージェント 約30〜40%

二次面接以降(※最終面接含む)

リクルートエージェント 約50%
マイナビエージェント 約50%

上記表を持ても分かる通り、二次面接以降の面接合格率はほぼ同じですが、一次面接においてはリクルートエージェントの方が勝っていることが分かります。

リクルートエージェントは2社受ければ1社は一次面接を通過できることに対し、マイナビエージェントについては3社受けてようやく1社通過できるという計算になりますからね。

ちなみに、転職エージェントを利用しない場合の平均的な面接通過率は約25%と言われているので、いずれにしてもやはりエージェントを利用した方が面接通過率は高くなります。

↓リクルートエージェントの申し込みはコチラ
リクルートエージェント
↓マイナビエージェントの申し込みはコチラ

リクルートvsマイナビ⑤:年収アップ率

転職理由として上位にあがる「年収アップ」について、リクルートエージェントとマイナビエージェントそれぞれどのような差があるのかご紹介します。

具体的な数字は下の図をご覧ください。

上記図表を見ても分かる通り年収アップ額は僅差ではあるものの、年収アップ率・年収アップ額共にマイナビエージェントに軍配が上がりました。

リクルートエージェントは登録者数が多いため、そもそもの転職理由として「年収アップ」以外を目的とする人の人数が多いことに比べ、マイナビエージェントの登録者数のほとんどが「年収アップ」を希望しているため、このような結果が出たことが原因考えられます。

「どのような求人であれば年収アップが期待できるか」というキャリアアドバイザーの丁寧なアドバイスや条件交渉に力を入れているという観点からも、年収アップ率に差が出ている理由言えるでしょう。

リクルートvsマイナビ⑥:サポート期間

登録後のサポート期間はそれぞれのエージェントで異なり、

リクルートエージェント→「3ヶ月」
マイナビエージェント→「無期限」

となっています。

短期集中型の人はリクルートエージェント、じっくり腰を据えて転職活動を行いたい人はマイナビエージェントが適していると言えますが、3ヶ月を過ぎてもリクルートエージェントでサポートを受け続けることは全然可能なので、あくまでも”3ヶ月を目処に”と認識すると良いでしょう。

リクルートvsマイナビ⑦:面談場所の拠点数

最後に、リクルートエージェントとマイナビエージェントの面談場所拠点数について比較して見てみましょう。

リクルートエージェント 札幌、仙台、宇都宮、大宮、千葉、東京(丸の内)、東京(立川)、横浜、静岡、名古屋、大阪、神戸、京都、岡山、広島、福岡
マイナビエージェント 東京(京橋)、大阪、名古屋、福岡

リクルートエージェントが面談場所の拠点を全国に構えていることに対し、マイナビエージェントは東京・大阪・名古屋・福岡のみとなります。

やはりリクルートエージェントは業界No.1の圧倒的な資本を持っているので、その分拠点も多く構えることができる訳ですね。

ちなみに、面談場所のない都道府県でもリクルートエージェントは電話面談でサポートを行っているので、利用してみることをオススメします。

リクルートエージェントの電話面談の評判口コミまとめ

リクルートvsマイナビ⑧:両エージェント利用者の口コミ評判

それでは次に、リクルートエージェントとマイナビエージェントを両方活用した経験のある方々の口コミ評判を見てみましょう。

口コミ評判については、

・どちらのエージェントの方が役に立ったか
・両エージェントを比較して感じた違い

上記2点を中心に紹介して参ります。

●20代女性(面談場所:東京丸の内)

Q、どちらのエージェントの方が役に立ちましたか?

リクルートエージェント

Q、両エージェントを比較した違いを教えてください

リクルートエージェントの方が年配の方だったか、経験豊富なエージェントが対応してくれたので、安心感と信頼性が持てました。

マイナビエージェントは基本的にメールだけのやり取りでしたが、リクルートエージェントはメール以外に電話対応も親切にしてくれた印象があります。

案件を紹介してくれる時に、マイナビは希望の条件に合うものを紹介するのに対し、リクルートは条件+今後転職先でどういう働き方をしたいかという将来像も合わせて聞いてくれ親身になってくれました。

マイナビはエージェント登録したあとアポどりの電話連絡がしつこかったので、度が過ぎると逆に利用したくなくなり、結局メインで利用したのはリクルートエージェントでした。

●20代男性(面談場所:大阪)

Q、どちらのエージェントの方が役に立ちましたか?

リクルートエージェント

Q、両エージェントを比較した違いを教えてください

リクルートエージェントでは転職の手引き等の冊子が貰え、とても役に立ちました。

マイナビエージェントの方はフランクな印象でしたが、その分求人数の紹介頻度が少なかったです。

マイナビエージェントでは時間通りに訪問しても待たされることが多かったですが、リクルートエージェントではアポイントの時間ピッタリに面談を始められるような環境でした。

リクルートエージェントはエージェントのサポート期間が原則三ヶ月と決まっていると最初に説明があったので活動のプランを見通しやすかったのですが、マイナビエージェントではそういった提示がなかったので、リクルートエージェントの方が計画立てて転職活動を行えました。

●20代女性(面談場所:大阪)

Q、どちらのエージェントの方が役に立ちましたか?

マイナビエージェント

Q、両エージェントを比較した違いを教えてください

私はリクルートエージェントよりマイナビエージェントの方が親切・丁寧に感じました。

リクルートエージェントの面談を先に受けたのですが、私は当時、未経験の職種(事務)を希望していたので紹介が難しいことは理解出来るのですが、面談終了後にメールで「該当する案件はありません」と連絡が来てビックリしました。

未経験オッケーの事務職はないのか…と落ち込みましたが、他のエージェントにも登録してみよう!と思い、次に登録したのがマイナビエージェントでした。

未経験だから難しいかもとは言われましたが、色々と企業を見せてくださり、実際面接も受けたりしましたし「事務希望だけどこういう仕事はどうですか?」と提案もしてくださったのでかなり好印象でした。

リクルートエージェントも面談で嫌な態度を取られたらはしなかったのですが、もう少し色々提案したくれたら嬉しかったなぁと思います。

上記口コミ評判を見て頂いてもわかる通り、リクルートエージェントとマイナビエージェント両担当者にどんな対応をしてもらえるかで、両エージェントに抱く印象が変わることがわかります。

転職エージェントの担当者は基本的に変更することも可能ですが、やはり理想は最初についてくれた担当者に転職先が決まるまでサポートしてもらうことですよね。

優秀かつ親身なキャリアアドバイザーが多いという点では、やはりリクルートエージェントの方が勝っているように個人的には感じました。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント

リクルートエージェントとマイナビエージェントどっちかで迷ったら…

今回比較して分かったのは、求人数、書類選考通過率、面接通過率、面談場所全てにおいてリクルートエージェントの方が勝っているということです。

「転職活動でエージェントを使うと決めたら、まずはリクルートエージェント」

と言われているように、マイナビエージェントと迷われているのであれば、とりあえずリクルートエージェントを利用すべきと言えるでしょう。

ただし、担当者によってはマイナビエージェントの方が親身に対応してくれたと感じる人がいるのも事実なので、理想を言うと両方のエージェントに登録して比較するのが一番だと思います。

どれだけ登録しても完全無料ですので、ぜひリクルートエージェントとマイナビエージェント両方を上手く併用しながら、心から臨む職場への転職を成功させて頂ければ幸いです。

リクルートエージェントの特徴

非公開求人数100,000件以上

成功実績NO.1の充実したサポート

業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーの圧倒的サポート

PR

フリーター向け転職エージェントおすすめランキング!UZUZは?

【就職Shop vs DYM就職】口コミ評判!面談や求人の違いは?

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】47都道府県別のおすすめ転職エージェント一覧まとめ【随時更新中】

【業界別・職種・年齢別】おすすめ転職エージェントランキング【随時更新】

【面談満足度No.1】親身さがウリのMAP転職エージェントに取材インタビュー!

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

業界圧倒的No.1実績『リクルートエージェント』の評判口コミ面談場所別まとめ

リクルート運営のNo.1正社員就職支援『就職Shop』で就職について相談する