リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

リクルートエージェントはフリーターや既卒(ニート)でも使える?

20代前半で転職すべき人は?成功した体験談&転職サイトおすすめ

転職エージェントを複数登録するメリット/デメリットと選び方の基準

転職活動において、転職エージェントを複数登録して利用するメリットとデメリット、エージェントの選び方の基準について解説して参ります。

昨今の売り手市場により多くの方が転職を検討しているものと思いますが、今の転職市場において転職エージェントを利用することは求職者の方からすると当然の選択と言えるでしょう。

転職エージェントはCMなどで良く見るようにその規模に関係なく日本には非常に多くの数が存在します。

望む条件を満たす転職先企業を見つけ、その会社の内定をもらうためには、転職エージェントの力は必要不可欠と言えますので、ぜひご参考下さいね。

転職エージェントを使って転職活動を進めるメリットについては下記でも解説していますので、ぜひ併せてご覧いただければと思います。

>>転職エージェントに相談だけはアリ?相談するメリットとコツ

また、女性で転職エージェントの利用を考えられている場合は下記も参考になるかと思います。

>>転職エージェントを女性が活用するメリットと選び方!おすすめは?

■転職エージェントを複数利用するメリット・デメリット

転職エージェントを1つだけに絞らず2社以上の複数を同時に利用することが求職者の方にはメリットが大きいです。

複数利用するメリットは、大きく分けて【求人の数】・【転職エージェントの相対比較】の2つに分けられます。

●メリット①:求人の数

求人の数としては、単純に、転職エージェントによって抱える求人が異なり、複数利用することで幅広い求人を得るチャンスがあります。

転職活動の基本線はいかに多くの求人を転職エージェントから紹介してもらうかが第一ですからね。

ただし、利用するエージェントによっては労働条件の悪い、いわゆる”ブラック企業”を紹介してくる質の悪いエージェントもあるので、そのあたりは見極めることが必要です。

>>転職エージェントのブラック企業求人とホワイト求人の見分け方

●メリット②:エージェントの相対比較

続いて転職エージェントの相対比較ですが、これについても単純で、求職者の方も転職活動を定期的に行うということは想定できないですから、言ってみれば転職活動の素人ですよね。

何が本当か嘘か、このあたりを複数の転職エージェントを利用して認識する材料にすることができるという訳です。

>>転職エージェント登録の流れとメリットを解説!選び方は?

逆にデメリットとしては、求職者の方自身のスケジュール管理など含めた求人の裁きが多くなることですが、これをしっかり対処することができれば、複数利用するデメリットは解消されるでしょう。

■転職エージェントを複数利用するコツと注意点

転職エージェントを複数利用すると言っても、同じタイプの転職エージェントを複数利用しても意味は半減してしまいます。

例えば、

・大手の転職エージェントを同時に2社利用する
・〇〇業界に特化した転職エージェントを同時に2社利用する

というような場合です。

この場合、求人の重複が多く見られますので、求職者の方からすると時間的な無駄が増えてしまいますよね。

そこで、おすすめしたいコツとしては大手の転職エージェントを1社、小規模の転職エージェントを2社~3社程度を複数利用するというやり方です。

これにより、大手の転職エージェントで求人の数を一気に増やし、小規模の転職エージェントで大手が持っていないレアな求人を確保することが可能になります。

もう1つのコツとしては、転職エージェントに必要以上に遠慮しないということです。

求職者の方には、どこまで踏み込んで関わって良いのか分からないという場合もありますが、求職者の方は転職エージェントからすると顧客です。

ただ、大手の転職エージェントは求職者の方を顧客というよりも利益の源と考えることが多いため、余計に踏み込んでストレスを抱えるよりも、大手の転職エージェントに対しては割り切って求人の紹介だけを期待します。

オススメはエージェントで圧倒的な求人を保有するリクルートエージェントですね。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント
踏み込んで関わってほしいのは小規模の転職エージェントで、小規模の転職エージェントは、非常に丁寧な対応をしてくれますので、どんどん踏み込んで関わるようにした方が情報を多く得られます。

オススメは関東・関西圏の方限定となってしまいますが、MAPの転職エージェントで、優秀なキャリアアドバイザーから非常に質の高い面談サポートを受けることができ、一部では非常に評価されています。

↓MAPの転職エージェントの登録はコチラ

■転職エージェントに複数登録していると担当者に伝えるべき?

求職者の方には、自分が利用している複数の転職エージェントに対して、他の転職エージェントも同時に利用しているという伝えるべきか悩むという方もいます。

結論から言いますと、転職エージェントに対して他の転職エージェントも同時に利用していることは伝えて良いです。

むしろ、伝えて転職エージェントのやる気を上げましょう。

転職エージェントのビジネスモデルは、企業に求職者の方を紹介し求職者の方が内定承諾、入社しなければ利益になりません。

>>転職エージェントの利益はどこから?無料で利用できる仕組みを解説

そのため、どの転職エージェントも大なり小なり当然に求職者の方をいかに企業に紹介するかという点を意識します。

1つだけの転職エージェントを利用していると、転職エージェントは変にその立場に胡坐をかき、転職エージェントとしての対応やフットワークが悪くなります。

競争の原理を利用して、複数の転職エージェントを同時に利用していることを伝えることで、間接的に転職エージェントに対してけん制するのです。

求職者の方と転職エージェントの間での駆け引きになりますが、この駆け引きを求職者の方がうまく行うことで、ご自身の転職活動をより良いものにできるでしょう。

転職エージェントのビジネスモデルを逆手に取って自分が優位になる転職エージェントの使い方をおすすめします。

■転職エージェントを複数利用する場合の選び方の基準

選び方の一例として、先ほど大手の転職エージェントを1社、小規模の転職エージェントを2社~3社とご紹介しましたが、厳密には小規模を2つに分類して中規模クラスを1社、小規模クラスを1社の合計3社です。

大手の転職エージェントに対しては求人の豊富さを期待し、中小規模の転職エージェントに対しては求人紹介の先の転職支援サービスの質を期待しましょう。

↓リクルートエージェントの登録はコチラ
リクルートエージェント
中小規模の転職エージェントの場合、大手の転職エージェントと異なり資金面で劣る部分がありますので、積極的な広告活動は行わず、登録する求職者の方の数が少ないです。

一方で大手の場合は資金力で多くの広告を打ち、求職者の登録数を担保することができています。

数で勝負する大手と質で勝負する中小規模という構図になりますが、中小規模の転職エージェントは、自社の存続に関わるため、数で勝負できない分、大手の転職エージェントができない質を強く意識しています。

特に先ほどもご紹介したMAPの転職エージェントは、中小エージェントの中では、抜群に高い評価を得ている今注目のエージェントです。

↓MAPの転職エージェントの登録はコチラ

具体的には、

・登録時のレジュメの添削
・求人紹介時の詳細説明
・選考中のフォロー
・内定時の年収交渉
…etc

など多岐にわたりますね。

大手の転職エージェントを否定する訳ではなく、それぞれの規模の特徴を理解した上で求職者の方は利用するべきでしょう。

PR

親身さがウリ!面談満足度の高い優良転職エージェントランキング

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】地域別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

【業界別】おすすめ転職エージェント

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930