リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

リクルートエージェントに再登録は可能?担当者変わる?注意点!

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

医師が医師以外への転職を考えた時に挙げられる職業一覧まとめ

今回は、現在医師のあなたが医師以外への転職を少しでも考えた時、転職先として挙げられる職業を一覧にしてまとめました。

医師というと一般の人から見れば条件に恵まれていると思われている職種ですが、実際には医師は慢性的な人手不足や高齢化社会になってからの患者の増加などで疲弊している人も少なくありません。

また家庭の事情などで病院での臨床医として以外の転職を考える人も少なくないのが現状です。

–PR–

>>医師の転職を専門に扱う転職サイトおすすめランキングTOP3<<

>>医師の転職エージェント厳選3社!医師の転職に特化した専門集団<<

■医師以外への転職事例①:製薬会社

医師が製薬会社への転職をした場合には、業務内容は大きく分けて2種類に分かれます。

①新薬の開発に携わる

新薬の開発の現場で今まで培った医師としての経験を活かすことが出来ます。

研究職が強く、薬学部や理学部出身の人が多く医師の免許を持っていればかなり有利です。

新薬の開発後に副作用など調査を行う業務ですが、臨床の現場から上がって来たデータを分析する仕事なので医師としてのスキルが活かされます。

②新薬の市販後の調査

新薬が臨床の現場で有効に使用出来ているかを調査します。

医師としての経験から臨床の現場に薬品の情報を教える仕事など行います。

製薬会社に転職をすれば、当直やオンコールでプライベートな時間を奪われる心配はありませんから、家庭との両立もしやすくやりがいのある職種です。

>>薬剤師資格の取得方法・取り方!国家試験の難易度や倍率は?

■医師以外への転職事例②:保険会社

大手の生命保険会社では社医という仕事があります。

この社医とは、保険会社で新規に保険に加入する人を医師とした培ったスキルで、持病を持っていないかの健康状態の診査を行ったり、保険の加入金額が高額の場合には、社医が加入希望者の問診や診察を行い、診査を行います。

また、保険金を支払う際に保険金の支払いは妥当かを評価することもあります。

スポンサードリンク

社医は保険会社の営業の人と一緒に、保険に加入の希望する人に会うので、保険会社の顔となる大きな存在でやりがいもあります。

週に5日勤務で勤務時間が安定しており、当直やオンコールもないので家庭との両立が行いやすい職種です。

社医の求人を出している大手生命保険会社を探す場合は、下記サイトを使うことが一番近道です。

>>医師の転職を専門に扱う転職サイトおすすめランキングTOP3

■医師以外への転職事例③:研究医

研究医というと臨床医学の研究というイメージがありますが、そうではなく、大学や製薬会社の研究機関に所属して基礎医学の研究を行います。

直接患者さんを診療するわけではなく、様々な実験などを行って新たな治療法を探す未来の医療のために役立つ仕事で、医師としてスキルを活かすことが出来ますし、もちろんやりがいもあります。

医師として働いてきたスキルも研究に役立てることができますね。

新しい治療法を研究するので、数年単位での研究になり根気はいりますが、その分新しい治療法を見つけることが出来た時のやりがいが大きな仕事です。

働く時間も臨床医のように夜勤や当直などがなく、日勤帯の時間のみの仕事でプライベートな時間が確保出来ます。

研究医の求人についても、下記サイトを使って効率的に求人を見つけられてくださいね。

>>医師の転職を専門に扱う転職サイトおすすめランキングTOP3

■医師以外への転職事例④:公衆衛生医師

公衆衛生医師は臨床の医師とは違い、保健所内で健康診断や予防接種が主な仕事になります。

ただ、病院の勤務医とは違い、病気や怪我をした人を診察するわけではなく行政機関の一員で公務員になります。

飲食店や興行場、美容院などの営業許可や立ち入り検査のほかに病院への立ち入り検査も行うほか、災害時の避難住民の身体的な健康や精神的な健康の支援もするのも仕事です。

地域に密着した仕事で、地域の人の健康を守るという大きなやりがいがあります。

公衆衛生医師は各都道府県で試験が行われており、地方公務員となるので、週休2日で夜勤や当直などもなく、家庭との両立がしやすい職場です。

■最後に

今回は、医師が病院での臨床医として働く以外の転職先をご紹介しました。

医師が医師以外の転職先を個人で見つけるのは難しく、それでなくても忙しい医師が仕事を続けながら転職先を見つけるのは時間的に難しいのが現実です。

転職サイトに登録すれば、自分の希望する条件を、専任のコンサルタントに伝えておくことで希望の転職先を見つけて来てくれます。

転職を考えている医師の方は、転職サイトに登録して自分に合った転職先を見つけるのはいかがでしょうか。

>>医師の転職を専門に扱う転職サイトおすすめランキングTOP3

PR

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

第二新卒エージェントneo評判・口コミ!面談と求人の質は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】地域別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

【業界別】おすすめ転職エージェント

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031