リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

既卒の就活で大手企業から内定をゲットした"全過程"を徹底解説

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

人事の転職エージェントランキング!未経験者でも人事に転職可能?

今回は人事職(経験・未経験問わず)の転職に強い転職エージェントおすすめランキングをご紹介してまいります。

また、未経験者でも人事をやってみたいという人が人事職に就けるのかについても、年代別に分けてお伝えいたします。

現在人事職に従事されていて別の会社の人事に転職したいと考えている方や、現在別職種でこれから人事に挑戦したいとお考えの方はぜひご参考下さい。

また、20代女性で人事職に興味があるけど、その他の職種も同時並行で見てみたいという方は下記もご覧頂ければと思います。

>>【20代女性向け】転職エージェントおすすめランキング2017

最終更新日2017年8月2日.

■人事未経験者でも人事職に転職できるのか?

結論から言いますと、未経験で人事職へ転職することは可能です。

ただ前提として、人事に限らずどんな職種でも未経験者の転職は非常に厳しいというのが現実であるということを忘れてはいけません。

では、具体的にどのような場合に未経験での転職が可能なのか、いくつかの例を挙げてみましょう。

●20代人事未経験者の転職の場合

企業側からすれば、社会人として何年かの経験を積んでおり、一から教育する必要がないので若手社員として積極的に活用するイメージができます。

また、1つのやり方に染まっていないので、柔軟に新しい環境の変化に対応できるということもプラス材料です。

特に人事の仕事は社内外問わず非常に多くの人とのコミュニケーションを取ることが必要となりますので、他職種の中でも人との対話を多く経験していれば、その経験は大きな武器になります。

人事の業務内容としてコツコツと取り組む業務も多くありますが、やはり面接においては、人柄や対話力を重視する傾向がありますので、面接対策をしっかりと行うことが必要になるでしょう。

特に、自分のどんなところが人事業務にマッチしているのかということは説明できるようにしましょう。

●30代人事未経験者の転職の場合

かなり厳しい状況になりますが、通常は30代前半までがリミットと言えるでしょう。

大手企業では未経験者の採用はかなり狭き門ということになりますが、中小企業においては人材不足のところが多くありますので、まずはそこで経験を積んで将来的にステップアップするという選択肢も考えられます。

人事職は専門性が求められる職種なので、他の人にはない強みを身につければ将来的にキャリアアップの道を広げることが可能です。

ただ、人材営業の経験者事務職の経験者であれば、企業の求める条件にマッチすれば30代半ば以降でも転職の可能性はあるでしょう。

そのためには、経験業務の強みや特徴をいかに人事業務へ活かすことができるかというアピールが重要になってきます。

■人事の転職に強い転職エージェントランキング

ではここからは、そんな人事職に強い転職エージェントランキングをご紹介して参ります。

既に人事職経験のある方、人事未経験者の方いずれにもおすすめできる転職エージェントとなりますので、ぜひ上手く活用して人事職の転職を成功させましょう。

●人事の転職エージェント第1位:リクルートエージェント

人事の転職エージェント第1位は、業界No.1の実績を誇る「リクルートエージェント」です。

▼リクルートエージェントの登録はコチラ▼
リクルートエージェント
リクルートエージェントの一番の強みは、扱う求人数が圧倒的に多いということです。

その要因として、やはり企業側と応募者側双方からの知名度が高いということが挙げられます。

▼リクルートエージェントの求人割合(職種別)

企業の採用担当者も複数のエージェントに登録すると管理が大変なので、とりあえず、求職者の登録数が多い、知名度が高いということで求人の依頼をするケースが多くなります。

つまり、人事の求人案件を大手から中小企業まで幅広く、なおかつ多く取り扱っていることになります。

当然応募者も多種多様です。

あまり絞り込まずにより多くの求人を検討したい人に適していますので、どんな業界、規模の会社が人事職の人材を欲しがっているかも概ね把握する事ができます。

20~30代であれば、多い時は20社前後の幅広い業界や規模の人事の求人を紹介してもらうことが可能なので、未経験でも多くの求人に出会うことができます。

転職活動を行う際に必ず抑えておきたい登録必須のエージェントと言っても過言ではないでしょう。

面談場所 全国
求人数 100,000件以上(非公開求人含む)
独自サポート パーソナルデスクトップを使った就職活動一元管理
登録方法 WEB登録
運営会社 株式会社リクルートキャリア

●人事の転職エージェント第2位:MS-Japan

人事職の転職エージェント第2位は、人事など管理部門に特化した転職支援を行っている「MS-Japan」です。

▼MS-Japanの登録はコチラ▼

管理部門の求人に強いエージェントMS-Japanは一般的な知名度はあまり高くないのですが、人事職に従事している人であれば比較的知っている方も多いでしょう。

ただ、管理部門に特化した求人を取り扱っているため、専門性が高く経験者を求める傾向が強いので、未経験者が利用するには少しハードルが高くなります。

求人数が特別に多いわけではないのですが、担当者のヒアリングはしっかりと行われていますので、経験にマッチした求人の紹介を受けることができるメリットはあります。

経験者向けのエージェントではありますが、希望条件やこれまでの経験値をしっかりと伝えておくことで未経験者にも適切なアドバイスをくれますので、活用する価値は0ではありません。

時期にもよりますが、多い時で月に10社程度の求人を紹介してもらうことが可能です。

面談場所 東京・横浜・名古屋・大阪
求人数 45,000件以上(非公開求人含む)
独自サポート 管理部門特化だからこそなし得る細かいヒアリング
登録方法 WEB登録
運営会社 株式会社MS-Japan

●人事の転職エージェント第3位:DODA

人事職の転職エージェント第3位は、業界No.2の規模と実績を誇る「DODA」です。

▼DODAの登録はコチラ▼

DODAは業界大手ということで知名度があるので、求人数や利用者数も非常に多いです。

また、他社が扱っていない地元密着企業やニッチ業界などの求人を非公開求人として扱っているケースも少なくありません。

他の転職エージェントと合わせて抑えておくと有効に活用することができると言えるでしょう。

ヒアリングなどのフォローが少なめなので、転職慣れしている人や自分のペースで転職活動を進めたい人には向いているかもしれません。

中小企業などの求人も多くあるので、人事職未経験者が応募可能なものも多く含まれている点はおすすめできます。

紹介してもらえる求人数は月に10社程度ですが、他社に掲載していない求人も約半数ありますので、他社と合わせて抑えておきたいエージェントです。

面談場所 全国
求人数 80,000件以上(非公開求人含む)
独自サポート 通過率の高い書類を作成する添削サービス、DODA転職フェアなど
登録方法 WEB登録
運営会社 パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)

■人事の転職エージェントの選び方

今回は3社の人材紹介会社の転職エージェントをご紹介いたしましたが、どれを選べば良いのかの選び方として、

・人事未経験者→リクルートエージェント or DODA
・人事経験あり→MS-Japan

上記のような選び方をすれば問題ないでしょう。

実際に登録後、担当のキャリアアドバイザーと面談をして合わないと感じた際にはじめて、別エージェントの利用を検討されてみてはいかがかと思います。

PR

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31