リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

【リクルートエージェントvsDODA】書類選考通過率を比較

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

40代で経理職に転職したい時の転職理由や志望動機例!資格は?

40代で経理職への転職を目指してる人向けの、転職理由や志望動機例を紹介させていただきます。

経理職に転職するための志望動機と一口に言っても、人によって背景は様々かと思いますので、今回は、

・経理経験者の転職理由
・経理未経験だが簿記資格保持者の転職理由
・経理未経験で簿記資格もない人の転職理由

上記3パターンに分けて志望動機をお伝えいたします。

若いうちに転職をした方が良いと言われていますが、40代で転職を行って成功されている方ももちろんいます。

これから経理職に転職して就きたいと考えられている方は、ぜひご参考いただければ幸いです。

–PR–

>>【数字のプロ】経理の転職に強い転職エージェントランキング<<

■40代で経理職に転職したい時の転職理由や志望動機例

●40代で経理に転職する志望理由①:経理経験者

私は経済学部卒業後、20年間経理職として働いてきましたが、さらなるスキルアップを行いたいと思い、○○商事を志望しました。

前職では、従業員が100人の中小企業で働き、経理課長として仕訳から決算業務、財務分析まで携わってきました。

しかし、3年前より経理業務の大半を外部委託することになったため、自社で経理業務へ携わる機会が減りました。

そのため、経理職としての将来に危機感を感じました。

御社では、経理業務全般に関われることを知り、私に最適な会社だと思いました。

入社後は、経理職で培った知識だけではなく、課長時代に身に付けたコミュニケーション能力を生かし、経理部署内の関係性を良くします。

〜ポイント〜

経理職として、何年間働いたか記載しましょう。

その他に「決算業務」「財務分析」など専門用語を少し入れることで、経理に詳しい一面をアピールするのも有効です。

ただし、面接時には専門用語について質問される可能性もあるので、業務内容を話せるようにしましょう。

▼経理職の業務内容を円滑に話せるようになる最適な方法

●40代で経理に転職する志望理由②:経理未経験者だが簿記資格あり

数字に携わる業務に取り組みたいと思い、▲▲会社の経理職へ志望しました。

前職は、建築会社のマーケティング部の部長をしておりました。

経理未経験ですが、売上や広告費などのデータを分析する作業を行っているうちに、会社全体の数字の動き・流れについても把握したい気持ちが強くなり、経理業務へ携わりたいと思い出しました。

御社も建築を中心に取り扱っていることを知り、親近感が湧きました。

私も、25年間建築業界で働いてきたので、建築業界の数字の動きを理解するスピードも早いと思っております。

また、日商簿記検定2級を持っているので、簿記に対する知識もあります。

入社後は、簿記の知識を生かし丁寧に業務をこなすことを心掛けます。

〜ポイント〜

前職で経理と関連性がある仕事がなかったか洗い出してみましょう。

一番良いのは、数字に携わる業務を文中に載せることです。

マーケティングや営業、エンジニアなどは数字の分析を行う機会も多いので経理職志望者へ最適です。

また、資格を持っている人はアピールして、経理に関する知識があることを伝えましょう。

▼数字に強い部分を上手くアピールできるようになるには…?

●40代で経理に転職する志望理由③:経理未経験者で簿記資格もなし

経理に関するスキルを身に着けたいと思い御社へ志望しました。

私は事務職で20年間働いております。

定年退職するまでに、事務の経験を生かして別のスキルを身に着けたいと思ったときに、見つけたのが経理職の業務でした。

今まで積み上げたキャリアの中で仕事をし続けるよりは、新しい世界での仕事を始めた方が、定年退職後に後悔しない人生が送れると思い転職を決意しました。

御社は、私が在籍している会社と同じ業界で、経営理念についても感銘を受けたので応募しました。

現在は、事務一課の課長として20人の部下をもっており、MOS上級も取得しているのでパソコンスキルを生かすことも可能です。

入社後は、持ち前のコミュニケーション能力と事務職で培ったスキルを生かし、効率的に業務を進めていきます。

〜ポイント〜

未経験でも、経理職として働きたい理由を分かりやすく伝えれば当然入社できる余地はあります。

また、経理職では財政状態や経営成績に関する資料を作成することも多いです。

その場合は、簿記だけではなくパソコンのスキルも重要になるので要注意です。

未経験の状態で40代で経理職に転職するには、やはり少々ハードルが高い部分もありますので、頼れる人に頼る事をオススメ致します。

▼【数字のプロ】経理の転職に強い転職エージェントランキング

■40代で経理職に資格なしで転職できる人の傾向

資格を持っていない人でも、経理職への転職は可能です。

会社によっては、経理課長、部長として在籍しているのに、簿記の知識がない人もいます。

管理職の経験がある人は、経理に関わる資格を持っていなくても、転職できる可能性が大いにあるでしょう。

また管理職の経験がないとしても、派遣・契約社員から正社員になる道もあります。

人手不足になっている業界を狙えば、経理職の正社員として働けるチャンスが広がるかもしれませんよ。

正直、40代での経理業界への転職は経理経験者の方が有利です。

しかし、経理未経験者でも簿記やパソコンに関する資格や管理職経験がある人は、優遇されることもあります。

自分一人で悩んでいる人も、ぜひ転職エージェントに相談してみてはどうでしょうか?

>>経理の転職に強い転職エージェントランキング

PR

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31