リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

リクルートエージェントに再登録は可能?担当者変わる?注意点!

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

若者正社員チャレンジ事業の評判は?飯田橋で面談を受けた口コミ

若者で正社員を目指す人向けの就職支援サービス「若者正社員チャレンジ事業」の評判・口コミを実際に飯田橋で面談を受けた感想を元にお伝えして参ります。

若者正社員チャレンジ事業の概要や仕組みは、普通の就職エージェントと違って少々特殊なので、そのあたりについても併せてお伝えできればと思います。

これから正社員就職に向けて頑張っていこうと思われている方、今頑張っているけど、行き詰まられているという方は、ぜひご参考下さいね。

■若者正社員チャレンジ事業とは?

若者正社員チャレンジ事業はそもそも何かと言うと、「フリーターや契約社員、または現在離職中の29歳以下の若者で正社員として働きたいという意欲のある方に特化した就職支援サービス」になります。

サービス利用者はWEB登録フォームから申し込むと、東京都内の飯田橋にある「東京しごとセンター」でまず事前カウンセリングを受け、その後複数の企業と同時に出会える合同企業説明会に参加することができます。

▼合同企業説明会の様子

そしてその合同企業説明会に参加した企業、もしくはその後に個別で紹介される企業に約1ヶ月間インターンシップとして働くことができます。

1ヶ月のインターン期間終了後に希望すれば、そのまま正社員として登用してもらえるという流れとなっています。

▼若者正社員チャレンジ事業の流れ

実習後その企業に正社員として入社したいという場合、一応面接もあるのですが、約1ヶ月間(20日前後)頑張ってきたという過程を企業は見てくれているので、そこで落とされるということはほぼありません。

約1ヶ月間の就業中は約1日あたり5,000円のお給料も貰えるので、生活費を稼ぎながら自分が正社員として就職する可能性のある企業の内部で働くことができるという訳ですね(1ヶ月で10万円)。

もちろん、インターンに参加したからといって必ずその企業に応募しなければならないということはなく、希望しなければまた別の企業の実習に参加することもできるので、色々な企業の実情を見ることもできます。

また、事前のサービス概要を聞いてイマイチだと感じたら、合同説明会に進まずに、自力で就職活動を進めるという方向に転換することもできます。

株式会社インテリジェンスと株式会社アデコという総合人材会社2社が東京都から受託してサービスを4年ほど運営しているのですが、業界大手の求人数と優秀なキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、圧倒的にインテリジェンスの方がおすすめです。

↓下記バナーからWEB登録する(所要時間1分)

■若者正社員チャレンジ事業のサービス対象者

若者正社員チャレンジ時事業は以下3つのどれか一つにも該当すれば、サービスを受けることができます。

①卒業後、就職・就業経験がない方
②卒業後、非正規での就業経験のみの方
③直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方

③については、要するに最後に正社員として働いた期間から「1年以上空いていればOK」ということになりますね。

(例)
2016年6月まで正社員として勤務していた

2017年6月からサービス対象者の資格あり

また、卒業した学校区分については、大学・専門学校・高校など特に定められていません。

自分自身がサービス要件を満たしているかどうかはきちんとWEB登録後の電話で担当の方から確認してもらえるので、応募する前の段階ではあまり心配する必要はないと思います。

■若者正社員チャレンジ事業で紹介される企業・求人の傾向

若者正社員チャレンジ事業に参加している企業は「従業員300人以下で、人材の育成に力を入れている中小優良企業」となります。

誰もが知っているような大手企業ではなく、どちらかというとアットホームな企業が多いという印象です。

傾向としては、専門性の高い難しい仕事を任せたい企業ではなく、全くの未経験でも0から始められるような職種を取り扱った企業がほとんどです。

▼参加している企業の業界傾向

▼参加している企業の職種傾向

IT系のエンジニアでも全くの未経験OKな企業がほとんどで、飲食系のサービス業に関しては、企業の参加はないということでした。

リクルートが同様に運営している就職ショップと取り扱い求人(参加企業)の傾向は似ているという印象です。

■若者正社員チャレンジ事業面談カウンセリングの口コミ

まず、飯田橋の東京しごとセンターに到着すると、中央玄関を少し回ったところにあるエレベーターで3Fに上がります。

3階に上がると広いブースのような場所があるので、そこを少し進むとインテリジェンスの若者正社員チャレンジ事業の看板が目に入ると思います。

そこに入るとブースのような席が2つ用意されているのですが、自分を担当してくれたキャリアアドバイザーの方は30代後半くらいの女性でした。

最初の挨拶のタイミングで一瞬でわかったのですが、たまに聞く「エージェントの担当者が冷たい」などの印象は全くなく、かなり人当たりの良い担当者の方で実際にかなり話しやすい方でした。

5分〜10分程度前述したようなサービス概要の説明を受けるのですが、ちゃんと節目節目で質問がないかも確認してくれるので、疑問点を解消しながら納得して話を聞くことができます。

そして一通り説明をし終えると、今度は自分自身のこれまでの就業経験のヒアリングに入るのですが、この際に自分自身がどんなキャリアを歩むべきか、また、どんなキャリアが選択肢としてあるのかを提示してくれたのは非常にありがたかったです。

やはり人材領域のプロなので、数多くの人を見てきた経験はさすがだなと感じましたね。

また、この事業は正社員として就業したいという若者と二人三脚で頑張って正社員を目指すという思いで受託しているので、困ったことがあったら何でも相談してほしいと言って頂いたのも非常に心強かったです。

キャリアアドバイザーの方は何人か常駐しているようでしたが、全体的に女性のアドバイザーが多いようでした。

↓正社員就職について相談してみる

■若者正社員チャレンジ事業を利用して感じたこと

私は今回、若者正社員チャレンジ事業を実際に利用して「正社員での就職に関して困っていたり、一人でハローワークに通ったりしているなら絶対に使った方が良い」と非常に強く感じました。

結局のところ頑張って就活をやって企業に入社することができたとしても、入社した”後”に仕事が合わなかったり人間関係に恵まれなかったりしたらやはりすぐに辞めてしまって、また就活をする必要が出てきますよね。

しかし、この若者正社員チャレンジ事業では事前に企業で就業経験を積むことができるので、入った後に「やっぱりミスマッチだった」ということはほぼ100%ありません。

また、企業にインターン(実習)の際には、きちんとカリキュラムが用意されていて、研修も設けられているので、いきなり放置される心配もありません(そういう企業は参加できないことになっています)。

一人で就職活動を行うよりも、情報面・精神面共にかなり心強いですので、ぜひ一度相談だけでも足を運ばれてみてはいかがかと思います。

これまでに、500名以上が就職決定!若者正社員チャレンジ事業

ちなみにですが、もし時間的に余裕があるのであれば、若者正社員チャレンジ事業と並行して「就職Shop」という就職支援サービスもおすすめです。

同サービスは業界最大手のリクルートが運営している既卒・フリーター・ニートに特化した就職支援サービスであり、紹介してもらえる求人の数は実はインテリジェンスを上回っているんですね。

>>就職ショップの評判!ブラック企業の求人以外にどんな求人が?

面談場所も若者正社員チャレンジ事業は飯田橋のみですが、就職ショップは、銀座・新橋・新宿・立川・横浜・千葉・大宮・大阪・神戸(三宮)・京都と非常に数多くあるので、関東関西圏の方はぜひ併用も検討されてみてはいかがかと思います。

>>就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

PR

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

就職Shopの2ch評判・口コミまとめ!担当者との相性次第?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】地域別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

【業界別】おすすめ転職エージェント

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930