リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

既卒の就活で大手企業から内定をゲットした"全過程"を徹底解説

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【転職時の履歴書書き方講座③】「受かる」「刺さる」志望動機

今回は転職時の履歴書の書き方講座第三弾として「受かる・刺さる志望動機の書き方」について伝授して参りたいと思います。

履歴書の志望動機欄に書くべき内容や、どのように書けば採用担当者に好印象を与えられるかなど余すことなくお伝えして参りますので、志望動機の書き方に悩んでいる場合はぜひご参考にされて下さいね。

転職時の履歴書書き方講座のバックナンバーは下記も併せてどうぞ。

>>【転職時の履歴書書き方講座①】在職中の職歴の書き方【見本あり】

>>【転職時の履歴書書き方講座②】学歴欄の正しい書き方【※見本あり】

–PR–

>>【リクルートエージェントvsDODA】書類選考通過率を比較<<

■転職時の履歴書の書き方講座〜「受かる」「刺さる」志望動機編〜

●志望動機の書き方①:とにかく簡潔に書く

履歴書の志望動機欄は、職務経歴書の志望動機欄と比較して枠が小さいことが多いので、できるだけ簡潔に志望動機を書くようにしましょう。

志望動機の例文一覧表を参考に、なるべく短く面接官にあなたの志望動機をアピールできると良いですね。

採用担当者があなたの履歴書の志望動機欄を読んで「もうちょっとこの部分を詳しく聞くか…」と読みながら深掘りしたくなるような志望動機が書かれているのが理想です。

●志望動機の書き方②:企業が注力している分野と絡める

履歴書の志望動機欄というのは、もちろんあなたがその企業に行きたいと思うに至った理由を書く訳ですが、ベクトルをあなたではなく、企業が今注力している部分に向けるという発想が効果的です。

スポンサードリンク

もしその企業が新規事業の創出に力を入れているのであれば「新しいことにチャレンジしたいと考えていて、自分の強みを活かせると考えたから」というようにあなたの能力やスキルを絡ませられると尚良いです。

もちろん誇張アピールしすぎるのはかえって逆効果になってしまうこともありますが、あなた自身の強みと被っている部分があれば、そこは大いにアピールすべきでしょう。

●志望動機の書き方③:一本のキャリアプランで伝える

キャリアプランを明確に描いているのであれば、そのプランをしっかりと実現するために、その会社に入社したいというように、志望動機を一本の線で伝えられると、採用担当者の評価はかなり良いです。

例)
将来独立したいと考えている

現職で営業経験はあるがマネジメント経験はない

(応募企業に)入社してマネジメントスキルを培いたい

少し極端ですが、上記のような例が挙げられますね。

文字にすると簡単ですが、実際にここまで逆算できている応募者は中々いないので、かなり良い印象を履歴書の段階で与えることができます。

キャリアプランの描き方が分からない、今まで考えたこともなかったという場合はキャリアプランの書き方講座の方もご参考下さいね。

■転職時の志望動機はプロに添削してもらうべき

今回は大きくわけて3つの志望動機を書くポイントについてお伝えしてまいりましたが、もっと徹底的に採用担当者の印象に残る志望動機を作成したい場合は、転職エージェントの利用は必須と言えます。

転職エージェントはいわば“転職支援のプロ”ですので、あなたが応募する業界・職種、もっというと、会社によって刺さる志望動機を修正添削してくれるんですね。

数ある転職エージェントの中でも、特に書類添削に定評のあるエージェントを調査いたしましたので、ぜひ転職のプロのサポートを受けて、あなたの志望動機を受かるためにブラッシュアップして磨いておきましょう。

>>書類選考通過率が高い転職エージェントは?

PR

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930