リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

若者正社員チャレンジの2ch評判・口コミ!本当に就職できる?

【20代女性向け】転職エージェントおすすめランキング2017

【どっち派?】リクルートエージェントとリクナビネクストの違い

転職エージェントに年収交渉をして年収UPするための4つのコツ

転職して年収UPをするためには、転職エージェントに年収交渉を行うことが非常に重要ですが、その際に気をつけるべき4つのコツを今回は伝授いたします。

転職活動を行う上で年収を上げるという目的の優先順位が高い方は、ぜひ今回の内容を頭に入れて転職エージェントの担当者と対峙しましょう。

■転職エージェントへの年収交渉にはコツがある

転職活動を通して年収UPを行うための年収交渉には、大きく分けて、

・切り出すタイミング
・謙虚かつ大胆に
・他社情報をオープンにする
・利用する転職エージェント

上記の4つにコツに分けられます。

■転職エージェントへの年収交渉の4つのコツ

●年収UP交渉のコツ①:切り出すタイミング

まず一つ目の年収交渉のコツの一つと目としては「切り出すタイミング」が挙げられます。

具体的にどういうことかというと、採用先の企業があなたに興味を持ったタイミングで転職エージェントの担当者に年収UPを切り出すのが、タイミングとしてベストでしょう。

まだ全く採用する気がない、つまり、あなたに興味を持たれていない状態の時に「年収1,000万円欲しいです!」言ってもそれが通る確率は限りなく低いですよね。

恋愛と同じで、相手に興味を持った状態で提案するのとそうでないのとでは、同じことを言っても響く具合が全然変わってきます。

最終面接の前あたりのタイミングで、転職エージェント担当者に年収UPの要望を切り出すのがベストでしょう。

●年収UP交渉のコツ②:謙虚かつ大胆に

そして2つ目の転職エージェントに年収交渉するコツは「謙虚かつ大胆に」という考え方です。

スポンサードリンク

これだけ聞くとなんのことか全くイメージしにくいかと思いますが、もっと具体的に言えば、

・姿勢→謙虚に
・アピール→大胆に

という2つの要素に切り分けることができます。

たとえば、あなたが今いる会社で「どんな実績を挙げてきたのか」という部分さえきちんと明確にして整理し、採用先企業の面接官に伝えることができれば、それは採用する側からすると当然好印象ですよね。

本来であればそれで十分、あなたの魅力は採用先企業に伝わる筈ですが、ここで重要なのは“姿勢はあくまでも謙虚を貫き通す”ということです。

実際に年収UPに成功した転職者の例を聞くと、年収UPに応じた採用面接官はこの2つの要素を兼ね揃えた求職者に対して、好印象のまま年収UPに応じているパターンが非常に多いです。

ぜひ頭に入れておきましょう。

●年収UP交渉のコツ③:他社情報をオープンにする

転職エージェントの担当者に年収UPの交渉を試みる場合、現在年収交渉を行おうと考えている企業とは別の会社の選考状況を担当者にオープンにすることを心がけましょう。

たとえば、あなたが年収を上げたいと考えている企業の提示年収額が450万円だったとして、あなたの希望は年収500万円だったとします。

そのような場合に「仕事の内容も、希望条件もマッチしていて、ぜひ働かせて頂きたいと考えているものの、年収の部分が他社と比較してネックになっている」という部分を伝えさえすれば、受ける側も悪い印象は持ちません。

もちろん虚偽の情報は言語道断ですが、きちんと情報を開示することによって、担当者も「じゃあ手を打ってみましょう」という明確なアクションを取ることができます。

●年収UP交渉のコツ④:年収UP率の高い転職エージェントを活用する

そして4つめのコツとしては「転職先企業に対して、上手に年収UPの交渉を行える転職エージェントを利用する」ということが挙げられます。

転職エージェントの数はごまんとありますが、実はそのエージェントによって年収交渉が上手いところとそうでないところは分けられるんですね。

同じような交渉をしたとしても、どの転職エージェントを使うかでその成功率と実際の年収UP額は変わってきます。

年収UP率の高い転職エージェントについては、下記でまとめてあるのでぜひご参照いただければと思います。

>>年収UP率の高い転職エージェントおすすめランキング【営業編】

>>年収UP率の高い転職エージェントおすすめ厳選まとめ【ITエンジニア編】

■年収交渉は自信を持って行うべし

今回お伝えした4つの年収UP交渉に共通していますが、年収UPのための交渉は、自信を持って行うことが大切です。

そのためにも、2番目のコツでお伝えした「謙虚かつ大胆に」という姿勢を忘れずに担当者に相談してみましょう。

もし現在、既に年収交渉は行っているものの、中々上手く行っていないという場合は利用するエージェントを変えてみるのも一つの手です。

年収UP交渉に強いエージェントかそうでないかは、採用先企業への影響力も非常に重要ですので、妥協せずにやれることは全部やりましょう。

>>年収UP率の高い転職エージェントおすすめランキング【営業編】

>>年収UP率の高い転職エージェントおすすめ厳選まとめ【ITエンジニア編】

PR

理系大学出身で年収1000万に到達できる職業一覧まとめ【保存版】

転職エージェントに断られる理由は?断られない転職エージェント

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930