リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

既卒の就活で大手企業から内定をゲットした"全過程"を徹底解説

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

正規雇用と非正規雇用の違いを賃金面などから徹底比較してみた

正規雇用と非正規雇用の違いについて理解できないという人のために、賃金や福利厚生などの待遇面から加入できる保険まで、徹底的に比較してみました。

現在非正規雇用で正規雇用になりたいと考えていたり、現在正規雇用で非正規雇用として働こうか悩んでいるという場合はぜひご参考頂ければと思います。

■正規雇用と非正規雇用の違いを徹底比較

●正規雇用と非正規雇用の違い①:呼称の面

【正規雇用の場合】
一般的に正社員と呼ばれる雇用形態です。

・フルタイム勤務
・就職した会社で定年まで働く

雇用期間が設けられていないため安定して働くことが出来ます。
また月給により安定した収入を得られるのも特徴です。

【非正規雇用の場合】
契約社員、派遣社員、アルバイト、パートタイマー等、正規雇用ではない雇用形態を非正規雇用と呼びます。

・雇用期間が定められている(契約社員)
・派遣元になる会社と雇用契約し、派遣先の会社で働く。(派遣社員)
・勤務時間が短い(アルバイト、パートタイマー)
・給与は時給制が多い

雇用期間や勤務時間が定められていない為、自分の生活スタイルに合わせて働けるのが特徴です。

雇用形態の区分は法律では定められていません。
働いている人は総じて”労働者”です。
ですが”正社員とは会社が定める所定労働時間労働し、雇用期間の定めがない労働者”と基準は設けられています。

●正規雇用と非正規雇用の違い②:福利厚生の面

正規雇用と非正規雇用の大きな違いとして福利厚生の充実があげられます。

・労災保険
・雇用保険
・健康保険
・厚生年金保険
・健康診断
・賞与
・昇給/昇進
・退職金
・有給休暇
・育児、介護休暇

等が保障されています。
上記が退職するまで保障されるのです。

非正規雇用でも雇用保険、健康保険、厚生年金保険、有給休暇等が適応される会社もありますが正規雇用と比べるとその差は歴然です。

女性ならば出産後経験のある職場に復帰出来ることも大事ですよね。

お給料とは別に収入を得られるのは嬉しいですし、キャリアアップから昇給があるのも労働意欲に繋がるでしょう。

福利厚生の充実は就職活動の際に重視する方も多いかと思います。

これらの充実は働いていく上で安心を得られるというメリットがあります。

正規雇用と非正規雇用の格差が問題視されていますが、非正規雇用でもこれだけの保障を与えられたら就職難も緩和するのでしょうか。

●正規雇用と非正規雇用の違い③:賃金(給与・年収)面

最近ではアルバイトなどの最低賃金もアップしている傾向があります。

派遣や専門職に関しては時給1500円前後というものもありますね。

時給で働く非正規雇用のお給料は働いた分がすべて手元に入るのに対し、正規雇用のお給料から保険等引かれた手取り額を一見すると正規雇用よりも非正規雇用の方が稼げるようにもとれます。

しかし正規雇用の場合は勤続年数やキャリアアップによる昇給が見込めるのに対し、非正規雇用の場合ほぼ大幅な昇給はありません。

正規雇用の平均年収 467.6万円
非正規雇用の平均年収 168.0万円

また正規雇用の場合賞与がある会社がほとんどですので働いた分のみ給与となる非正規雇用とはどうしても大きな差がでます。

安定した生活を送りたい、将来家庭を持ちたいと考えるならばやはり正規雇用で働く必要があるように思えます。

●正規雇用と非正規雇用の違い④:転職のしやすさ

現在正規雇用で働かれている方は筆記試験や幾度となる面接を乗り越えながら苦労して就職活動を行なったことでしょう。

ですが非正規雇用の場合は履歴書と一度の面接で決まることが多く、どちらかというと正規雇用よりも苦労は少ないように思えます。

また正規雇用の場合、仕事内容や勤務地、勤務時間等会社から指定され入社後希望と異なる場合がありますが、その点非正規雇用は、職種も自ら選んで応募する為希望通りに働けることが多くなります。

福利厚生や年収などの違いから世の中正規雇用を目指す方々が多いのは確かな事実です。
安定や安心を得るという点では正規雇用に勝るものは無いのではないでしょうか。

しかし正規雇用は雇用期間を決めずに働く為、長期で働くことが前提となっていて転職も安易に出来るものではありません。

職種や勤務地、勤務時間など働き方を自由に選べるところが非正規雇用の最大のメリットと言えるでしょう。

■非正規雇用で転職をする際は転職エージェントを使おう

今回は正規雇用と非正規雇用の違いについて比較しながらお伝えして参りましたが、いわゆるフリーターという非正規雇用の立場であっても、転職活動を行う際は、転職エージェンントを利用するべきです。

なぜかというと、転職エージェントを通じて、より自分自身の働き方に合った求人を転職コンサルタントの担当者に相談した上で、幅広い案件から適性のある求人を紹介してくれるんですね。

転職エージェントと一口に言っても、非正規雇用の求職者に強い転職エージェントがあるので、ぜひ利用の際は下記をご参考にして頂ければと思います。

>>【リクルートエージェント】ニート(既卒)やフリーターでも使える?

PR

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728