リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

リクルートエージェントに再登録は可能?担当者変わる?注意点!

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

二年目で転職したいけどできない!悩む理由と取るべきアクション

新卒として入った会社での一年目も終了し、後輩も入ってきて二年目でそろそろ転職したいけどできない。「石の上にも三年」と言われているし…。

そう悩む社会人二年目の数は、実は決して少なくありません。

そこで今回は、実際に二年目で転職した(正式には1年3ヶ月)私の転職体験談を踏まえ、そう悩むあなたにアドバイスをお送り致します。

最終更新日2017年4月14日.

1、二年目で転職する割合は30%越え

「三年目までに三割の新卒ビジネスパーソンが転職するー」

このような情報を耳にしたことがある人も少なくないと思いますが、実はその”三割”の中でも、大多数のビジネスパーソンが「二年目までに転職している」という事実があります。

下記表をご覧ください。

<1年目> <2年目>
大卒 11.80% 22.80%
短大卒 17.90% 30.20%
高卒 18.10% 31.40%

上記表を見て頂いてもわかる通り、大卒であれば三年目の30%のうち22.8%が、短大卒・高卒に関しては、二年目の時点で既に三割以上が辞めて転職しているという結果が数値として明らかになっています。

この数字を単なる”逃げ”と見るか、”合理的”と見るかは「転職する理由」によって分かれます。

2、二年目で転職したい理由は人によって様々

一口に二年目で転職したいと言っても、その理由は人によって本当に多岐に渡ります。

まずはあなた自身がどのような理由で転職したいと考えているのか、既に明確になっている人も多いと思いますが、もう一度確認してみましょう。

2.1 職場環境

ここで言う職場環境とは、

・休みが取れない(少ない)
・残業時間が多すぎる(しかもサビ残)
・給料が少ない(ボーナスも少ない、もしくは、ない)

上記のような職場の労働環境のことを指します。

やはり休みが少なかったり、残業が多かったりすると、仕事とプライベートの両立は非常に難しいですし、結婚しているのであれば家庭とのバランスを取ることもままならないですよね。

このような職場の労働環境はそう簡単に改善するものではないので、転職したいと考える理由の中でも非常に多い部分です。

2.2 人間関係

転職したいと考える理由の中でダントツトップの「人間関係」ですが、二年目においてもこの理由で転職を考える人は少なくありません。

ただし、人間関係を理由に転職を考えた時、転職した方が良い人と転職すべきでない人というのは、実はパックリと2つに分かれるのも事実です。

一体あなたがどちらなのかについては、下記をご参照下さい。

参考:仕事辞めたい理由が人間関係なら転職すれば悩みは解決できるのか

2.3 仕事内容

ここでいう仕事内容とは、

・仕事の専門性が高すぎる(思ってたのと違った)
・数字を追うのが辛い、キツい(営業職系)
・目標が持てない(モチベーション面)
・ 新しいことにチャレンジしたい
…etc

などなど、現状あなたが行っている具体的な業務のことを指します。

仕事内容が転職したい理由の場合、労働環境や人間関係よりも比較的転職することで解決しやすい問題だということもここで触れておきます。

2.4 その他

転職したい理由は人それぞれなので、当然上記に区分されない理由もありますが、「地元に帰りたい(帰らなければ行けなくなった)」という理由も挙げられます。

地方出身で就職で上京していたけども、転職を機に地元にUターン転職する、というケースも転職理由としては多いですね。

3、二年目で転職したいけどできない・迷う理由

ではまず、なぜあなたが転職したいけどできないと悩んでいるのか、その理由について深掘りしていきましょう。

二年目には二年目特有の理由があるので、是非あなたの今の心境と照らし合わせてみてください。

3.1 転職した経験がない(未知への恐怖)

まず一つ目の理由としては、単純に

「転職をした経験がない」
「会社が変わった経験がない」

という未知の道へと進むことの恐怖心からくるものです。

“仕事を辞める=悪いこと”という先入観が先行してしまっている訳ですね。

これはおそらく、二年目で転職したいけどできないという人のほとんどが通る道だと思います。

しかし逆を言えば、これが原因で転職をしないというのは、何の解決にもならないということになりますよね。

思い切って転職をすることで「悩んでいたほど大したことなかった」という状況になる人もかなりいます。

実際に私も「転職する」と決めるまでは恐怖を感じる時もありましたが、決めた後は一切迷いはありませんでした。

誰しも未知の領域へと飛び込むことは怖いと感じるので、是非そこを乗り越えてください。

3.2 周りの人に反対されている

転職したいけどできない二つ目の理由としては「周りの人に反対されている」という理由によるものです。

周りの人というのは本当に様々で、

・同僚
・上司
・部下
・家族、親族
・友人
・知人

など一口には言い表せない人々が絡んでいると思います。

ここで重要なのは、反対している人の反対する理由をしっかりと深い部分まで聞き込むことです。

単純に驚いて反射的に転職を反対しているのかもしれないですし、きちんとあなたのキャリアを考えた上で、転職をしない方が良いというアドバイスをしているのかもしれません。

なぜその人が転職を反対しているのかをしっかりと聞いて、その上であなたがどうしたいのかを判断するようにしましょう。

3.3 転職した後にやりたいことがない

そして3つ目の理由としては、転職をしたいんだけどもした後にやりたい仕事がないから転職できないという理由です。

これが理由の場合はのちのち詳しく触れますが、あなた自身を内省する時間を取る必要があります。

ホリエモンの発言も的を射ていますね。

2016-07-13 21.16.28

ホリエモンも言っている通り、絶対にやりたいことがないということはない筈なので、すぐに思考を停止させてしまってはダメですよ。

3.4 今の会社に申し訳ない

転職したいけどできない理由として「今の会社に育ててもらったのに辞めてしまうなんて申し訳ない」という背景で中々辞められない人も多いようです。

確かにせっかく就職活動を頑張って内定を貰い、ピカピカの新卒として初めて入社した会社の人がほとんどでしょうから、そう思うのも自然だと思います。

しかし、あなたが本気で転職したいと考えているのであれば、上司や同僚の立場で考えたときに、あなたが本当に望む選択を応援してあげたいと思うのではないでしょうか。

むしろ、今の会社への恩を返したいからという理由が足枷になって転職できないのであれば、その状況になっていること自体を上司は嘆く筈です。

3.5 今の会社の職場の人が好き

「やりたい仕事が今の会社ではできないけど、今の会社の人とは仲が良いし、友達も多いから転職するのは…」というような心境の場合もあるでしょう。

このような状況の場合、転職しても特にやりたいことがない人の場合であれば、絶対に転職はせずに今の人間関係を維持することに力を注いだ方が良いです。

しかし「あなたが本当にやりたいことがある、そしてそれは今の会社では当分やらせてもらえそうにない」ということが明確な場合は、転職した方が良いです。

なんとなく転職したいとは思っているが、特にやりたいことはない…という状態なのであれば、転職するのは時期尚早という訳ですね。

3.6 新卒ブランドを傷つけたくない

結論から言いますが、新卒ブランドというのは、あなたの自己満足以外の何物でもありません。

「なんとなく新卒から一つの会社に勤めてるのってかっこいい」という感じがするのは理解できなくもありませんが、それは、あくまでもあなたの自己満足なだけであって、それに重きを置いている周囲にいないと考えて良いです。

むしろ、3年間ただただ時間を過ごし、第二新卒ブランドをなくしてしまう方がよっぽどリスクと考えるべきです。

第二新卒のタイミングを逃がし、20代後半~30代前半になってまた転職したいと考えたとしても、その年齢になれば、企業は即戦力を求めてくるので、第二新卒時代よりも転職できる企業の幅は圧倒的に今よりも狭くなります。

年功序列の社会組織が崩壊しているとは耳タコですが、そこに重きを置いて社会人生活を続けるのは得策ではないでしょう。

もちろん「この会社のこの職種でこれだけの成績を収めて、その実績を引っさげてあの上司にプレゼンテーションをしてあのポジションに就く」という明確な目標、その会社にいる目的があるのであれば、話は別ですね。

4、二年目が今すぐ取るべきアクション

では先ほどの転職できない理由を踏まえた上で、転職を考えるあなたが今すぐ取るべき行動を解説して参ります。

4.1 転職して何をしたいか考える

先ほどの「転職した後にやりたいことがない」という理由に通じますが、転職して何をしたいのかをまずは考えましょう。

そもそも「何もやりたいことがない」という人の場合であっても、それは自分自身を振り返る時間を取ってこなかっただけです。

・自分はどんな仕事をやりたいのか
・どんな経験をしてみたいのか
・今の仕事で楽しいと感じた部分はどこか
・自分はどういう時に充実感を感じるか
・その充実感を感じる時間が比較的多い仕事は何か

などなど、考えるべきポイントはいくらでもあります。

ただ、頭の中だけで考えていては混乱してしまう恐れがあるので、しっかりとキャリアプランに書いて落とし込むことをオススメ致します。

4.2 転職サイトに登録する

転職サイトというのはいわゆる企業の求人情報を見れるWEBサービスのことですが、第二新卒の転職を専門に扱う会社も非常に増えています。

スマホから登録することで、あなたの希望条件に合った企業の求人を簡単に探すことのできるサービスですね。

もちろん無料で利用できますし、実際に私も二年目で転職活動を行った際に、まさにこのサービスを使った張本人でもあります。

いくつか転職サイトを利用してみて分かったのですが、一番求人内容が豊富で便利だと感じたのは、業界で最も規模が大きい20代向けのリクナビNEXTでした。

▼▼リクナビネクストに登録する▼▼

リクナビネクストは転職サイトの中でも、まず登録しておいて間違いないので、まずは登録してどんな企業が転職先の候補としてあるのか、仕事のスキマ時間などにザーッと目を通してみることから始めましょう。

ちなみにリクナビネクストの中には「転職診断テスト」という機能もあって、あなたの現在の状況を複数登録するだけで今転職すべきか否か、という判断を数値化してくれる機能もあるので、非常にオススメです。

4.3 転職するかどうか”決める”

そしてあなたが最後に取るべき行動は、転職するかどうか”決める”ということです。

転職しようかどうか迷っている状態ではやはり仕事のパフォーマンスは落ちてしまいますし、転職すると決めて初めて、取るべき行動のスピードも上がります。

ぜひ相談できる人に相談しながら使えるサービスは全て使いながら、最終的に転職するかどうか決断をしましょう。

5、第二新卒で行きたい会社に転職することは可能か

もし二年目で転職する場合、先ほどから何度か触れている第二新卒としてあなたは次の会社に入社することになる訳ですが「そもそもわずか1年で今の会社を辞めたのに、行きたい会社になんか行けるのか…?」と思うのも無理ないと思います。

結論から言うと、あなたがなぜ転職をしたいのかしっかりと転職理由を整理して言語化し、それを履歴書・職務経歴書・面接で採用する側の企業に伝えることができれば、非常に高い確率で望んだ会社に転職することは可能です。

なぜかというと、第二新卒というのはこの時代、企業が非常に欲しい人材として求人を出している年齢層で、今まさに売り手市場なんですね。

関連:第二新卒の転職は厳しい?→「新卒の3倍くらい余裕でした」

新卒とは違い社会人としての基礎は身につけつつ、新たな会社のカルチャーを受け入れる素直さ・フレッシュさも兼ね揃えているという点を考慮して、新卒よりも重宝している会社もごまんとあります。

それこそ、新卒時には入れなかったような大手企業にも、第二新卒枠で転職した人の例も多数あります。

ただし、それはあなたが行きたい会社に対し、きちんと書類選考や面接対策などの”準備”を”正しい方向で”行っておいた前提の話です。

準備というのは正しい方向で行わなければ、採用する企業のニーズとは程遠い、ちんぷんかんぷんなものになってしまいがちです。

では正しい方向でその準備を行うためにはどうすれば良いのかという話ですが、あなた一人ではなく、転職エージェントを利用して客観的な視点でアドバイスをくれる存在と二人三脚で転職活動を行うことが正しい準備を行うことに繋がります。

転職エージェントというのは無料で利用することができ、書類選考や模擬面接対策など、一人では到底できないことを手取り足取りサポートしてくれる転職のプロのような存在のことですね。

転職のサポートを行ってくれるだけではなく、求職者が到底知り得ない情報、たとえば「一年のうちどのタイミングに最も求人が増え、転職しやすいのか」というような裏情報に近い情報も惜しみなく教えてくれます(ボーナスを貰って辞めましょう、とか笑)。

ちなみに私もエージェントに勤務していた時期がありますが、転職する際は二年目で仕事が忙しかったとしても、在職中に次の転職先を見つけた方が絶対に良いです。

二年目で転職を行うビジネスパーソンに強い転職エージェントというのも今では多数存在しているので、ぜひ下記エージェントの中でこれは良さそうと思ったものを最低一つは利用するようにしましょう。

>>転職したい第二新卒が登録すべきおすすめ転職エージェント

また、転職エージェントでは、仮にあなたがある企業から内定を貰ったとしても、その企業の内情(離職率など)まで教えてくれるところもあります(「転職会議」のような会社口コミサイトを使うのもありですね)。

ちなみに私は、転職エージェントに対しても色々と多面的にアドバイスを貰いたかったので、4社ほど利用して転職活動を行いました。

最初は転職エージェントに頼らずとも転職してやろうという気概で転職活動を行っていたのですが、あまりにも面接に受からないので転職エージェントを頼ったところ、すぐに行きたい会社に内定を貰いました(笑)

転職エージェントに登録すると、電話もしくはメールで、早速担当者との面談(カウンセリング)を行う日程調整の連絡が来るはずなので、そこであなたの都合の良い日時を選択して、面談に足を運びましょう。

履歴書や職務経歴書なども転職エージェント側が用意してくれるので、そういった手間を省けることも、在職中であれば助かりますね。

6、二年目で転職せずに独立する人も増えている?

中には、二年目でまだ20代前半という若さで、転職せずに会社を辞めて独立する人も非常に増えてきています。

今はクラウドソーシングなど個人でお金を稼ぐためのツールも非常に充実してきていて、以前に比べてフリーランスという個人事業主も増えているんですね。

アメリカでは“3人に1人がフリーランス”というレベルにまで達しているという事実もあるぐらいで、これからもその数はどんどん増えていくことになるでしょう。

さすがに何のアテもなくいきなり独立するのは無謀な気もするので、ある程度会社員時代で経験を積みながら、まずは副業という形でお小遣い稼ぎから始めてみるのが手堅くてオススメです。

PR

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

就職Shopの2ch評判・口コミまとめ!担当者との相性次第?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】地域別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

【業界別】おすすめ転職エージェント

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2016年7月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031