リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

【リクルートエージェントvsDODA】書類選考通過率を比較

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

テレアポで新規のお客様とアポを取るための4つのマル秘テクニック!

前回に引き続き、再びテレアポの新規開拓ノウハウについて伝授して参ります。

今回はより具体的で実践的な内容となっています!

1、いつも取引してるかのように振る舞う

新規開拓は行ってみれば顔は見えない
ものの、第一印象が勝負だと言っても
過言ではありません。

最初のトーンで”いつも取引をしてる
感”を醸しだすことができれば、自然
と相手は話に耳を傾けてくれます。

少し聴かせ方の応用編的な位置づけ
にはなってしまいますが意外と意識
するだけで差は生まれるものです。

騙されたと思ってトライされてみて
下さい。

2、とりあえず早めにアポの打診をする

これは意外とできないことが多いの
ですが、相手に要件を伝える前に、
シャットダウンされてしまう。

つまり、結局のところ何のために電話
掛けたのか相手に伝わらないまま一方
的に電話が終わってしまいます。

これでは掛けているあなた側の時間も
もったいないですよね。

なので、挨拶そこそこにして、あなた
が果たすべきアポを取るという目的を
早めに相手に提案してみましょう。

そうすることにより、またそこから話
を広げて行くこともできますよね。

多少強引でも良いので、会って一度話
をさせて欲しいということを入れ込み
ましょう。

3、あえて別の話に一旦逸れる

と言いながら2と逆に反するのですが
お客様の話している内容に合わせて、
時折会話を脱線させることも重要。

こうすることで、逆にお客様の方が
あなたと話す時間を楽しく感じてく
れることもないことはありません。

そのためにも、相手が話したがって
いる内容に合わせて少し、合わせる
ぐらいの余裕を持っておきましょう。

まとめ

以上4つのテクニックは、実際に電話
を掛け始めると忘れてしまうぐらい、
細か~いテクニックになります。

実際のところ現場で出せなければ全く
意味がないので、無意識で実践できる
ようになるよう反復して下さいね。

そうすればいつの間にかあなたのアポ
がガンガン取れるようになってくる、
かもしれません。

また、先ほど冒頭でもお伝えした記事
に関してはコチラもご参考下さい。

>>新規開拓のテレアポでアポイントに結びつけるキーワードは”深○”

PR

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031