リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

若者正社員チャレンジの2ch評判・口コミ!本当に就職できる?

【20代女性向け】転職エージェントおすすめランキング2017

【どっち派?】リクルートエージェントとリクナビネクストの違い

サラリーマンが副業をやっていて確定申告(青色)を自分でやる方法!

副業をやっているサラリーマンにとって頭を悩ませる存在である確定申告。

今回は特に青色申告が必要なあなたに向けて方法を解説して行きます。

1、売上と経費で所得を出す

確定申告に取り掛かり始めてまず一番
最初にすべきことは、その年の1月1日~
12月31日までの売上と経費を出すこと。

いくらその副業によってお金を得られた
のか、はたまたいくらその副業に関する
出費があったのかを全て出しておきます

売上に関してはすぐに確認することが
できますが、経費は中々覚えることは
難しいですよね。

そのため使ったお金は領収書を取って
おき、その裏に具体的にどんな項目に
使ったかを記しておくのがマストです

確定申告の時期にスイスイ作業が進む
ように、日々コツコツと貯めておきま
しょう。

2、損益計算書を作成する

そして次に、青色申告決算書を記入
するのですが、決算書は国税庁HP
からダウンロードできます。

青色申告決算書に関しては損益計算書
をまず記入しなければなりません。

1で出した売上や経費を項目毎に記入
していき、所得の金額を確認しなけ
ればなりません。

3、青色申告特別控除を受けるか選ぶ

そして白色申告と違い、青色申告の
特徴として、65万円の特別控除 or
10万円控除どちらかを選択できます。

普通に考えれば誰しもが65万円控除
を選択すると思いがちですが、少し
だけ条件があります。

それは、65万円の控除を受けるため
には貸借対照表の作成が必須になる
という条件です。

少し作成すべき資料が増えるものの、
控除される金額を考えると、やはり
貸借対照表を作成すべきでしょう。

次に進みます。

4、貸借対照表を作成する

最後に作成すべき貸借対照表ですが、
これは会計ソフトを使うことで大幅
に作成の手間を省略できます。

ソフトで出した金額を貸借対照表の
方に転記して行くことで、数値を
埋めることができます。

これは使わない手はないですね。

まとめ

確定申告は、最初こそ慣れない作業
で大変なものの、慣れればどんどん
自力で進めて行くことができます。

焦らずに、少しずつで良いので日々
進歩して行く努力をして行ってみて
下さいね^^

また最後の方に言及した会計ソフト
の中でオススメも記した記事もある
ので良ければ参考にされて下さい。

>>サラリーマンが確定申告を代理でやってもらう(代行)ための方法!

確定申告に勝ちましょう!

PR

理系大学出身で年収1000万に到達できる職業一覧まとめ【保存版】

転職エージェントに断られる理由は?断られない転職エージェント

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031