リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

技術職(機械・電子系)の転職に強い転職エージェントランキング

【20代女性向け】転職エージェントおすすめランキング2017

【どっち派?】リクルートエージェントとリクナビネクストの違い

営業はインセンティブ制度でどのくらいのお金を会社から貰えるのか?

インセンティブ制度、すなわち成果報酬制度を導入している企業も近年少なくありません。

実際に営業を行う上でこの活用すればどのくらいのお金を会社から頂けるのでしょうか?

営業職で現在よりも年収をUPさせたい場合はこちら↓↓
年収UP率の高い転職エージェントおすすめランキング【営業編】

1、どんな企業が導入しているか

営業職でインセンティブ制度を導入して
いる企業は、果たしてどういった業界の
企業に多いのでしょうか?

調べた結果、

通信の営業、物件の営業、住宅周辺用品
の営業、保険の営業、太陽光発電の営業
キャリアコンサルタント…etc

などの業種の営業職に、インセンティブ
を導入している企業が多いことが分かり
ました。

2、どのくらい貰えるのか

では具体的に、一体インセンティブ制度
で営業マンはどのくらいの額を会社から
貰う事ができるのでしょうか?

一つ例を挙げると、外資保険の営業マン
のトップクラスな人は、インセンティブ
年収2000~4000万円稼いでいます。

不動産営業であれば、なんと入社一年目
から月収100万円以上貰う人も出てくる
んだとか。

多く貰っているのにはそれなりの理由が
あるのでしょうが、やはり金額だけ聞く
と誰もが驚いてしまいますね…^^;

3、インセンティブは善か悪か

お給料を会社から貰える会社員の立場
からすると、一見インセンティブ制度
は非常にありがたいように感じます。

しかし一部では、インセンティブ制度が
あるということは、それだけ自社の商品
に自信がなく営業マン頼みということ。

つまりしわよせが来る営業マンが成約に
走るあまり、本当にお客様に感謝される
ことを忘れてしまうことがあります。

そうなってくると詐欺的なトークに走る
傾向があるので、悪のスパイラルに入る
ことはなんとしても回避しましょう。

インセンティブがなくても年収UPは可能

仮に営業職へのインセンティブが薄い
会社であったとしても、ベースとなる
給料が高い営業職も多数存在します。

もし現状を維持しても、中々もらえる
金額の上昇が見込めない場合は、下記
エージェントで相談してみましょう。

>>年収UP率の高い転職エージェントおすすめランキング【営業編】

営業職で転職することで、同じ働きでも、
すぐに年収UPができるかもしれません。

PR

理系大学出身で年収1000万に到達できる職業一覧まとめ【保存版】

転職エージェントに断られる理由は?断られない転職エージェント

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728