リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

若者正社員チャレンジの2ch評判・口コミ!本当に就職できる?

【20代女性向け】転職エージェントおすすめランキング2017

【どっち派?】リクルートエージェントとリクナビネクストの違い

年収1000万円に到達しているビジネスマンにはどんな業種がいるか

『年収1000万円』ビジネスマンであれば誰もが一度は頭をよぎった経験があるでしょう。

そこで今回、実際に年収1000万円に乗っている人にどんな職種がいるか調べてみました。

1、総合商社営業

やはりなんだかんだ言って、今も
大手総合商社マンは強いようです。

30歳前後にして年収1000万円台に
乗る社員は数多くいるのだとか。

いわゆるエリートサラリーマンと
言えるでしょうか。

三〇商事や伊〇忠〇事などの社員
がこのあたりをもらっているよう
ですね。

2、損保会社企画営業

そして以外にもエントリーしたのが、
国内大手損保会社の企画営業職マン。

コンサル系や外資系などが多くエン
トリーする中、唯一のエントリー。

やはり単なる営業職ではなく、企画
系の営業職ということも関係されて
いるのでしょうね。

3、外資系証券会社

ここはやっぱりな、という印象である
外資系証券会社がここにエントリー。

多く貰っているイメージが強かったの
ですが、やはりその通りになりました。

投資銀行部門、ディーラー部門など、
会社の損益に大きく関わる職種に従事
している人がやはり多いようです。

さすが外資系証券ですね。

4、外資系コンサル会社

ここもやっぱりな、という印象です。

外資系に限らず、コンサル系の会社が
年収1000万に到達しているビジネス
マンが多いようです。

大手国内のシンクタンクも、入社する
となんと3年目で1000万を超える人も
いるんだとか。

中々ぶっ飛んでいますね。。

顧客の経営戦略に従事している人が、
やはり多く貰うケースが多いようです。

まとめ

私が思っていた印象よりも、意外と年収
1000万を超えているビジネスマンは
多かったというのが正直な印象です。

ただそこに到達するには血の滲むような
努力、はたまた、そのロードに乗れるか
どうかが勝負の別れ道のようです。

また、日々仕事の中でどんな働き方を
したらそこまでの価値を世の中に提供
できるのか知りたいですね。

そして年収ではなく、貯蓄額に目線を
移した記事もあるので、そちらも参考
にされてみて下さい。

>>【貯金調査・40代編】ベテランサラリーマンの貯金平均額を徹底調査

お金が全てと言いますが、それは実際
貰えている人が言える言葉ですね(笑)

PR

理系大学出身で年収1000万に到達できる職業一覧まとめ【保存版】

転職エージェントに断られる理由は?断られない転職エージェント

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728