リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

既卒の就活で大手企業から内定をゲットした"全過程"を徹底解説

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

ビジネスパーソンに求められる相手に伝わりやすい話し方テクニック!

ビジネスパーソンにとって情報の伝え方が上手いか下手かはかなり重要。

仕事を進めて行く上で相手に理解されやすいための話し方テクニックを学んでおきましょう。

1、まず結論から

基本的に会話は結論から話すのが
基本です。

なぜかというと、会話の中で質問する
という行為はかなり多くの割合を実は
占めていますよね。

ということは当然あなたは答える立場
にいる訳ですから、まずは相手が最も
知りたい答えを最初に持ってくる。

これで相手の頭にスッと吸収して頂く
ことができます。

2、相手主体で

1と連動する部分もあるのですが、よく
会話をしていて「結局どういうこと?!」
という場面が少なからずあります。

これは相手が聞きたいことに答えるの
ではなく、自分が話したいことをダラ
ダラと話すがゆえに起きてしまいます。

常に話しながら相手を観察し、間違い
なく相手の腑に落ちているか、を見る
癖を付けておきましょう。

3、論理と感情を分ける

会話は人対人で行われるので、情報を
交換し合うことに加えて、当然感情を
乗せることで伝わりやすくなります。

例えば営業トークやプレゼン時の会話
の際、相手にあなたの熱意を示さなけ
れば通らない時がありますよね。

きちんと伝えるべき部分は丁寧に伝え、
最終的には感情を剥きだして熱い感情
を込めて話す。

情報は理論整然と、伝えたい思いは
感情で、これがキーワードです。

4、まとめ

考えながら話すことは、慣れない内は
中々難しいものです。

少しずつ少しずつで良いので、相手を
観察しながら「きちんと伝わっている」
と確認しつつ話すようにしましょう。

そうすることで、あなたの話はいつも
なぜか分かりやすい、といつの間にか
理解される嬉しい状況ができます。

もしあなたが”飛び込み営業”のような
もろに会話スキルを求められる職種で
あればかなり重要だと思います。

>>飛び込み営業のコツ!法人への飛び込みを得意にしてデキる営業マンへ

会話を極めれば、できることがグッと
広がるので仕事が楽しくなりますよ^^

PR

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728