リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

既卒の就活で大手企業から内定をゲットした"全過程"を徹底解説

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

【貯金調査・40代編】ベテランサラリーマンの貯金平均額を徹底調査

40代のあなたは、サラリーマン生活もそろそろ折り返し地点に差し掛かることでしょう。

家庭がある方もそうでない方も、気になる40代の平均貯金額を調べてみました。

40代の平均貯金額

988万円

これが40代サラリーマンの平均貯金額
となります。

めちゃめちゃ多すぎやしませんか?笑

以前の記事で20代、30代サラリーマン
の平均貯金額を調査したのですが、
ここにきて圧倒的な差です。

なぜこうも急激に貯金額が40代で
増加しているのでしょうか?

計画性の賜物

40代であれば、仕事の年収アップの
反面、子供の教育費や家のローン等
お金が相当かかってきます。

逆に言うと、お金が相当掛かって
くることが分かっているから、ここ
までの貯金額になるのだと思います。

配偶者と時間を割いて相談する時間
を取り、計画的に貯蓄を積み上げた
結果としてこの額があるのでしょう。

稼いでも生活の水準を変えない!

年収がアップするにつれて使うお金
の量も増えると考えられがちですが、
貯金に成功している人は違います。

どれだけ稼ぐお金が増えてきたと
しても生活の水準を変えないこと
は貯金における鉄則ルールです。

派手な高級車に乗ったり、マイホーム
があるのにも関わらず一等地に家を
引っ越したりなどしてはダメです。

老後も視野に入ってくる

少子高齢化で定年が遅くなり、65歳、
70歳と働く必要は出てきていますが、
いずれは定年で会社を辞めます。

そうなってくると当然収入のルート
が閉ざされてしまう訳ですから、
貯金に頼らざるを得ません。

確かに年金で毎月生きていくための
生活費を賄える部分もあるでしょう。

しかし、いつまでもこの制度が持続
するとは到底思えません(事実現在
も崩壊へと辿りつつある)。

仕事を退職した後のことを地に足
つけて真剣に考え始めるのも、
40代の特徴という訳ですね。

まとめ

さて、第3回に分けて20代、30代、
40代と平均貯金額に関する調査を
お届けしてきました。

いかがっだったでしょうか?

あなたが20代前半で、40代後半の
ことを考えなさいと言われると少し
難しいかもしれません。

ですが、おおよそ10年先あたりまで
は長期的な目線で自分のお金のこと
について考えるのは良いでしょう。

“自分の身は自分で守る”

当たり前のことを当たり前のように
できるのが、サラリーマン仕事人
にも求められる力の筈です。

>>【貯金調査】若手サラリーマンの平均貯金額意外と高し!~20代編~

>>中堅サラリーマンの平均貯金額が意外と少ない!【貯金調査30代編】

PR

リクルートエージェントの電話面談の評判・口コミ・体験談まとめ

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

仕事に関する悩みを相談してください

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728