リクルートエージェント・DODAなど転職エージェントの評判を徹底比較

menu

転職エージェントおすすめランキング.com

PR

パソナキャリアに断られた!なぜ?断られない転職エージェント

リクルートエージェントに再登録は可能?担当者変わる?注意点!

【リクルートエージェント】既卒ニートやフリーターでも使える?

仕事ができない人ほど本を読んでいる?できる人との”読み方”の違い

本を読むことはあなたが仕事でスキルアップするためにとても有効な手段です。

しかしその”読み方”を間違えてしまうと、できない人できる人で差がついてしまいます。。

一生懸命読んでいるものの…

前回の記事では「本の選び方」に焦点を
当てて説明させて頂きました。

今回は、読む本は決まった、では具体的
にどう読み進めて行くのがベストなの?
という話をさせて頂きたいと思います。

まず結論から言うと、

現場志向で読めているか

この一点に尽きます。

どういうことかご説明して行きますね。

脳の快楽の問題

なぜ現場志向で本を読み進められて
いるかが重要なのか?

そもそも現場志向とは一体どういう
ことなのか?

分かりやすく説明すると「その本で
学んだことを実践する場面を想像
できているか」ということです。

実に単純なことですよね。

でもその大事な点を忘れて、知識を
インプットすることだけに捉われて
しまう人が少なくありません。

なぜかというと、脳は基本的に新しい
情報(刺激)が好きだからなんです。

だから本を読んで仕事で成果を出すため
に本を読んでいたのに、いつのまにか、
読むことが自体が目的になってしまう。

単純に小説やエッセイを読むならそれで
全く問題ないですが、スキルアップが
目的ですからね。

この事態は避けなければなりません。

なので例えば時間管理の本を読むので
あれば、すぐに取り入れられるものは
ないか?

営業系の本であれば、今開拓している
お得意様に実際に使えるトークはないか

などと常にシュミレーションしながら
読み進めていくことが必要です。

そうすることによってあなたのスキル
アップに直結することはもちろん、
読むスピードも上がります。

まさに一石二鳥という訳です。

まとめ

実は今回のノウハウは本を読むとき以外
でも、例えばセミナーや講演などを聴く
際にも非常に有効な方法です。

常に自分のことに置き換えて、すぐに
取り入れられる部分はないか、という
視点で新しい知識をインプットする。

是非頭に入れておいて下さいね^^

また、冒頭でも少しお伝えした「本の
選び方」についてまだ読まれていない
場合はコチラをご参考下さい。

>>仕事で本を読むのが苦手なあなたへ!効率の良いおすすめの選び方!

PR

就職ショップの評判!ブラック企業の求人しか紹介されない?

就職ショップの評判は?横浜で面談カウンセリングを受けた感想

第二新卒エージェントneo評判・口コミ!面談と求人の質は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【全国版】地域別おすすめ転職エージェント一覧まとめ【47都道府県】

【業界別】おすすめ転職エージェント

ビジネスマン向けファッション特集

あなたは大丈夫?【当サイト人気講座】

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
    2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031